紅茶のマナー

水出し・氷出し紅茶が体に良い理由とは?

水出し紅茶、氷出し紅茶とは何か

紅茶の入れ方と言えば、ポットに茶葉を入れて熱湯を注いで数分蒸らして抽出しグラスに注ぐ、というのが一般的ですが、紅茶の入れ方には冷たい水や氷で長時間かけて抽出する水出し紅茶や、氷出し紅茶があります。この入れ方で紅茶を入れると通常の熱湯で入れた紅茶よりも渋みが少なくすっきりとした味わいになります。

抽出温度による差の利用

紅茶には渋み成分であるカテキンの一種のエピガロカテキンガレードや苦味成分であるカフェインが含まれています。このエピガロカテキンガレードとカフェインという成分は80℃以下の温度では抽出されにくくなります。エピガロカテキンガレードとカフェインは抽出する温度が低ければ低いほど抽出されにくくなります。エピガロカテキンガレードとカフェインが抽出されにくくなるということは、紅茶の渋みを抑えられるということです。

抽出温度が低い場合、エピガロカテキンガレードとカフェインが抽出されにくくなりますが、旨味成分であるテアニンは抽出されます。テアニンは熱によって壊れやすい性質を持っているので、温度が低ければ低いほど紅茶の旨味が感じやすくなります。

渋みを楽しみつつすっきり飲みたい人は温度を高く、渋みを抑えてすっきりと飲みたい人は温度を低くすることで好みの味わいの紅茶を楽しめます。

低温による抽出で得られる体に良い成分

健康の為には、強い殺菌作用があるエピガロカテキンガレードが体に良いと言われています。

水出し・氷出し紅茶ではエピガロカテキンガレードが抽出されにくいので健康に良いのかと疑問に思うかもしれませんが、エピガロカテキンガレードの代わりに、こちらもカテキンの一種であるエピガロカテキンを効率的に抽出できます。エピガロカテキンは低温でじっくり時間をかけることで抽出されやすくなります。このエピガロカテキンには、免疫細胞であるマクロファージを活性化させてくれる作用があります。

なので、風邪やインフルエンザ予防に高い効果を発揮してくれます。ただし、冷たい飲料の飲み過ぎは血管を収縮させて身体を冷やし、返って免疫力を低下させかねないので飲み過ぎには注意が必要です。

低カフェインで妊婦にも安心

カフェインの作用には脳の中枢神経に刺激を与え、心拍数の増加や興奮、不安、めまい、震え、利尿作用、不眠症を引き起こしてしまいます。また、消化管系に興奮状態をもたらして、下痢や吐き気を引き起こすこともあります。

このような様々な作用があるカフェインを妊娠中に大量に摂取すると、

1.妊娠中に必要不可欠な栄養素である、カルシウムや鉄分を尿として排出してしまう。

2.カフェインが胎盤を通じて胎児に届き、代謝能力がまだ未発達である胎児に多大な負担をかける

3.カフェインの血管を収取させる作用により、胎児への血流が悪くなり酸素や栄養が行き渡らなくなり発育不全になる。

という悪影響があります。最悪の場合流産になる可能性があるので、妊娠中はカフェインを大量に摂ってはいけないとよく言われています。

しかし、低温で抽出した紅茶にはカフェインがほとんど含まれていないので、紅茶が大好きで飲みたいのに妊娠中だから飲めないという妊婦の方にも安心して飲んでいただけます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    美味しい紅茶を飲むためにはお湯を入れた後に「ジャンピング」がしっかり行われているかが大きなポイントで…
  2. ティーカップ
    紅茶とアンズのアーモンドクリーム入りの紅茶タルトの作り方タルト生地に紅茶の茶葉を加えた、大人向き…
  3. インドの紅茶
    紅茶のアイスクリームの作り方生クリームにヨーグルトも加えて、コクと爽やかさを合わせもったアイスク…

紅茶の最新記事

PAGE TOP