紅茶の健康にいい効能一覧と効果!特徴や違いも分かる

紅茶は、もともとイギリスで薬として使われていた時代があります。

紅茶には健康効果のある様々な成分が含まれています。

紅茶に含まれる主な成分

紅茶に含まれる代表できな成分の名前と効能をご紹介します。

紅茶の保存方法

タンニン

コクや渋みを感じさせる成分です。殺菌や抗菌作用、活性酸素を抑える効果があります。

また、カテキンとも呼びます。さらに、発酵の過程で「紅茶フラボノイド」というポリフェノールに変化します。

カフェイン

苦みや深みを感じさせる成分です。

自律神経を興奮させたり、目を覚まさせる、疲労回復といった効能があります。

タンニン・テアニンと共に摂取すると、胃への刺激が緩和されるため、お茶は最適です。

テアニン

紅茶の旨み、甘みを作り出すアミノ酸です。リラックス効果があります。

フッ素

虫歯を予防し、健康な歯を保つ効果があります。

精油成分

紅茶の香りは、この精油成分によるものです。紅茶に含まれる香りの成分は300種類以上になります。

フラボノール

フラボノールは色素です。血管を強化する働きや消臭効果があります。

ミネラル

体の調子を整える効果があります。お茶に含まれるミネラルはアルカリを作り出すため、非常に健康効果があります。

ビタミンB群

皮膚の病気や口内炎を防ぐビタミン類を含んでいます。

紅茶の健康効果

紅茶に含まれる成分により様々な健康効果があります。代表的な効能をご紹介します。

イギリスの紅茶

風邪の予防

紅茶でうがいをすると、タンニンによる抗菌・殺菌作用で風邪やインフルエンザの予防ができます。

生活習慣病の予防

タンニンは活性酸素を抑える働きがあります。活性酸素は生活習慣病など様々な悪影響のあるものです。

また、カテキンには血液をサラサラにする効果がります。

紅茶フラボノイドは血糖や血中コレステロールを抑える働きがあります。

美肌効果

カテキンやビタミンには、シミやソバカスを抑える効果があります。また、カフェインは新陳代謝を促す効果もあるため、肌荒れやむくみの防止にもなります。

紅茶ポリフェノールの抗酸化作用で、肌の老化を防ぐこともできます。

リラックス効果

テアニンは、イライラを沈めて、気持ちを落ち着かせる効果があります。また、香り成分でリラックス効果も期待できます。

集中力アップ・疲労回復の効果

カフェインの覚醒作用で気分をシャキッとさせることができます。また、胃の活動を活発化し、消化を促進させる効果もあります。

ダイエット効果

カフェインの脂肪燃焼効果でダイエット効果が期待できます。運動前に紅茶を摂取すると、効率よく運動できます。

日常的に続けるとよいでしょう。また、利尿作用もあるため、老廃物を早く体外に排出します。

カロリーもほとんどないため、ダイエットに効果的です。

虫歯予防・口臭予防

歯磨き粉によく含まれているフッ素を、紅茶は含んでいます。そのため、歯を綺麗に保ちます。

また、カテキンの抗菌作用も歯を健康に保ちます。口臭に効果的なフラボノールも含まれています。

食中毒を防ぐ効果

紅茶の消毒・殺菌効果は、食中毒や下痢の予防にも効果的です。菌の繁殖を抑える働きがあるため、食事とともに飲むとよいでしょう。

PAGE TOP