アイスティー

アイスティーやホットティーの茶葉別の美味しい飲み方

ホットティーとアイスティーは茶葉別によってそれぞれ違う特徴

茶葉にもアイスティーにするととても美味しい茶葉とホットティーがより美味しい茶葉と実は分かれます。それぞれ店頭などで購入できる茶葉の原産国や、それぞれの茶葉の特徴により、アイスティーかホットティーかふさわしい茶葉が有るのです。

代表的な日本で売られているお勧め茶葉の種類

ダージリン・・産地(北インド)マスカットフレーバーと呼ばれる独特のフルーティーな香りが特徴、ストレートに向いてます。

アッサム・・産地(北インド)色は濃いめの紅色でタンニンが多いのが特徴です。くせが少なく香りが深い紅茶です。

ウヴァ・・産地(セイロン)深い森林の様な香りです。綺麗なオレンジ色の紅茶です。

ジャワ・・産地(ジャワ島)ウーロン茶の様な味わいでマイルドな香味が特徴です。飲みやすいので初心者向け。

アールグレイ・・産地(中国、セイロンなど)ベルガモットのハーブで香味を付けた柑橘系の深い香りが特徴です。

アップル・・産地(セイロンなど)アップルフレーバーですが、甘い花の様な香りが鼻を通ります。綺麗なオレンジ色です。

茶葉別美味しい紅茶の淹れ方

アイスティーにとても合う紅茶の茶葉(アールグレイ、アップル、ジャワ)

アールグレイはご存知の通り、ベルガモットの香りを付けた柑橘系の香りが魅力の紅茶です。ホットにも勿論合いますが、アイスにも実は良く合う茶葉なんです。又、アップルのフレーバーティーはアップルの香りが冷やされる事により上品に広がっていくので、是非お勧めです。ここにあえて紅茶アイスを浮かべても二重の紅茶の効果が発揮されてより、楽しむ事が出来ます。又、そのままアイスティーの上にバニラアイスにキャラメルソースを乗せても上品な大人のデザートとして楽しむ事が出来てコンビネーションとしてはOKです。

ホットティーを冷やして作るアイスティーと冷水から作る水出し紅茶の相違点

アイスティーはいわばホットティーとしてお湯で煮詰めた茶葉を冷蔵庫などの即座に冷やす事の出来る場所で冷やす事です。しかし、濃厚な成分を抽出できるのが魅力ですが、濁ってしまい苦みも否めない事が欠点です。一方、水出し紅茶は麦茶の様に水の中に茶葉をパック状にして水に浮かばせて冷やして抽出する方法です。濁る事を阻止出来るのでスッキリとしたテイストを味わう事が出来ます。

ホットティーにとても合う紅茶の茶葉(セイロン、アッサム、ダージリン、ウバ等)

ホットティーは勿論香りも大事ですが、あまり香り高い紅茶ですと香りが上に向かい過ぎてむせてしまう事が有るので、フレーバーティーも甘めの香りのするピーチなどが良いかと思います。( )内の茶葉はきつい香りがせず、紅茶自体の味わいを楽しめるのでおすすめ致します。中国茶の様な上品な香りがする渋みを帯びた、茶葉がふさわしいでしょう。

アイスティーかホットティーは季節や気分によって楽しむ

如何でしたか?いつも何気なくご家庭や職場で飲んでいる紅茶の茶葉にも、得意な抽出法が有ります。茶葉それぞれの特質を生かして、正確なホットかアイスか抽出方法にて美味しい紅茶を楽しみましょう。そしてそれぞれの長所を生かした茶葉によって、ホッとかアイスか上手く飲み分ける事が出来るなんて、ブレイクタイムの楽しみの幅も広がりますね。

