紅茶の入れ方

横浜元町にある紅茶専門店「ロンネフェルト」

ロンネフェルトは、1823年にヨハン・トピアス・ロンネフェルトがドイツ・フランクフルトに設立したブランドです。ヨハンは、フランクフルトがヨーロッパの中心に位置しているために、重要な拠点になると考えたのです。紅茶といえばイギリスをイメージする方が多いと思いますが、ヨーロッパで最初に紅茶を飲用し始めたのはオランダでした。そしてドイツはオランダと隣り合っていますから、ドイツに紅茶が伝わったのも早い時期だったことがわかります。
「最高品質の茶葉を高級ホテルやレストランへ」という信念を持ち、時間と手間を惜しまない製法で素晴らしい紅茶を創り出してきたこのブランドの作品は、今では世界中のプロフェッショナルから支持されています。ドイツ国内の高級ホテルはもちろん、世界で唯一の7ツ星ホテル「バージアルアラブホテル/アラブ・ドバイ」でも使用されています。ホテルやレストランへの商品の提供が主なので、デパートや小売店での販売はあまり力を入れてこなかったため、日本での知名度は高くありませんが、紅茶好きの方ならぜひお試しいただきたいブランドです。

ロンネフェルト紅茶の特徴

レストランやホテルなど、多くの方に提供される紅茶を作っていますので、個性や物珍しい風味よりも、誰もが美味しくいただける紅茶を目指しています。余計なフレーバーがなく、どんな食事にも合いやすいため、シェフやパティシエからも支持されています。
初めてロンネフェルトをお試しになる場合、アッサムやダージリンなどのストレートティー、あるいはアールグレイなどスタンダードなフレーバーティーをおすすめします。

ロンネフェルトは環境意識が高いブランド

近年は日本でも環境への関心が高まってきていますが、ヨーロッパ、特にドイツは環境先進国として各国の模倣とされてきました。ドイツの伝統あるブランドのロンネフェルトも環境に対する意識が高く、7つの「R」を掲げ、常に問題に取り組んでいます。Reduce-ゴミの発生抑制、Reuse-再使用、Recycle-再生利用、Refresh-紅茶でリフレッシュ、Relax-紅茶でリラックス、Restre-自分を取り戻す、というこれらの信念は、地球環境、そして地球で生きる全ての生き物(人間も含めた)を大切にしようという考えです。
ロンネフェルトの茶葉のパッケージは、ほかの有名紅茶ブランドに比べると簡素なものになっています。そのため、高級感がなくギフトには相応しくないという考えの方もいらっしゃいますが、その理由が7つの「R」に由来するものだと知れば、考えを改めていただけるのではと思います。

ロンネフェルトの販売には特別な資格が必要

このブランドは、自分たちの茶葉がお客様の手、あるいは舌に届くまでを自らがきちんと管理すべきだと考えており、販売や提供のための資格を設けています。ロンネフェルト社が認めた人物でないと限られた商品しか取り扱うことができないようになっているのです。資格は、シルバーマスターとゴールドマスターの2種に分かれており、シルバーマスターになるためには4日間のトレーニングを受け、最終日のテストをクリアしなければならないのですが、ゴールドマスターの資格はさらに厳しく、スリランカで行われる研修へ行き、実力が認められて初めて受けることができます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    「アメリカはコーヒー」というイメージが強いですが、数は少ないながらも、高い評価を受けている有名ブラン…
  2. 紅茶の入れ方
    ティーカップや茶葉にこだわる方は多いでしょうが、時には保湿力をキープしてくれる「ティーコージー」で、…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶と言えばアフタヌーンティーで有名なイギリスのイメージですよね。同じヨーロッパのドイツでも多くの紅…

紅茶の最新記事

PAGE TOP