紅茶の入れ方

「紅茶花伝」期間限定の「さくらんぼ香るロイヤルミルクティー」とは

「紅茶花伝」はコカ・コーラの中でも有名なブランドです。
レモンティーやアップルティー、ミルクティーなど種類も豊富にあります。その中でもミルクティーは人気を誇り、2016年2月1日には「紅茶花伝 さくらんぼ香るロイヤルミルクティー」が発売されています。

紅茶花伝とは

1992年2月に発売を開始した「紅茶花伝」は、しっかりとした紅茶本来の味わいが楽しめる、大人のための上質で本格的な紅茶です。「紅茶花伝」という名前は、有名な能の書物である“風姿花伝”をもじって作られたもので、上品で高貴なイメージを表しています。

紅茶花伝 さくらんぼ香るロイヤルミルクティーとは

さくらんぼの香りを含めたミルクティーというのは、紅茶花伝が初めての試みです。
似た商品では、「とろける苺ロイヤルミルクティー」や「とろけるショコラロイヤルミルクティー」等があります。

パッケージデザインには、つやのあるさくらんぼのイラストが載っていて、可愛らしさもあります。

紅茶花伝とさくらんぼ

「紅茶花伝 さくらんぼ香るロイヤルミルクティー」では、紅茶花伝のしっかりとしたコクのあるミルクティーに、さくらんぼの甘い香りがしっかりといきています。

「紅茶花伝」は、アッサム茶葉を使っているためくせが少なく、芳醇な香りに、さくらんぼの甘い香りもマッチしています。
渋味も無く、想像以上に上品でミルクティーとさくらんぼの相性が良いです。

飲んでいる時はロイヤルミルクティーの味がしっかりと、飲み終わったあとは、さくらんぼの香りが口の中に広がります。
香りの良さに癒されるミルクティーです。

紅茶花伝と価格

一般的な「紅茶花伝」の価格は、470ml PETボトルは151円です。
一方、「紅茶花伝さくらんぼ香るロイヤルミルクティー」は期間限定の商品のため、現在は販売されていないものの、ネットでは410mlPETボトルが24本で4984円で販売されています。

紅茶花伝さくらんぼの成分

国産牛乳100%使用(粉乳不使用)、北海道産生クリーム使用と、コクのあるロイヤルミルクティーと同じ成分に加え、厳選アッサム茶葉100%使用となっています。

「紅茶花伝 ロイヤルミルクティー」のシリーズでは、厳選アッサム茶葉はウバ茶90%以上と記載されていますが、「紅茶花伝 さくらんぼ香るロイヤルミルクティー」では、さくらんぼの甘酸っぱい風味を生かしつつ、「紅茶花伝」のミルクミルクティーの味もしっかりと味わえるようにか、アッサム茶葉のパーセンテージも100%となっています。

因みに、「紅茶花伝 とろける苺ロイヤルミルクティー」もアッサム茶葉100%使用しています。

紅茶花伝とアッサム茶葉

アッサム茶葉は、北インドのアッサム地方で栽培されます。
澄んだ濃いめの紅色で、くせが少なく芳醇な香りが味わえます。

一方、さくらんぼの収穫時期は、一般的に6月下旬から7月上旬に収穫されることが多く、2月の発売では、早すぎる初夏の香りを楽しんだ方も多いようです。紅茶本来の味が好きな方には、依然合わない等の意見も見られたものの、ほとんどの方が、いつもより早いさくらんぼの香りに癒されたのではないでしょうか。

「紅茶花伝 さくらんぼ香るロイヤルミルクティー」では、普段のアッサム茶葉の風味に加え、さくらんぼの風味も味わいつつ、いつもと違う「紅茶花伝」に癒されてみてはいかがでしょうか。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶タンブラー
    函館は文明開化とともに異国文化が入った街江戸時代も終盤、アメリカ海軍提督ペリーが黒船とともに横須…
  2. 日東紅茶
    アメリカで誕生したスターバックスコーヒースターバックスコーヒーは1970年代アメリカシアトルで誕…
  3. 日東紅茶
    創業当時の紅茶は、舶来品を代表する飲料であり、最高級の商品でしたので、一般家庭で飲まれることはありま…

紅茶の最新記事

PAGE TOP