アイスミルクティーとは

紅茶の茶葉と水、牛乳を使って作る冷たいドリンクのことです。レシピはたくさんあり、材料全てを鍋に入れて煮出して冷蔵庫で冷やすもの、茶葉と水で水出し式にして牛乳を合わせるもの、最近では牛乳を注ぐだけでアイスミルクティーになるインスタント製品などもあります。今回は、熱湯で抽出した紅茶を急冷して、冷えた牛乳と合わせる方法をご紹介します。短時間で作ることができ、香りも飛びにくいのが利点のレシピです。

アイスミルクティーにおすすめの茶葉

渋みやコクの強い茶葉がおすすめです。アッサムや、ミルクティー向けにブレンドされたイングリッシュブレックファストが最適でしょう。イギリスはミルクティーを好む方が多いので、このような名前がついているのですが、イギリスのブランドであれば必ずといっていいほど、このブレンドが販売されています。
また、ストレート用に購入したものの渋くて口に合わない茶葉も、アイスミルクティーにすると飲みやすくなることがあるので、ぜひお試しください。

アイスミルクティーの作り方・入れ方

用意するもの(1人ぶんの場合)

茶葉 6g〜12g
新鮮な水 100cc
急冷用の氷 6個〜8個
牛乳 100cc
耐熱ポット ふたつ
マドラー
氷の入ったグラス
タイマーや砂時計など、時間をはかるもの
茶こし

①ティーポットを温める
アイスの場合も、まずはしっかりとポットを温めます。
お湯を注ぎ、全体に回すようにして揺すり、お湯を捨ててきれいな布で中を軽く拭いてください。
②ポットに茶葉を入れ、熱湯を注ぐ
きちんと量った茶葉をポットに入れ、熱湯を注ぎます。
お湯は、必ずボコボコと泡が出るまで沸騰させたものを使ってください。
③フタをして3分蒸らす
冷めないようにフタをし、タイマーなどで3分計ります。
濃いめに淹れたい場合は、蒸らし時間を増やすのではなく、茶葉の量を増やしてください。
④氷の入ったピッチャーに注ぐ
耐熱ピッチャーに急冷用の氷を入れ、抽出した紅茶を一気に注ぎます。
あとで茶こしを使うので、茶葉が入ってもかまいません。
よく冷やすために、マドラーでくるくるとかき混ぜてください。
⑤茶こしを使い、氷と牛乳を入れたグラスに注ぐ
手で触って、紅茶がよく冷えていることを確認したら、グラスに氷と牛乳を入れます。
茶葉が混ざらないように、茶こしを使って紅茶を注ぎます。
お好みで、ガムシロップを入れてお召し上がりください。

アイスミルクティーおいしい入れ方のコツ

まずは、多めの茶葉で濃く入れた紅茶が必要です。そして、しっかり冷やすこと、牛乳もよく冷えた新鮮なものを用意するのが大切です。蒸らし時間を長めにすると、香りが飛ぶと共に渋みが強くなりますので、濃いアイスミルクティーがお好みの場合は、時間を調整するのではなく茶葉の量を増やすことで対応してください。

セパレートミルクティーの作り方

カフェなどで、ミルクと紅茶で二層に分かれたミルクティーが出てくることがありますが、ご自宅でも作ることができます。牛乳に、あらかじめガムシロップでとろみをつけておき、アイスティーを先に注いだグラスに牛乳をゆっくり注ぐだけです。簡単ですので、お客様へのおもてなしの場などでぜひお試しになってください。低い位置で注ぐとうまく分かれることが多いようです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 喫茶店
    ひんやり紅茶デザートでティータイム紅茶の香りを楽しむクールデザートは、ティータイムにも、食事の締…
  2. 紅茶の入れ方
    ほとんどの紅茶は、産地の名前がそのままつけられます。商品として販売されている紅茶の産出国は、インド、…
  3. 喫茶店
    英國式紅茶とガーデニング セリーズハウス(CERES HOUSE)店舗詳細住所:〒 370-…

紅茶の最新記事

PAGE TOP