紅茶の入れ方

飲む以外にも効能を最大限利用!紅茶の一風変わった活用方法

良い紅茶を買ってみたけれど、口に合わない。贈り物でもらって仕舞ったままの紅茶の賞味期限が切れてしまったなど、家にある紅茶を飲めずに持て余す場合があります。

紅茶は時間が経つと共に風味が落ち、保存状態の悪いものを飲むと食中毒を起こす危険があるので注意が必要です。

しかし、ただ捨てるにはもったいないと思う人もいるはずです。そんな時には、飲む以外に紅茶を有効活用してみましょう。

生魚の臭み取り

紅茶の茶葉には有益な消臭効果が含まれています。生魚に触ったり調理した後に、手に残るしつこい生臭さを、紅茶の香りで消すことができます。ティーバッグに詰めた紅茶を水かお湯で戻し、出がらしを揉むように手にこすりつけることで、嫌な臭いが爽やかになります。

消臭剤・芳香剤代わりに

紅茶の消臭効果は、家中の様々な場所で活用することができます。使用済みの紅茶をしっかり乾燥させて、メッシュなど通気性の良い布や袋に包んで臭いの気になる場所に置きます。

冷蔵庫の中やトイレ、下駄箱などで活用できます。効果は1~2週間程度です。また、フレーバーティーなど香りが豊かな茶葉は芳香剤としても有効に使えます。

染料に使用する

紅茶を使って布を染めることができます。紅茶を煮出した鍋に衣類などを入れて、弱火で30分ほど漬けておくと、綺麗な紅茶色に染まります。紅茶の種類や漬ける時間によって、色の明暗が異なってくるので、いろいろと試して好みの色を見つけるのも楽しいです。

拭き掃除

紅茶の出がらしをガーゼなどに包んだものを使って床や柱を磨くと、ワックスをかけたようにピカピカになります。殺菌作用があるのでカビの繁殖を防止し、家の中を清潔に保てます。一度に何度も磨きすぎると、紅茶の色素が木に移ってしまうことがあるので、変色には注意が必要です。

油・汚れ落とし

紅茶に含まれるタンニンは、脂肪分を分解する効果があるため、普段から料理に使用する油にも強いです。

油が付いた、お皿やコンロの周りなどの掃除に茶葉が大活躍します。しつこい油汚れも、ガーゼに紅茶の出がらしを入れて擦ると、驚くほどよく落ちます。

アロマ・入浴剤替わり

飲んだ時にくつろぎや安らぎを与えてくれる、紅茶の芳醇な香りは、人の心を癒す効果をもたらします。

フレーバーティーなど香りが豊かな紅茶は、茶香炉に入れて使用することでアロマの代わりとしても活用できます。口に入れても大丈夫な食品のため、刺激が少なく、より自然の香りを楽しむことができます。

お風呂に入れることでも、香りによって同じリラックス効果が得られます。お茶の成分には肌の保湿を高める効果もあります。ただし、紅茶から出る茶渋が浴槽にこびりつくため、使用後はしっかりと掃除をする必要があります。また、お風呂の給湯器のタイプによっては、茶渋が故障の原因になる場合もあるため、事前に確認してから使用するようにしましょう。お湯を張った洗面器やバケツなどに浸けて足湯に活用する方法もおすすめです。

湿布・うがい薬

紅茶の原料となる茶葉には抗菌・殺菌作用が含まれています。古くから風邪薬の代わりの漢方薬にも用いられてきました。現在でも、うがい薬の原料に含まれています。

そのため、古くなった紅茶も普通に煮出してうがいに使えば、充分に活用することができます。また、殺菌成分は肌の傷ややけど、水虫などに効果があります。出がらしを患部に当てて清潔に保つことで、症状の悪化を食い止めることができます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. アイスティー
    ホットティーとアイスティーは茶葉別によってそれぞれ違う特徴茶葉にもアイスティーにするととても美味…
  2. 紅茶の健康効果
    ジャムをお家でつくることをイメージすると、大量につくらないといけないから中々つくる気になれない、少し…
  3. 紅茶の入れ方
    茶葉の等級(グレード)とは、何を指しているのか知っていますか?決して品質の良し悪しではなく、茶葉の形…

紅茶の最新記事

PAGE TOP