紅茶の入れ方

紅茶を楽しむために必要な道具とは

紅茶を本格的に始める時には何があるといいのでしょうか。
美味しく香りがひき立つのはもちろん、デザインにもこだわり、優雅な時間を過ごしたいものです。

紅茶用のポット

ポットを選ぶ際には、鉄分の含まれたポットはできるだけ避けます。
お店でもよく見かける陶磁器か、ガラス製のティーサーバー、または銀製のティーポットを使いましょう。無ければ緑茶用の急須でも大丈夫です。

鉄分を含むポットの使用は、紅茶のタンニンが鉄分と化合して香味を損なうだけでなく、紅茶の色を黒くしてしまいます。鮮やかな水色で、香りも楽しめるように、ポットにも気を配りましょう。

ポットとジャンピング

抽出用ポットで何より大切なのは茶葉の「ジャンピング」がうまく行われることです。
そのため、抽出用ポットの形状はまるいものが適しています。

抽出用ポットには茶こしが付いていると便利ですが、ジャンピングを邪魔するような茶こしは外しましょう。

サーブ用のポット

サーブ用ポットは、お茶が出過ぎないようにするためと、カップに注ぐ前に茶液を均一にする役割があります。

他にも、サーブ用ポットはお茶の時間を優雅に演出するのにかかせないものです。
おもてなしの時や、ちょっと一息といった時は、素敵なティーポットを使って、紅茶の時間を楽しみたいものです。

サーブ用ポットの形

サーブ用のポットを選ぶときは、上記のポットと同様、材質、茶こし等に気を付けます。
また、紅茶を引き立たせるデザインのものを選ぶといいでしょう。

ガラス製のものは、紅茶の茶葉がジャンピングしている様子をみることができ、待ち時間も楽しいです。

注ぎ口も、切れのいいものを選べば、ちょっとした液だれのイライラも解消できます。
他にも、紅茶をカップにきれいに注ぐことができることから、紅茶を注ぐ様子さえもより優雅に演出できるでしょう。お茶やコーヒーの注ぎ方とは雰囲気が変わります。

相性の良いカップ

美しい水色が映えるように、内側が白のものを選ぶと良いでしょう。
かたちは、香りが広がりやすい浅いタイプを選びます。

それに加え、自分好みの柄があるものを使えば、より素敵な時間を演出できます。
リラックス効果も倍増するでしょう。

キッチンタイマー

タイマーは、紅茶の抽出時間を測るために必要です。
キッチンタイマーがなければ、時計や携帯電話でもいいでしょう。

キッチンタイマーの中には10秒・3分ボタンがあるものもあり、紅茶用にはそのようなタイマーがあると良いようです。

計量器

美味しい紅茶を淹れるためには茶葉を正しい分量で使うことがとても大切です。
紅茶は3グラム前後を測るため、精密量り、もしくは小数点1ケタまで出る計りが良いでしょう。

手軽な計量スプーンには、木でできた素朴な計量スプーンや、取っ手が短いティーメジャースプーン等があります。
ティーメジャースプーンには魚のかたちのものや、葉のかたちなどの豊富なデザインがあり可愛いです。

ミルクピッチャー

あたためたミルクピッチャーに、冷たい牛乳をいれれば、冷たい牛乳に抵抗のある方もやさしくいただけます。

ティーコジ―

紅茶の蒸らしで重要なのは「高温」であることです。
そのためには、ティーポットの保温性が重要であり、その保温性を補完するアイテムが「ティーコジー」です。

ティーマットと一緒に使うことで、より保温できるでしょう。あれば便利な道具です。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶にはカフェインが含まれています。カフェインには覚せい作用があり、目が冴える効果があります。しかし…
  2. 紅茶の入れ方
    ロイヤルコペンハーゲンといえば、デンマークの有名な食器メーカーですね。コペンハーゲンのストロイエとい…
  3. 紅茶の入れ方
    ブランド創立者のメリル・J・フェルナンドはセイロン(現在のスリランカ)西海岸の漁村で誕生しました。セ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP