紅茶の効果

中国紅茶の美味しい入れ方と紅茶のデザートの作り方

中国は生産される紅茶の90%が輸出される国

茶園の総面積は462,000ヘクタールで年間総生産量は350,000トンです。セイロンに続いて世界第3位の茶産国となっています。しかし緑茶、ウーロン茶、加工茶がほとんどで紅茶はごくわずかの割合です。

紅茶のキームンの部分は安徽省のこと

標高300~1,200mの山間に茶園があります。安徽省南端、徽州地区祁門県に位置します。高品質のキームン茶は4~5月に生産されます。その香りは素晴らしく欄の花の香りです。天然スモーキーな香りでもあります。味は渋みや苦みが少ないことが特徴です。まろやかな味でカップすい色は濃赤色です。それは「紅茶のコニャック」と称され珍重されています。インドのダージリン、セイロンのウバとならんで世界三銘茶のひとつです。

キーマン紅茶の季節・製法

春茶は4月の中旬から下旬にかけて一芯二葉または一芯三葉で摘んでいきます。手間をかけて丁寧に作られていきます。そして8月に出荷されます。夏茶は高品質で評価が高く製法はゆっくりと乾燥させることがポイントです。オレンジ・ペコーの茶葉は細く撚られています。茶葉のツヤはしっとりと黒みを帯びています。特にキーマン茶は茶葉の大きさに関係なく風味の違いで等級を表示される事があります。

キーマン紅茶の香りと味

欄の花の香りに似た「祁門香」は東洋随一でありそれはイギリスまでにも響き渡るほど有名です。清らかな香りは長く持続する事が特徴です。普及品はヨーロッパでは「中国茶のブルゴーニュワイン」と称されています。スモーキーな濃厚な香りでまろやかな甘みとコクを楽しむ事ができます。渋みは抑えられています。フルーツたっぷりのパウンドケーキとよく合います。上級品は「祁門香」と呼ばれる蘭やバラのような優雅な香りを楽しむ事が出来ます。黒蜜のような甘さと芳醇な味わいを持ち、バランスのとれた心地よい風味です。生産量がわずかで一芯一葉で厳選して摘まれています。高価な茶葉として珍重されています。大切なおもてなしにはストレートで和菓子と合わせてみましょう。キームン茶ほど「ティータイムに合わせて茶葉を選べる、通好みの銘茶」といえます。二通りの茶葉の境界線があいまいなところがありますからその異なった美味しさと特徴を生かしましょう。

宣紅 (宣興紅茶):湖北省

宣都県の山間地で栽培されていて、キームン茶に匹敵する香りを持つ高品質の紅茶です。

寧江 (寧州江茶):江西省

キームン紅茶に似たお茶

英江 (英徳紅茶):広東省

広東省英徳県産。 柔らかな香りとまろやかな風味の紅茶です。

江 (雲南紅茶/ユンナン):雲南省

雲南省、鳳慶県の標高500~1,000メートルの高地に茶園があります。インドのアッサム茶によく似た形状で、花の香りがあり、柔らかな味とコクは中国茶の中でも唯一、ミルク・ティーに合うお茶です。

九曲紅梅:浙江省

もとは福建省武夷山の九曲で造られていましたが、現在は浙江省杭州で生産されていて、生産量が少ないので幻の紅茶と言われています。茶葉は細長く竜のようにうねっていて、すい色は鮮紅色で滋味豊かな紅茶です。

正山小種 (ラプサン・スーチョン):福建省

福建省、武夷産紅茶に中国特産の油松を燃やして燻したもので、独特のスモーキー・フレーバーが特徴です

ニルギリ紅茶が生まれた南インドのニルギリ高地

ニルギリ高地には大小合わせて2000ヵ所あまりの茶園があります。栽培面積は25,000ヘクタール、年間生産量は50,000万トンです。中国種やクローナル種が植えられています。ニルギリ茶の主産地は「クヌール」、「コタギリ」、「ウータカマンド」です。そこは南インドに位置し西ガッツ山脈が南北に連なっています。山脈からアラビア海にかけて広々とした高原あって、そこには「ブルー・マウンテン」と呼ばれる丘陵地帯があります。海抜1,000~2,000mのところにニルギリ茶の名産地があります。ニルギリの意味は、「ニル:青い、ギリ:山」です。茶の栽培が高地栽培であることや温暖な気候で日照りも良い場所です。南インドでは年2回のモンスーンがありその影響で年間の雨量が125~700ミリとたくさんの雨が降ります。この条件が茶栽培の最高の条件となります。

ニルギリ紅茶の味

高知産茶は香りが良く、爽やかなクセのない柔らかな味が特徴です。

ニルギリ紅茶のクオリティ・シーズン

1月から3月に生産される紅茶は最高品質の紅茶です。茶葉は見た目にも素晴らしくバランスよく整えられています。その香りは高地産茶の高い花の香りです。明るく柔らかなすい色と強さが特徴です。ストレート・ティーはもちろんミルク・ティー、レモン・ティー、アイス・ティーなどバリエーション豊かな万能お茶です。

