紅茶の入れ方

おしゃれなパリジェンヌで人気!フランス紅茶のブランド

パリのおしゃれな喫茶店でカフェや紅茶を楽しもう!

カフェ・オ・レやエスプレッソを楽しみながらゆっくりとしたティータイムを過ごす時間を大切にしているお茶文化があります。パリのオープンカフェテラスで濃い目のエスプレッソを飲んでいるフランス人の姿がカッコいいですよね。またフランス人は紅茶もとても愛飲しています。伝統の茶文化について調べてみましょう。

イギリスよりもフランスが先に紅茶を輸入

18世紀 フランスは中国からお茶を買い付けていました。最初は緑茶、次に紅茶を買い付けていました。ところがイギリスが紅茶の貿易を独占する事でフランスはお茶の輸入が難しくなってしまいました。朝はカフェ・オ・レとクロワッサン、ゆっくりとランチを食べたらエスプレッソを一杯飲んだりディナーを食べながらワインをいただく食文化、カフェはフランス人の生活文化のようになっていますね。フランスはカフェ文化といわれるくらいコーヒーの国ですが実はイギリスよりも紅茶の歴史は先だったといえます。

歴史的意味の深いサロン・ド・デとは

フランスにはカフェとは別にサロン・ド・デがあります。サロン・ド・デはティーサロンです。もともとカフェは男性だけが出入りできる場所として限定されていました。政治家・哲学者・芸術家たちの交流の場であったといえます。これとは別に貴婦人たちのくつろぎの場所を求めたのがサロン・ド・デです。

コーヒーより高価な紅茶を楽しむ事で「少し気取った飲み物」というイメージが作られました。貴婦人たちの楽しいおしゃべりと甘いお菓子と紅茶を楽しむティータイムです。さらに紅茶の消費量が伸びていきました。

フランスは香りの文化!おすすめの紅茶ブランド

フランスは香りにとても敏感な国です。フランスの紅茶は花びらや香料、果皮などで香りを付加したフレーバーティーを好みます。紅茶の分野だけにかかわらず香りを大切にする国なので南東部に位置する「香水の都」グラースでは、ラベンダー、ジャスミン、ミモザなどの香料植物を育てています。また世界的に有名な調香師もたくさん輩出しています。様々なフランスのフレーバーティはフランス独自のフレーバーティー文化となりました。香りや水色にこだわったフレーバーティーはフランスの強みであり人気の紅茶ブランドがたくさん誕生しました。100年以上の歴史を持つ老舗の紅茶ブランドがあります。マリアージュフレールは日本でもおなじみの世界的ブランドです。フォションはアップルティーで名高い紅茶です。クスミティーはロシアの皇帝も愛した逸品です。ニナスは前身は香料メーカーであり、マリーアントワネットにもアロマを献上していました。

フランス紅茶の逸話

1636年 フランスにお茶が伝わりました。フランスにおいて、最も早い時期にお茶を飲んでいたのはルイ14世だと言われています。ルイ14世は、ブルボン朝第3代のフランス国王です。フランスにおける権力と栄華の象徴とも言える存在で、ベルサイユ宮殿を建てたことでも知られています。ところが、ルイ14世は消化器官に難があり、四六時中トイレにこもっていたといいます。(ひどい時は臣下への命令も便座からしていたそうです)

1665年 医師たちは「消化の助けになる」と緑茶を処方しました。中国や日本では痛風や心臓障害で苦しむ人が少ないこともあり、当時お茶は「万能薬」だと考えられていたのです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 耐熱性ティーセット
    ドイツ国内で最高級の食器を作っている会社のひとつとしてご存知の方も多い「マイセン」ですが、マイセンは…
  2. 紅茶のブランド
    1886年創業のこのブランドは、イギリスで生まれました。創業者のウォルター・ウィタードは革製品を扱う…
  3. 紅茶の入れ方
    暑い夏の日やのどが渇いた時に炭酸のソーダがあると、のどが潤って気持ちいいですよね。今までに紅茶のソー…

紅茶の最新記事

PAGE TOP