紅茶の入れ方

簡単!鍋でマサラチャイの作り方【おすすめスパイスもご紹介!】

マサラチャイとは

チャイとは、インド式の煮出しミルクティーを指します。マサラチャイは茶葉にスパイスを加え、砂糖をたくさん使うのが特長です。スパイスの効果で体を温めるほか、消化促進、疲労回復効果が期待できます。

日本でも人気があり、カフェの定番メニューとなっています。牛乳を注ぐだけでチャイ風味のドリンクができるインスタント品も販売されています。

マサラチャイの歴史

19世紀初頭、当時大英帝国領だったインドのアッサムで、野生のお茶の木が発見されました。イギリスですでに爆発的な人気となっていた紅茶を栽培するため、紅茶畑をどんどん拡大していきましたが、良質な茶葉はほとんどがイギリスに送られてしまい、インド国内には質の良くない茶葉が残りました。その茶葉をおいしくいただくために、スパイスや砂糖を加えてミルクで煮込むチャイが編み出されました。

マサラチャイにおすすめの茶葉・スパイス

インドが原産のアッサムのなかでも、ブロークンと呼ばれる細かい茶葉が適しています。スパイスは、特にショウガがおすすめです。日本でもなじみがありますし、体を温めるのに役立ちます。ほかは、シナモン・クローブ・ローリエなどお好みで、大人の味の黒コショウ入りのチャイにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

マサラチャイの作り方

チャイはインド独自の飲み方なので、イギリス式の紅茶の入れ方とは大きく違います。繊細な味わいよりも茶葉の成分を最後まで抽出することが大切なので、小さいことにこだわらずに作るのがコツです。
用意するもの(1人ぶんの場合)
アッサムの細かい茶葉 5g〜10g
水 80cc
牛乳 150cc
砂糖 大さじ1くらい
お好みのスパイス(シナモン、ショウガ、カルダモンなど)
ミルクパン
ティーカップ
①ミルクパンに水を入れて沸騰させる
新鮮な、汲みたての水道水をお使いください。
②火をつけたまま茶葉と大きいスパイスを入れ、1分〜2分くらい煮出す
シナモンやショウガのスライスなどの大きいものはこの時点で入れます。
ボコボコと沸騰させたまま、1分〜2分煮出します。
③牛乳と粉末状のスパイスを加え沸騰させる
細かいスパイスは牛乳を入れるときに一緒に入れます。
ボコボコと大きく沸騰させます。
④中火で2分〜3分、濃い茶色に変わるまで煮出す
吹きこぼれないように火を弱めます。
対流が起きて自然と全体がかき混ぜられるほどに調整してください。
だんだんと色が変わってくるのを確かめ、2分〜3分で火を止めましょう。
⑤砂糖を加え、混ぜる
砂糖はお好みですが、入れたほうがコクのあるチャイになります。
⑥茶こしを使いカップに注ぐ
高い位置から勢いよく注ぎ、泡を立てるようにします。
カップは高さのある大きめなものがよいでしょう。

マサラチャイのおいしい入れ方のコツ

ロイヤルミルクティーとは違い、牛乳をボコボコと長いあいだ沸騰させて、茶葉やスパイスの成分をしっかり抽出するのがポイントです。火にかける時間が長いので、蒸発するぶんを考えて多めに水と牛乳を使用しています。

様々なスパイスを使うと味わい深い仕上がりになりますが、ショウガだけでもじゅうぶんおいしく作ることができます。スパイスが手に入りにくい場合は、ショウガだけでお試しください。そもそも、インドでも普段から気軽に飲用されているドリンクですので、必ず必要なスパイスというのはございません。構えることなくお作りください。

また、ヘルシー志向の方は牛乳を豆乳に変えてもよいでしょう。長い間煮立てるので、豆乳の独特な香りが和らぎます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶のギフト
    紅茶ファンのお楽しみの一つ「クリスマスティー」毎年各ショップからカラフルなパッケージングのクリスマス…
  2. 紅茶の入れ方
    ヌワラエリヤとはウバ、ディンブラと並ぶセイロンティーとして知られるヌワラエリヤは、「セイロン…
  3. アイスティー
    ホットティーとアイスティーは茶葉別によってそれぞれ違う特徴茶葉にもアイスティーにするととても美味…

紅茶の最新記事

PAGE TOP