紅茶

紅茶の効能・消臭効果と紅茶の使い終わったティーバッグの使い方

紅茶や緑茶に消臭効果がある事は、皆さんもよくご存じの事です。これは茶葉に含まれるポリフェノールの一つカテキンの力によるものです。紅茶の消臭効果をご案内します。どの場合も出がらしの紅茶で効果があります。

紅茶で魚の臭いとり

使用済みのティーバッグを濡らして絞り、魚を焼く前に魚の表面を拭き取ります。魚のトリメチルアミンと言う臭いの成分に作用して生臭さを消してくれます。また、水を入れるタイプの魚焼きグリルを使用する時に、お水と一緒に茶殻を入れて魚を焼くと生臭みも消えほんのり紅茶が香るお洒落な焼き魚が出来上がります。ティーバッグの場合は中の茶葉だけを使用して下さい。

紅茶で排水溝・三角コーナーの臭いとり

使用し終わったティーバッグを生ごみと一緒にしておくと嫌な臭いを茶葉が吸収し軽減してくれます。

紅茶で冷蔵庫の臭いとり

よく乾燥させた茶葉を冷蔵庫に入れると、生物のいやな臭いを吸収して臭いを消してくれます。間違ってもまだ飲んでいないお気に入りの紅茶を入れないで下さいね。

紅茶で靴の臭いとり

1日中履いた靴はどうしても臭いが気になります。よく乾燥したティーバッグを靴の中に入れておくと1晩でもかなり臭いがとれます。下駄箱の中にも乾燥した茶殻を入れておくのもいいでしょう。

代表的な消臭効果をご案内しましたが、あの強力な靴の臭いが1晩でかなり軽減されるという事は、体臭もとれるのでは?と思いませんか?最近お父さんの加齢臭が気になると思っている奥様やお嬢様もいらっしゃるのではないでしょうか。成長期の息子さんの足の臭いが気になるお母さんも多いのではないかと思います。様々な臭いに立ち向かう紅茶をお風呂に入れて紅茶風呂を試してみませんか?

紅茶風呂

いつもの入浴剤を紅茶に変えるだけで簡単に紅茶風呂が楽しめます。ちょっと熱めのお湯をはった湯船にティーバッグを2~3個入れ蓋をして蒸らします。(紅茶を入れるのと同じですね。)出来れば30分程たってから入浴するのがお勧めですが、10分ぐらいたてば入浴可能です。ティーバッグは新品でなくでも使用済みでももちろんOKです。他にも賞味期限が切れた紅茶や、香りは気に入っているけれど味が好みでなかった紅茶等も使ってみましょう。入れる紅茶のポイントは香りです。いくら消臭効果があると言ってもあまり好きではない香りの紅茶を入れると、リラックスするどころか不快な思いをしてしまいます。必ず好みの香りがする紅茶を入れてください。ペットボトル飲料は糖分が入っていたりするのであまりお勧めは出来ません。

紅茶風呂のいいところ

先程も記載したように靴の臭いがとれるので、当然蒸れた足の臭いやわきがにも強い消臭効果があります。1回紅茶風呂に入っただけではすぐに効果を実感する事は難しいですが、続けることによって徐々に臭いが軽減していきます。
紅茶に含まれるタンニンは昔から火傷にも効果があると言われてきました。タンニンとテアフラビンによって、日焼けをした後の肌を優しく回復に導いてくれます。また、傷んだ髪にも効果を発揮してくれます。頭皮の汚れを落として毛穴を引き締めてくるほか、髪の傷みを軽減して艶のある髪にしてくれます。いつも通りにシャンプーをして流した後に紅茶で洗うだけなので、とっても手軽で簡単です。紅茶で洗う事によって育毛効果も期待できるそうです。