ニルギリ紅茶の種類

ゴールデン・チップ:ゴールデンチップを含んだコクのある逸品です。

シルバー・チップ:香りは甘く柔らかい、口当たりのまろやかさは最高です。

クィーン:ダージリン茶似、香りと味は花のさわやかさを感じます。

ヴィンテージ:特選オレンジ・ペコー、花の香でマイルドなコクの味です。

ロイヤル:最高級オレンジ・ペコー、ニルギリ独特な香りとマイルドな味わいです。

エクセレント:高級オレンジ・ペコー、高い花の香とクセのない味です。

スペシャル:柔らかな花の香りとマイルドな味です。

ゴールデン:厳選茶、花の香りとフレッシュマイルドな味です。

シルバー:優良品、柔らかな香りでクセのないマイルドな味です。

シッキム紅茶とは

旧王国であり現在はインド領になっています。シッキムはダージリンとチベットの間に位置しています。茶産地はテミ地方のテミ茶園でのみ栽培されていて中国種とクローナル種が植えられています。ダージリン茶として認可されているシッキム茶はカルカッタのオークションで取引されます。

シッキム紅茶のクオリティ・シーズン

ファースト・フラッシュ

3~4月に生産される紅茶です。爽やかな花の香りでまろやかな風味があります。

セカンド・フラッシュ

5~6月に生産される紅茶です。高い花の香で強さとコクのある味わいです。

オータムナル・フラッシュ

10~11月の生産される紅茶です。香り豊かな紅茶を楽しめます。ストレート・ティー、軽いミルク・ティーに合います。

シッキム紅茶の種類

ファースト・フラッシュ エクストラ:ファースト・フラッシュの最高級茶、花の香りときめ細やかさと感じるまろやかな味わいです。

セカンド・フラッシュ エクストラ:セカンド・フラッシュの最高級茶、柔らかな花の香りでまろやかな味です。

セカンド・フラッシュ スペシャル:セカンド・フラッシュの特選高級茶、柔らかな香りとマイルドな味です。

紅茶と楽しみたい英国のお菓子

ビスケット、スコーン、サンドイッチ……イギリス式のティータイムには欠かせないこれらのお菓子は、紅茶と一緒に楽しむお菓子として定番中の定番といえます。手作りしても、お店で購入しても、香り高い紅茶にこれらのお菓子が添えられているとうれしいですね。あと、イギリスの家庭でも、ティーハウスでも、ポピュラーなものといえば、キャロットケーキやレモン風味のパウンドケーキ(マディラケーキ)、そして今回ご紹介するヴィクトリアサンドイッチケーキでしょうか。いずれにしても、特別な材料は使わない、家庭にある材料でできる素朴なお菓子が愛されているようです。

紅茶風味のヴィクトリアサンドイッチケーキの作り方

香り高い紅茶と楽しみたい英国菓子のひとつ、ヴィクトリアサンドイッチケーキ。高貴な名前を冠しているこのケーキ、イギリスではティータイムにはかかせない愛すべきお菓子で、バターケーキを2枚焼き、その間にいちごやラズベリーのジャムをはさむだけの、とてもシンプルなケーキです。今回はこのバターケーキにもアールグレイの香り付けをして、より香り高いティータイムを演出します。

【材料】直径18cm丸型2台使用
(スポンジケーキ)
無塩バター             120g
砂糖                120g
卵                 2コ(L玉)
薄力粉               120g
紅茶の葉(アールグレイがおすすめ) 10g
ベーキングパウダー         小さじ1

(ベリージャム)
いちご(あれば、ラズベリー)    200g
砂糖                120g
レモン汁              大さじ1

(飾り)
粉砂糖               適量

【作り方】
1.バターと卵は常温に戻しておく。型は2つとも、底と側面にオーブンシートを敷きこんでおく。紅茶の葉はナイフで細かく刻む。ティーバックを使う場合はそのまま中身を使うとよい。オーブンは180℃に予熱しておく。
※ケーキ型を1つで焼く場合は、【ポイント】を参照してください。
2.ボウルにバターを入れて泡だて器でクリーム状にし、砂糖を加えてさらに混ぜ、白っぽくふわふわになるまですり混ぜる。
3.溶きほぐした卵を数回にわけて少しずつ加え、その都度よく混ぜていく。卵を数回に分けずに多く加えると、バターが分離するので注意する。紅茶の葉も加えて、全体的にむらなく混ぜる。
4.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら加え、ゴムベラを使って、底から持ち上げてかぶせるようにして混ぜ合わせる。粉っぽさがなくなるまで混ぜて、つややかな生地を作る。
5.生地を2つの型に等分して流し込み、表面を平らにならす。180℃のオーブンで25~30分焼く。焼きあがったら、少し置いてから型からはずして冷ましておく。
6.ジャムを作る。いちごを洗ってヘタを取り、鍋に入れて砂糖をまぶして30分以上置く。いちごから水分がにじみでてきたら火にかけて煮詰める。途中でいちごを軽くつぶしながら煮ていき、とろりと煮詰まったらレモン汁を加えて冷ます。
7.冷ました生地の1枚の上に6のジャムを塗り、もう1枚の生地をのせる。表面に粉砂糖をふる。

