紅茶の入れ方

冷えに効く紅茶の効能!発酵飲料とは

お茶・珈琲など私たちが普段飲んでいる飲料にはカフェインが含まれています。カフェインには代謝や利尿作用を促し、体を冷やす効果があります。しかしながら、紅茶はカフェインが含まれていながらも、体を温めることができます。

発酵飲料とは

紅茶は、緑茶やウーロン茶と同様、同じ樹から採取されます。では何が違うのでしょうか。
それはそのままの葉として採取される緑茶と、半分発酵された葉を使うウーロン茶、完全に発酵した葉を使う紅茶と、葉の発酵度合いが違います。この発酵度合いが高いほど、体を温める作用が増します。

発酵させることで、体内の酵素が活発な場合は、代謝が良い状態になり体温がしっかり維持されます。
また、酸化をすると香りも独特の香りが出るようになり、色も鮮やかな茶色になります。

酵素は体内で作る事ができる一方で、年齢とともに少なくなる傾向があります。
体内以外からも酵素をどんどん摂る事で代謝が上がり体温が維持されやすくなります。

冷え症か確かめる方法

自分の体が冷えているかどうか確かめる方法があります。それは、おへその下に手を当てて温度を確かめることです。おへその下が、他より温度が低い場合、体が冷えている状態だといいます。

東洋医学と冷え

東洋医学では、陽(温・熱)は体を温める食べ物(食材)とされています。
しかし、冷え性の人は、陰性の食べ物を制限することばかりが良いとは限りません。そればかりか、陰性の食べ物から摂取できるはずの栄養素までも制限してしまうことがあります。

陰性の食べ物を摂取しないのではなく、加熱調理や、体を温める香味野菜、香辛料、調味料その他の食べ物とうまく取り合わせることにより、体を冷やさない物に替えます。
その上で、冷え性の人は、体を温める食べ物を積極的に食べるようにします。

北国と紅茶

北国で好まれる紅茶は、南国で好まれる珈琲などよりも体が温まります。

生姜の効能

全発酵である紅茶は、身体を温める効能がありますが、さらに生姜やシナモン、黒砂糖を加えることで冷えを改善させるための相乗効果が得られます。

紅茶に生姜を加えることで、「ショウガオール」という成分が、私たちの体内の、血の流れを活発化させ体の中から、体温を上げてくれます。

生の生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれており、逆に体を冷やしてしまう効果がありますが、生姜紅茶を広めた石原先生も、「温かい紅茶に入れれば、自然と熱が加えられるので、特に問題ない」ことを発言しています。

石原式生姜紅茶の作り方

石原先生の紅茶の作り方は以下の通りです。

材料
・しょうが 生約10グラム
・紅茶 カップ1杯分
・黒糖、またははちみつ 適量

作り方
1.しょうがをよく洗い、すりおろします。
2.カップに紅茶を入れます。
3.すりおろした生姜をガーゼで包み、絞り汁だけを加えます。
4.好みの甘さになるよう黒糖を加えます。

生の生姜がない場合は、チューブに入っているものやパウダータイプでも大丈夫です。
黒糖もハチミツで代用できます。白砂糖は体を冷やす陰性食品です。

生姜は入れ過ぎると、胃への刺激が強すぎることがあるので、入れ過ぎには注意します。

持ち歩き

職場等でも、ティーバッグの紅茶に、生姜チューブとはちみつを入れて生姜紅茶を楽しむこともできます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 茶葉
    春はまだ日ざしが弱いように感じるかもしれませんが、3~4月頃から紫外線量は増え始めます。紫外線の影響…
  2. 人気の紅茶専門店
    台湾ティーの歴史1796年~1820年 約200年前 連雅堂氏の「台湾通史」によれば清朝の嘉慶年…
  3. 紅茶
    紅茶でご飯がさらに美味しくなる日本には、ほうじ茶でご飯を炊く「茶飯」という料理があることをご存知…

紅茶の最新記事

PAGE TOP