紅茶の入れ方とポットの使い方【ジャンピングの方法も徹底解説!】

紅茶の入れ方で、「ゴールデンルール」という言葉を一度でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

「ゴールデンルール」とは、紅茶の茶葉が本来持っている風味や香りを、しっかり引き出すための基本的な紅茶の入れ方の呼称です。

現在、有名なイギリス式の「ゴールデンルール」は、19世紀に出版された「ビートン婦人の家紋の本」に記されている紅茶の入れ方をもとに作られたと言われています。下記の写真の女性は、ビートン婦人です。

ビートン婦人の家紋の本

「ゴールデンルール」を基本としたストレートティーの入れ方やジャンピングの起こし方をご紹介します。

ゴールデンルールの紅茶の入れ方

国による水質の違い、使用する茶葉の製茶方法などの違いはありますが、下記が現代に伝わるゴールデンルールの紅茶の入れ方になります。

  1. 良質の茶葉を使う
  2. 蓋つきの温めたポットを使う
  3. 茶葉の量は正確に量る
  4. 汲みたてで沸かしたての沸騰したお湯を用いる
  5. しっかり蒸らしてから注ぐ

紅茶のゴールデンルール

ストレートティーの紅茶の入れ方

紅茶本来の味や香りを楽しみたいときにおすすめの入れ方です。

今回の茶葉は、ダージリンセカンドフラッシュを使います。下記のようにポットで入れる場合は、2杯分以上作るようにしましょう。

  1. お湯を沸かす:やかんでお湯を沸かします。
  2. ポットを温める:お茶の成分を抽出しやすくするためにあらかじめ沸かしたお湯でポットを温めます。温まったら、ポットの中のお湯を捨てましょう。
  3. 茶葉をポットに入れる:ポットに茶葉を入れます。1杯分の目安は3gになります。
  4. お湯を注ぐ:お湯が沸騰したら、ポットにお湯を手早く注ぎます。1杯分の目安は170ccになります。
  5. 蒸らす:蓋をしっかり閉めて蒸らします。蒸らす時間は茶葉のグレードによって変わるので、下記の「茶葉の分量と蒸らし時間の目安」を参考にしましょう。
  6. お茶を注ぐ:ティーストレーナーで茶葉をこして、もう一つの温めたポットに全て注ぐ、もしくは直接カップに注ぎます。ポットは振らずに注ぎ切りましょう。

他にも、様々な紅茶の入れ方がありますので、是非お試しくださいね。

アイスティーの美味しい入れ方

ティーサーバーを使った紅茶の入れ方

紅茶を使ったお菓子レシピとロイヤルミルクティーの入れ方

ロシアンティーの美味しい紅茶の入れ方

茶葉の分量と蒸らし時間の目安

OPタイプ:3~4g、3~5分

BOPタイプ:2.5g~3g、2~3分

BOPFタイプ:2g、2分前後

CTCタイプ:3g前後、1~3分

紅茶の葉をポットの中で踊らせるジャンピングの方法

紅茶を入れる時は、ジャンピングを起こすことが美味しい紅茶を入れるための秘訣です。

ジャンピングとは、熱湯を注いだ時にティーポットの中で生じる茶葉の上下運動のことを指します。

ジャンピングを起こすコツ

  • 酸素をたっぷり含んだ新鮮な水を使う
  • 勢いよくお湯をポットに注ぐ

ジャンピングを起こしやすい銅製のヤカンもありますので、是非、紅茶の道具からこだわってみましょう。

ジャンピングの見分け方

  • 沸騰不足:十分に沸騰していないお湯を注いだ場合、対流が起こらず、茶葉が上に浮き上がったままになります。
  • 最適:98度のお湯を勢いよく注ぐと、ジャンピングが起こります。
  • 沸騰させすぎ:沸騰させ続けると、水の中の酸素がなくなってしまい、茶葉も沈んだままになります。

紅茶のジャンピング

PAGE TOP