ティーバッグの入れ方

ティーバッグでストレートティーの入れ方【簡単で美味しい!】

紅茶を飲むときにはティーバックを使うのが、お手軽で一般的です。
しかし、ティーバックでも、ただお湯を注げばいいというものではありません。湯量と蒸らし時間を守っておいしい紅茶を味わいましょう。

はじめに

水は、汲みたてのものを使います。
紅茶は軟水との相性がよく、汲みたてで空気を多く含んでいれば尚良いです。

お湯は沸騰直後(100℃)のものを使います。
ぬるい、または沸騰しすぎたお湯は、紅茶の香気成分がよく出ないため使いません。

紅茶用のポット

鉄分の含まれたポットはできるだけ避けます。
お店でもよく見かける陶磁器か、ガラス製のティーサーバー、または銀製のティーポットを使いましょう。無ければ緑茶用の急須でも大丈夫です。

鉄分を含むポットの使用は、紅茶のタンニンが鉄分と化合して香味を損なうだけでなく、紅茶の色を黒くしてしまいます。鮮やかな水色で、香りも楽しめるように、ポットにも気を配りましょう。

相性の良いカップ

美しい水色が映えるように、内側が白のものを選ぶと良いでしょう。
かたちは、香りが広がりやすい浅いタイプを選びます。

ティーバックでおいしい紅茶の入れ方

1.温めたポットにティーバッグを入れて、その時に作りたい量の半分程の沸かしたお湯を入れて蒸らします。

2.もう一つのポットに氷を入れます。蒸らして出来上がった紅茶を、氷の入ったポットの方に一気に注ぎましょう。氷で冷たくなったアイスティーをグラスに注いで完成です。

クリームダウンとオンザロックス

アイスティーが濁ってしまう「クリームダウン」という現象は、アイスティーの中に含まれているタンニンとカテキンが、ゆっくり冷えていくなかで水に溶けこんでいられなくなり、結晶化してしまうことで起こります。

味に問題はありませんが、透きとおって見た目にも爽やかなアイスティーは、一度淹れた紅茶を、たっぷりの氷に落として、急激に冷ましていく「オンザロックス」という方法を用います。こうすることで、濁りにくく、香り高いアイスティーができあがります。

水出しの場合

水を入れた容器にティーバッグを入れて冷蔵庫で冷やせば完成です。
水出しの時間は、ティーバッグの種類と個数、水温、好みによって異なり、30分~5時間程度とばらつきがあります。

標準的なティーバッグは2gの茶葉が入っています。
ティーバッグの量の目安としては500mlの水に2~3個、750mlの容器なら3個から4個、1リットルの水に4~5個が良いでしょう。

ティーバックでミルクティー

ホットティーは2倍の濃さにします。(1カップのお湯にティーバッグ2つ使用)

フタをして、約1分蒸らします。蒸らし時間は短めのほうが、水色が綺麗で美しい仕上がりになります。
甘みをつけたい場合は、この時点でホットティーの1.5~2倍のグラニュー糖を入れ、よく溶かしてください。

氷をたっぷりいれたグラスに一気に注いで、お好みの量の牛乳を入れてできあがりです。(ロイヤルミルクティーの場合は、牛乳との比率は1:1を目安にしてください)

食事と一緒にアイスミントティー

グラスにミント(6g程度)の葉をところどころ入れながら、氷をグラスいっぱいに入れます。
その後、紅茶を氷の上から注ぎ、お好みでシュガーシロップを加えたら完成です。

ミントの代わりに薄切りのオレンジを入れてオレンジアイスティーに、ミントとオレンジでオレンジミントティーとしても飲むのも人気です。

忙しい毎日の中で、紅茶を飲んで一息つきたい、でも、ポットを用意したり洗う時間はない。働く女性やママさんも増えた現代、そんな方も多いのではないかと思います。そんなときにオススメなのが、紅茶のティーバッグを利用して紅茶を入れる方法です。

