紅茶の入れ方

鍋で本格チャイの作り方とおすすめの茶葉【インド式】

インド式のミルクティーでもある「チャイ」という飲み物は知っていますか?お茶の文化と共に広がっていき、茶という言葉から「チャイ」が誕生したと言われています。

いつもの紅茶にお好みのスパイスを加えながら、独特な雰囲気の味わいを楽しみたい方にはオススメですよ。一口含むと甘くて優しい香かおるスタイルで、トリコになること間違いなしですね。

本格派チャイの作り方

小さめの鍋を準備して、新鮮な水を沸かしながら沸騰してきたら弱火にします。後にシナモンなどのスパイスを、一緒に投入してくださいね。
弱火の小鍋に人数分の茶葉を入れますが、お湯が沸騰しないよう注意してください。ティーバッグは2個入れてもOKです。
2の処理がほど良い加減で火を止めて、フタをして2分置きます。
ミルク&グラニュー糖を加えて弱火で1分、ミルクの温度に注意しながら沸騰直前でおろして出来上がりです。

※アッサムやルフナの茶葉を使うと、独特な味わいによって美味しいチャイに仕上がりますよ。

チャイを楽しめる茶葉の種類

アパ・キ・パサンド社サンチャミニ

ミルクティー&チャイと言えば、アッサムティーですよね。カルダモン・シナモン・ジンジャーの3種がブレンドされたこちらの茶葉は、アパ・キ・パサンド社独自のオリジナルレシピによって配合され、ミルクたっぷりのこだわりある「チャイ」が楽しめますよ。もちろんストレートティーとして、独特の風味を味わうのもオススメです。

神戸アールティーアッサム

業務用500gサイズのアッサム茶葉を使用して、お好みの「チャイ」を毎日の習慣にするのもいいですね。レストランでも使われている茶葉は、ゼラチンをプラスして「チャイゼリー」を作ったりと、本格派チャイがいつでも気軽に楽しめますよ
アッサム紅茶 (チャイのために作られた茶葉 )

インドの紅茶産地アッサム地方で作られた「アッサムティー」は、チャイ用の加工を取り入れることによって、濃厚な味わい深い茶葉へと仕上がっています。ストレートティーとして飲んだり、ミルクを加えてオリジナルチャイを作ってみるのもいいですね。一緒にスパイスチャイマサラ(ホール)やチャイマサラ(パウダー)を、購入するのもオススメですよ。
チャイ用紅茶 アッサムティー

チャイを生み出したインドのアッサム茶葉を使って、独特な味わい深い「チャイ」がいつでも飲めるたっぷりの500gサイズです。お好みでスパイスを加えながら、オリジナリティあるチャイを作ってくださいね。

チャイの歴史

はるか昔インドがイギリスの植民地だった頃、上質な茶葉を選定してイギリスに送ることによって、インドには細かい葉ばかりが残ってしまいました。そこで知恵をしぼったインド人が、ミルクを入れて飲み始めたことから「チャイ」が誕生したそうです。いつの時代も知恵や工夫を取り入れながら、人々は進化を遂げていきます。何もなかった時代から試行錯誤を重ねていき、日々の生活に変化を持つようになり、現代社会が生きていますよね。しかし自然からの恵みでもある山々や海を、壊していくのは本末転倒です。今現在は人手不足や人々の自然破壊によって、どんどん茶畑が減ってきています。昔の方たちが守り通してきた自然を、私たちはもっと真剣に向き合わないといけないかもしれませんね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶キノコの作り方
    日本では1970年代にブームになリ、アメリカでは1990年代から少しずつ人気になった「紅茶キノコ」は…
  2. 紅茶の通販
    「ヌワラエリア」という紅茶を聞いたことがありますか?「ヌワラエリア」って、変わった名前ですよね。ヌワ…
  3. 紅茶の入れ方
    山田南平の少女漫画「紅茶王子」は、1997年8に単行本が発売され、2004年10月までに25巻も発売…

紅茶の最新記事

PAGE TOP