紅茶の入れ方

紅茶の出がらしお掃除活用法【捨てるのはもったいない!茶葉でお家の中をきれいに】

美味しく入れた紅茶を飲んで心安らぐ時間を過ごした後、入れ終わった後の茶葉はどうしていますか?出がらしだし、もう美味しい紅茶は飲めないからと生ごみ行きにしていませんか?コーヒーや緑茶の出がらしを再利用する事は皆さんされていますが、紅茶の出がらしも再利用出来るのです。最終的には捨てる事になるのですが、美味しい紅茶をプレゼントしてくれた茶葉をもう一度大活躍させてみてはいかがでしょうか?色々な活用方法がありますよ。

フローリングをきれいに

これは紅茶の出がらしだからこそ出来る活用法です。
フローリングは(白木以外の場合)味わいのある木材の色が美しいですよね。じっくり見てみると紅茶の水色と似た色合いです。紅茶に含まれているタンニンは、フローリングのコーティング剤にも含まれているのはご存知でしょうか?そうです。紅茶の出がらしでフローリングのコーティングが出来てしまいます。
まず、鍋にお水と出がらしの茶葉を入れます。ティーバッグの場合はそのまま、リーフティーの場合は出汁パック等に入れると後片付けが楽になります。火にかけてフローリングの色に合わせて煮だします。後ほど水を加えるので少し濃い目の色になっても大丈夫です。好みの色に煮だったら火を止め少し冷ましてから、バケツなどに火傷に気を付けて移し替えます。バケツに水を足し30~38℃ぐらいになるようにします。雑巾などを浸してしっかりと絞ってフローリングの板目に合わせて素早く拭き取ります。紅茶の色が移る場合もありますので、心配な方は目立たない場所で試してから、全体をお掃除するようにして下さい。白木のフローリングを変色させたくない場合は、紅茶でのお掃除はしないようにして下さい。

玄関をきれいに

緑茶の出がらしで玄関をお掃除すると言うのはよく知られていますが、もちろん同じお茶の仲間である紅茶でも出来ます。乾燥した出がらしではなく絞って水分が残っている茶葉を使用します。先ほど紹介したフローリングのコーティングに使用した茶葉を絞って使用するのもOKです。絞った茶葉を玄関に撒きます。後はほうきで掃くだけです。茶葉にほこりがついて簡単に玄関がきれいになります。ただし、茶葉は水分を含んでいるので、玄関が茶色く変色する場合があります。気になる方はおやめ下さい。玄関の掃除も素早くするのがポイントです。

油汚れをきれいに

紅茶はアルカリ性なので、酸性である油汚れを中和して落とすことが出来ます。ただし、長年こびりついたような油汚れは、紅茶の出がらしでは落とし切る事は難しいのでご了承下さい。
フローリングの時と同じようにティーバッグの場合はそのまま、リーフティーの場合は出汁パック等に入れます。水を含ませて軽く絞り気になるところをこすっていきます。まずは、キッチンの排水溝・三角コーナー・シンク・蛇口等から試してください。洗剤を使用しなくてもとてもきれいになります。魚焼きグリルをこすると軽い油汚れも落ちますが、紅茶の消臭作用により、魚の生臭みも軽減されます。洗剤の使用が難しい、電子レンジや冷蔵庫の内部も同様にこすります。思っている以上にきれいに汚れが落ちていきます。お風呂場の鏡の曇り止めにも効果があるのでぜひお試しください。油汚れには、新品のティーバッグを使用するよりは出がらしの方がアルカリ度が高いので、ぜひ出がらしを再利用して下さい。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    水出し紅茶とは水出し紅茶は、常温以下の水を使用して茶葉の成分を抽出する紅茶です。アイスティーとは…
  2. 紅茶のワッフル
    紅茶のマドレーヌの作り方焼き菓子の定番、マドレーヌ。アールグレイをつかうと、特においしくなります…
  3. 紅茶スコーン
    紅茶・緑茶の旨み成分主には緑茶の玉露や抹茶に多く含まれています。興奮を鎮めて緊張を和らげます。…

紅茶の最新記事

PAGE TOP