好きな香りの紅茶風呂につかる事によってリラックスが出来、また血流がよくなるので疲労回復や肩こりなども改善されます。一度紅茶風呂を体験してみてください。

紅茶にはコーヒー同様カフェインが含まれています。カフェインは英語で「caffeine」と表記されるようにコーヒーから初めて分離・発見されました。
紅茶を飲むという事は紅茶に含まれる様々な成分を体内に入れるという事です。特にカフェインについては、様々な効果や副作用が伝えられています。まずは、カフェインのデメリットをおさらいしてみましょう。

カフェイン摂取のデメリット

カフェインを摂取すると覚醒作用が起こりますので、不眠の原因となったりします。心拍数が増加したり、興奮・不安・震えなどの症状が表れるような事例もあります。また、妊娠中や授乳中の方が過度にカフェインを摂取すると胎児や赤ちゃんの成長に影響が出る事も明らかになっています。カフェインは鉄分の吸収を抑える作用もあるので、貧血気味の方は摂取を控えた方が良いでしょう。
カフェインには利尿作用があり、過度の摂取によって水分を補給しているのにも関わらず排出量が多いため、脱水症状を引き起こす事原因となります。
過度のカフェイン摂取はカフェイン依存症になる可能性も報告されています。その結果カフェインを1日摂取しないと頭痛が起きたり、集中力がかけたり、軽いうつ状態になったりする人もいるそうです。
カフェイン過敏症と言ってカフェインを受け付けない体質の方もいらっしゃいます。少量のカフェインでも吐き気・めまい・頭痛等の症状が起こったりします。コーヒーや紅茶を飲むたびに気分や体調が悪くなる方は、カフェインが含まれている物を摂取しないようにしましょう。カフェインはアレルギー対象項目ではないのでアレルギーとしての意識はあまりありませんが、カフェインを摂取して不調がある場合は一度診療機関を受診することをお勧めします。

上手にカフェインと付き合いましょう

先程記載したようにカフェインと言うとデメリットばかりが目立ってしまいますが、決してデメリットだけではなくカフェインを摂取する事によって身体にも心にも良い点がたくさんあります。紅茶を飲むことによるカフェイン摂取のメリットを確認して、楽しいティーライフを過ごしましょう。
カフェインを摂取すると、血管を拡張してくれるので血液の循環がよくなり、利尿作用が働きむくみの減少につながります。また、カフェインによって交換神経が刺激されるので、脂肪を分解・燃焼作用が発揮されます。有酸素運動をする前に摂取する事によって効果的に脂肪を燃焼してくれます。食事と一緒に紅茶を飲むことによって、食事に含まれる脂肪の吸収を抑えてくれるので、ダイエットの強い味方となってくれます。
カフェインにはストレス解消や疲労回復の効果があります。現代人は人間関係・仕事・育児等様々なストレスを抱えています。毎日頑張っている人ほど疲れもたまっていきます。紅茶を飲むことによってカフェインの効果と香りによってリラックスができ、ストレスを解消してくれます。カフェイン摂取によってドーパミンが増加され疲労感から解放されます。
カフェインは神経中枢を刺激して覚醒作用が起こり、眠気を覚ましてくれ仕事や勉強の効率がよくなります。

紅茶を飲むことによるカフェイン摂取のメリット・デメリットを紹介しましたが、ご自身の体調・体質を考慮して正しく楽しくティーライフを過ごしていきたいですね。紅茶が好きだけどカフェインが合わないという方はカフェインレスやデカフェ紅茶を利用して素敵な時間を過ごしましょう。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の茶器
    紅茶キノコは、酢酸の酵素を紅茶に漬けて培養する発酵ドリンクです。原液を飲むことで整腸効果・便秘改善な…
  2. 紅茶の入れ方
    ティーサーバーとはティーサーバーは、耐熱素材で作られた2段型の容器で、上部の茶漉し部分にお湯と紅…
  3. ティーポット
     急須は緑茶だけを淹れるツールか疑問日本では昔からお茶を美味しく淹れるのに急須が使われてきました…

紅茶の最新記事

PAGE TOP