1人分から気軽に楽しめるティーバッグ

お湯を注ぐだけで1人ぶんの紅茶を楽しめるティーバッグは嬉しいアイテムですよね。茶葉の種類やフレーバーも様々なものが販売されており、気分に合わせて選ぶことができます。手軽に入れることのできるティーバッグですから、味や風味はポットを用意して茶葉で入れる紅茶よりも落ちると思われがちですが、きちんとポイントを押さえると、じゅうぶんに美味しい紅茶をつくることができます。美味しさの向上のために形状も研究されており、昔は見かけることのなかった三角形のテトラパックなども一般的になってきています。

おもてなしにピッタリな高級感のあるティーバッグも

1人ぶんずつ作ることのできるティーバッグですので、お茶会にたくさんの種類のフレーバーティーをご用意しておいて、お客様のお好みで選んでいただくのもよいかもしれませんね。昔ながらの定番のブランドオリジナルのブレンドティーだけでなく、有名な海外の紅茶ブランドから発売されている、高級感ただようバッケージのティーバッグもあります。

ティーバッグでストレートティーの入れ方

手順は簡単ですが、ちゃんと守っていただきたいポイントがありますので、きちんと確認してください。
用意するもの(1人ぶんの場合)

お好みのティーバッグ
水道水 200〜250cc
ティーカップ
カップを覆えるフタのようなもの
タイマーや砂時計など、時間をはかるもの

①水道水を沸騰させる
保温しているお湯は温度が低く、雑菌が繁殖して味が落ちている可能性があります。
忙しくても、必ず汲みたての水をきちんと沸騰させてから使ってください。
②カップにお湯を少し入れ、温める
沸かしたお湯を50cc程度カップに入れて、カップを回します。
このとき、しっかりカップが温まっているかを手で確認してください。
③カップのお湯を捨て、新しいお湯を入れる
お湯を捨てたら、カップが冷めないうちに新しいお湯を注ぎます。
湯量は、お使いになるティーバッグによりますので、説明書きを参考になさってください。
④ティーバッグをお湯に浸す
必ず、お湯を注いだあとにティーバーッグを入れます。
順番が逆になると、余計な成分まで抽出される原因になります。
⑤フタをして1分〜3分待つ
フタをするのは、待っているあいだにお湯が冷めないようにするためです。
温度が下がると、きちんと抽出されないことがあります。
待ち時間は、ティーバッグによって変わってくるので、こちらも説明書きをお読みください。
⑥ティーバッグを軽く振り、取り出す
このとき、もったいないからといってティーバッグを絞るようなことはしないでください。
えぐみが出て、その1杯まるごとが台無しになります。
引き上げながら軽く振り、旨味と香りの成分だけを紅茶に溶け込ませたら、完成です。

ストレートティーのおいしい入れ方のコツ

ティーバッグで紅茶を入れると、ポットや茶こしを用意したり洗う時間が短縮できるので、紅茶を楽しむ時間をより長くとることができます。しかし、お湯をしっかり沸騰させたり抽出時間を待つことを短縮させてしまうと、どんなに高級なブランドのティーバッグでも、味の劣化に繋がります。逆に、お湯の温度と待ち時間さえ守っていれば、美味しい紅茶を入れることができるのです。紅茶用の、目の細かい茶こしなどの特別な道具がなくてもつくれるので、初めて紅茶を楽しまれる方にもピッタリの方法ですね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の効果
    ロシア風の紅茶ケーキの作り方ハチミツ、レーズン、そして紅茶を生地にそのまま加えたロシア風ケーキ。…
  2. ティーセット
    今回ご紹介するのは、日本を代表する陶磁器メーカー、ノリタケとナルミのティーセットです。昔から愛されて…
  3. 紅茶の茶葉
    紅茶はお湯を注いで飲むだけでなく、色々な料理やお菓子に応用できる万能な素材の一つでもあります。こちら…

紅茶の最新記事

PAGE TOP