紅茶の入れ方

もう不味いとは言わせない!ティーサーバを使った美味しい紅茶の入れ方

ティーサーバーとは

ティーサーバーは、耐熱素材で作られた2段型の容器で、上部の茶漉し部分にお湯と紅茶を入れておくと、自動で紅茶を煮出して下の容器に抽出し、程よい濃さに仕上げてくれる道具です。簡単に紅茶を入れられて手間も少なく、紅茶を入れるのが苦手な人や、美味しく入れられない人にも、美味しい紅茶を入れることができます。

好みのタイプを選んで購入する

ティーサーバーは紅茶を入れる便利なグッズとして人気があり、様々なタイプのものが販売されています。

原理は同じですが、形やデザイン、機能性はメーカーによって様々です。コーヒーサーバーのように容器の上部で紅茶の成分を抽出するものや、茶葉をろ過する部分が容器と一体型になったものなど、様々です。

見た目や入れやすさなど、各自の紅茶スタイルに合ったティーサーバーを選ぶことも大切です。

ティーサーバーの使い方

1.ティーサーバーやティーカップは、あらかじめお湯を入れて温めておきます。保温用に使用した水は使用せず、捨てます。

2.空気をしっかりと含ませた水を沸騰させます。

3.温めたティーサーバーの中に、紅茶の茶葉を入れます。ティーカップ1杯分につき、2~2.5g(ティースプーンで約一杯分)が適量です。

4.沸騰させたお湯をティーサーバーに注ぎます。

5.2~3分ほど蒸らし、茶葉の入った茶漉し部分をゆっくりと取り出します。

ティーサーバーを使う際の注意点

ティーサーバーを使用する前に、温度変化を少なくするためにあらかじめお湯を張って温めておきます。

ティーサーバーを使う際には、紅茶の成分を最大限に引き出すジャンピングという現象が起こりにくいため、スプーンで茶葉を軽くかき混ぜて、ジャンピングと同じ効果を作り出してやると、さらに美味しい紅茶に仕上がります。

抽出して茶葉を濾す際に、あまり強く押して茶葉から成分を絞り出そうとすると、渋味や苦味の成分まで大量に出てしまい、紅茶の味を損ねてしまいます。茶葉は軽く水分を切る程度で取り出すことが大切です。抽出しすぎた時には、お湯を足して薄める、ミルクを加えるなどの方法で対処も可能です。

ティーサーバーのお手入れ

紅茶は茶渋が濃いため、洗浄が不十分だと色や臭いが容器に残ってしまいます。ハイターなどの塩素系漂白剤を薄めた水にしばらく浸けて、充分に洗い流して汚れを落とします。

臭いは、お酢やレモン汁などで擦ると綺麗に落ちます。

コーヒーメーカー・フレンチプレスとの違い

ティーサーバーとよく似た構造・用途をする道具に、コーヒーメーカーやフレンチプレスというものがあります。

コーヒーメーカーはその名の通り、コーヒーを入れるための道具です。専用のろ紙を敷いたフィルター部分を容器に載せて、粉末に挽いたコーヒー豆を入れてお湯を注ぐことで、ちょうどよい濃度のコーヒーを入れることができます。

フレンチプレスも、フランスで使用されているサーバーで、本来はコーヒーを入れるために使用されるものです。しかし、日本に上陸した際に紅茶を入れる道具として紹介されたことから、現代でもティーサーバーと同じ扱いをされることが多いです。コーヒーや茶葉をお湯で蒸らし、一気にプレスさせることで成分を抽出します。

どちらもコーヒー専用という訳ではなく、同じやり方で紅茶を入れることも可能です。しかし、美味しい紅茶を入れるためには、やはり専門のティーサーバーを使用したほうが失敗が少なくて済みます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の通販
    チャイ風味のリングケーキの作り方一度好きになると、その独特な味と香りの虜になってしまうチャイ。そ…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶には、多くの種類があるように、紅茶のブランドも数多くあります。イギリスでは、午後3時頃にアフ…
  3. 紅茶のブランド
    紅茶風味のマカロンメゾンの作り方フランスのマカロンは地方菓子です。日本で一番有名な、表面がツルツ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP