紅茶の健康効果

寝る前のリラックスタイムに人気の紅茶がもたらす安眠・脳卒中予防効能

眠れない原因は自律神経の乱れ

夜になってもなかなか寝付けない原因には、自律神経の乱れが挙げられます。

自律神経には交感神経と副交感神経が存在し、二つの神経が必要に応じて切り替わることで、人の心や体のバランスは保たれています。

昼間の活発に活動している時間に働いているものが、交感神経です。交感神経が強く働いている時は、感情が昂って脳が冴え、活動的に体や頭を動かすことができます。逆に、夜間の就寝時や休息時に働くのが、副交感神経です。副交感神経が強く働くと、心身がリラックス状態になり、穏やかな気持ちになって眠りを誘います。

自律神経が正常に働いていれば、朝に交感神経、夜に副交感神経が活発になるように、うまく切り替わります。しかし、日頃のストレスや生活習慣の乱れが原因で、夜になっても副交感神経に切り替わらず、一日中興奮状態が続くことがあります。その症状が続くと、不眠やイライラを引き起こす原因になります。

自律神経の乱れを正しく治す方法として、紅茶を飲むことが有効的です。紅茶に含まれる、精神を安定させてリラックスできる成分が作用することで、興奮や苛立ちを鎮めて副交感神経にうまく切り替えることができるようになります。

紅茶に含まれるリラックス成分

・テアニン

テアニンはアミノ酸の一種で、摂取することでリラックス効果を高めることができます。興奮や緊張状態を緩和して、疲労を回復する効果も期待できます。さらに、テアニンに含まれる香り成分が、人の脳を落ち着かせるα波を発生させるために重要な役割を果たすとされています。

・カフェイン

カフェインは眠気の抑制や興奮作用が知られていて、リラックス効果とは真逆と思われがちですが、適度な分量を摂取することによって疲労回復やストレスの解消に役立てることができます。また、紅茶に含まれるテアニンが、カフェインの過剰な吸収を抑えてバランスを整えてくれるため、コーヒーなど他のカフェイン含有飲料よりも効率よく気持ちを落ち着けることができます。

効果的なブレンド紅茶

不眠改善やリラックスに効果がある紅茶には、様々な種類があります。茶葉に含まれている成分に加えて、他の植物などをブレンドした紅茶は、更に効率よく気持ちを穏やかにしてくれます。

・ハーブ入りのフレーバーティー

カモミールやラベンダーなど、アロマにも使用されるリラックス効果を持つハーブを加えたフレーバーティーを飲むことで、より紅茶の効果を増幅させて、睡眠効果を高めることができます。

普通のストレートティーに、食性のアロマオイルなどを1、2滴垂らすことで、手軽に気持ちを落ち着けることができます。最近では、心を穏やかにするハーブや花の香りがブレンドされたフレーバーティーも数多く販売されています。

・アールグレイ

柑橘類の一種・ベルガモットの香りが付加された伝統的な紅茶です。ベルガモットには緊張を和らげて気持ちをすっきりさせる効果が知られています。フレーバーティーの中でも一番手軽に入手できる種類です。

・ミルクティー

寝る前にホットミルクを飲むことでぐっすりと眠ることができます。紅茶に混ぜることで、その効果を更に強く感じることができます。

紅茶を飲む時間や分量のバランスが大切

寝る直前に大量の紅茶を飲むと、カフェインの効果が強く働きすぎて逆に眠れなくなる場合があります。夜は夕食後に胃が落ち着いた頃、一杯程度を軽く飲む程度に留めると良いです。

朝の目覚めに紅茶を飲むことで、気持ちをリフレッシュさせて一日を活動的に過ごすことができます。昼間にしっかりと交感神経を働かせておくことによって、夜にきちんと副交感神経に切り替わり、夜の安眠に繋がります。

