紅茶の入れ方

おいしい紅茶の入れ方

紅茶は、お茶を蒸らすことで、紅茶本来の独特な味わいを楽しむことができます。
お水・ポット・カップ選びから、正しい紅茶の入れ方を学んで、よりおいしい紅茶を味わってください。

はじめに

水は、汲みたてのものを使います。
紅茶は軟水との相性がよく、汲みたてで空気を多く含んでいれば尚良いです。

お湯は沸騰直後(100℃)のものを使います。
ぬるい、または沸騰しすぎたお湯は、紅茶の香気成分がよく出ないため使いません。

紅茶用のポット

鉄分の含まれたポットはできるだけ避けます。
お店でもよく見かける陶磁器か、ガラス製のティーサーバー、または銀製のティーポットを使いましょう。無ければ緑茶用の急須でも大丈夫です。

鉄分を含むポットの使用は、紅茶のタンニンが鉄分と化合して香味を損なうだけでなく、紅茶の色を黒くしてしまいます。

相性の良いカップ

美しい水色が映えるように、内側が白のものを選ぶと良いでしょう。
かたちは、香りが広がりやすい浅いタイプを選びます。鮮やかな水色で、香りも楽しめるように、カップにも気を配りましょう。

ティーバックの場合

ティーバッグは1袋でカップ1杯(150~160ml)が基本です。

1.カップとポットを湯通しし、あらかじめ温めておきます。

2.沸騰したお湯を数杯分注ぎ、人数分のティーバッグをそっと入れます。
その後、すぐにフタをして蒸らします。(蒸らす時間は製品箱やティータグに記載されている抽出時間を参考)
カップでいれる場合は、ソーサーを裏返してカップにかぶせて蒸らします。

3.そっと数回振って、ティー バッグを静かに取り出します。温めておいたカップに注げば完成です。
抽出時間が長くなってしまったり、強く振りすぎたり、スプーンで押しつぶしたりすると渋みがきつくなるため注意します。

リーフティーのおいしい入れ方

1.温めておいたポットに、杯数分の茶葉を入れます。(1杯分の茶葉の量は2~3gで、細かい茶葉はティースプーン中盛り1杯、大きな茶葉は大盛り1杯が目安です)

2.沸騰したての熱湯を注いでフタをします。(汲みたての空気をたくさん含んだ水道水を沸騰させて、5~10円玉位の泡が勢いよく出ている状態のものを使います)

3. 時間をはかり、茶葉をしっかり蒸らします。(蒸らし時間は細かい茶葉で2分半~3分、大きな茶葉は3~4分が目安です)

4. ポットの中をスプーンでひとかきして、茶こしでこしながらお茶の濃さが均一になるようカップに注ぎ分けます。(カップは温めておいたものを使用します)
「ゴールデン・ドロップ」または「ベスト・ドロップ」と呼ばれる最後の一滴まで注いでください。

アイスティーにする場合

沸騰したての熱湯をホットティーの場合の半量注ぎ、2倍の濃さの紅茶をいれた後、2~3分蒸らし、茶こしでこしながら別のポットに注ぎます。甘みをつける場合はここでグラニュー糖を溶かします。

細かく砕いた氷をグラスにたっぷり入れ、上からホットティーを注いで冷やします。

ミルクティーにする場合

ミルクティーは普通の牛乳を使います。冷たいままか、常温のものが良いでしょう。
コーヒー用のクリームは避けてください。冷たい牛乳が気になる方は、ミルクピッチャーを湯通しして温めてから、冷たい牛乳を注ぐと良いでしょう。

茶葉はストレートティー用茶葉とミルクティー用茶葉と使い分けることが大切です。ミルクティーの時は茶葉を若干多目に使います。手間をかけるほどおいしい紅茶ができあがります。普段とはまた違った格別な紅茶をお楽しみください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    ブランド創立者のメリル・J・フェルナンドはセイロン(現在のスリランカ)西海岸の漁村で誕生しました。セ…
  2. 人気の紅茶専門店
    台湾ティーの歴史1796年~1820年 約200年前 連雅堂氏の「台湾通史」によれば清朝の嘉慶年…
  3. 紅茶の茶葉
    血流の循環やデトックス効果を発揮してくれる野草茶や、日本古来の昔から受け継がれた身体に優しい薬草茶で…

紅茶の最新記事

PAGE TOP