【ポイント】
スポンジケーキではなくバターケーキではさむのが伝統の味ですが、より軽めのケーキにしたいときは、バターを電動泡だて器でふわふわにするか、卵を卵黄と卵白に分けて、卵黄はふわふわにしたバターに混ぜ込み、卵白はメレンゲにして最後にあわせて作ってみてください(卵を分けて作るときは、砂糖1/2量をバターに、もう1/2量はメレンゲに使用します)。また、ケーキ型を1つで作るときは、焼き時間を30~40分とし、冷ましてから横半分にカットしてジャムをはさんでください。中にはさむジャムは手間をかけずに、市販のおいしいジャムを利用してつくるのもいいですね。

紅茶と炭酸とフルーツで手軽なデザートづくり

スパークリングティーが多くの飲料メーカーから販売されているとおり、紅茶と炭酸水の相性は抜群です。さらに、ここにフルーツを加えると、さっぱりとした甘さが特徴の大人のデザートができあがります。そこで、ここでは紅茶と炭酸水、そしてフルーツを使った簡単レシピを3つ代表してご紹介。どれも手軽に作れるものばかりなので、食事の前に作って冷やしておくと美味しく召し上がれますよ。

大人数でシェアして食べたい ティーパンチ

【材料】(4~5人分)
茶葉 お好きなものを6g
※ティーバッグ2~3個でも代用可能です。
熱湯 700cc
フルーツの缶詰 250グラム
お好みのフルーツ リンゴやキウイフルーツなどを適量
炭酸水 250cc
グラニュー糖 50グラム
ラム酒 大さじ2

【作り方】
1.ポットが温まったら茶葉、あるいはティーバッグを入れて紅茶を作ります
2.茶葉を十分に蒸らし、紅茶ができあがったらグラニュー糖を加えてよくかき混ぜます
3.できあがった紅茶を冷やしておきましょう
4.フルーツを一口大にカットし、フルーツ缶は余分な汁を切ります
5.大きな器の中に紅茶とフルーツ(フルーツ缶)、炭酸水、ラム酒をすべて入れましょう
6.軽くかき混ぜたら完成です
7.シェアするときはカップに取り分けましょう

【ポイント】
パーティー用のデザートとして人気のティーパンチです。アルコールが苦手な人やお子さんがいる場合は、ラム酒をフルーツジュースに代用できます。使用するフルーツは甘酸っぱいものがおすすめです。また、紅茶は濃いめに淹れるようにしましょう。

冷凍ベリーと紅茶のスカッシュ

【材料】(1人分)
ティーバッグ 1袋
熱湯 100cc
炭酸水 50cc
冷凍のミックスベリー お好みの量で

【作り方】
1.下準備として炭酸水はよく冷やしておきます
2.ティーバッグで濃い目に紅茶を淹れたら、こちらも冷ましておきましょう
3.大きめのグラスを用意します
4.グラスの半分くらいまで冷凍のミックスベリーを入れましょう
5.冷ました紅茶をグラスに注ぎます
6.炭酸水を注ぎます
7.軽くかき混ぜたら完成です

【ポイント】
夏は特に美味しい、冷凍のミックスベリーを使用したひんやり紅茶デザートです。甘みが物足りないと感じた場合は、炭酸水の代わりにサイダーやジンジャーエールを加えても美味しくいただけます。また、冷凍のミックスベリーの代わりに冷凍マンゴーを入れても美味しいですよ。

フルーツジュースと紅茶のスカッシュ

【材料】(1人分)
ティーバッグ 1袋
熱湯 100cc
炭酸水 50cc
フルーツジュース 50cc

【作り方】
1.下準備として炭酸水とフルーツジュースはよく冷やしておきます
2.ティーバッグで1杯分の紅茶を淹れたら急速に冷やし、アイスティーを作ります
3.大きめのグラスを用意し、アイスティーを注ぎます
4.上からフルーツジュースを注ぎます
5.最後に炭酸水を加え、軽くかき混ぜたら完成です

【ポイント】
ティーバッグと市販のフルーツジュースで作れる簡単レシピです。フルーツジュースはオレンジやパイナップル、アップルなど甘酸っぱいものが特に合います。また余分な甘味がない果汁100%のものがおすすめです。グラスにフルーツジュースと同じ味の果物をカットして飾ると、より本格的になります。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶のブランド
    ティーカップとポットをテーブルにセットしたけれど、何か物足りなさを感じたことはありませんか?このほか…
  2. 紅茶
    ティーバッグに使用される茶葉は、加工場で選別されたときに高級茶葉として分類されなかった、質の悪い茶葉…
  3. 紅茶の入れ方
    「紅茶花伝」はコカ・コーラの中でも有名なブランドです。レモンティーやアップルティー、ミルクティー…

紅茶の最新記事

PAGE TOP