眠気覚ましの効果があるカフェインは、一日に100㎎以上を摂取すると効果が出るとされています。紅茶には一杯30㎎程度のカフェインが含まれています。一日3杯程度で抑えておくことで、摂取過剰にならずに、バランスよく自律神経を整えることができます。

紅茶の脳卒中予防の効果とは

紅茶を毎日飲む習慣をつけることでどのような体の変化があるでしょうか?紅茶には脳血管、心疾患を予防する効果があると言われていますが紅茶を毎日飲む事で効果があるのでしょうか?ここではポリフェノールのひとつであるフラボノイド成分に注目しましょう。血液をサラサラにしてくれるというフラボノイドが紅茶に含まれているといいます。これらはある実験結果でも証明されています。毎日どれくらいの紅茶を飲んでいて、飲んだ期間はどれくらいだったかという実験です。紅茶を習慣的に飲んでいる人は飲んでいない人に比べて脳卒中になりにくいということでした。それらは飲む量と期間が重要視されます。

紅茶のフラボノイド効果とは

フラボノイド効果
フラボノイドの効果は抗酸化作用です。動脈の壁に付着するコレステロール、このコレステロールである脂質が蓄積されると血栓が作られます。この血栓を妨げる働きがフラボノイドにはあり血液をサラサラにしながら血液の循環を良くする働きをしてくれます。これは動脈硬化の防止をする働きをしてくれます。脳卒中や心筋梗塞の最大の原因となる動脈硬化、高血圧、糖尿病を防ぐ紅茶の効果は驚くばかりです。最近では紅茶のカテキン成分は血圧上昇の抑制と血糖値上昇の抑制がある事がわかっています。
毎日紅茶を飲んで抗酸化へ!
活性酸素の抑制をしてくれる紅茶は毎日飲んでみたいお茶です。動脈硬化、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の抑制になりますから健康な日常生活を送るためにも健康にいいお茶といえます。活性酸素の働きを防ぐという事は体内の毒素を排出しながら健康を維持し老化防止も期待できます。忙しい毎日の中で一杯の紅茶でリラックスしましょう。

紅茶のリラックス効果や1日に飲む目安

1日に何杯の紅茶を飲んだらいいの?
緑茶や紅茶を飲む習慣は健康を助けてくれるようです。脳卒中予防役立つといいますが実際にはどうでしょうか?毎日飲む事で体質の改善が期待でき紅茶を飲む事を習慣ずけている人の方が脳卒中にかかるリスクが低いといいます。紅茶にはカフェインが含まれていますからたくさんの量を飲むよりも続けて飲む事をおススメします。
紅茶でも緑茶でも大丈夫
さらに「お茶が緑茶であるのか、紅茶であるのかは関係なかった」といいます。なぜかとえばお茶に含まれるカテキンの1種あるいはアミノ酸のアテニンによってこのような効果を得られているからです。緑茶でも紅茶でも効果が同じようであれば気分に合わせてティータイムを楽しむ事ができますね。食後には緑茶を飲んで午後のリラックスタイムには紅茶を飲んでも大丈夫です。
リラックス効果
お茶のアテニンには精神をリラックスさせる効果があり記憶力を向上させて脳の認知機能を向上させる効果も期待できます。忙しい日常生活のなかでもお茶を一杯のむリラックスタイムが健康管理タイムともいえますね。疲れている時には精神をスッキリとさせてくれる紅茶を飲んでアテニン効果を実感しましょう。甘いお菓子と一緒にティータイムは心と体の疲労回復、記憶力アップに効果が期待でそうですね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    1873年11月にスウェーデンのロールストランド社が、フィンランドのアラビア地区に製陶所を設立して、…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶のおすすめ資格とはインドの「ダージリン」スリランカの「ウバ」中国の「キー…
  3. 紅茶の入れ方
    英国紅茶の店 Earl Grey アール グレイ店舗詳細住所:〒519-1107 三重県亀山…

紅茶の最新記事

PAGE TOP