紅茶の入れ方

アップルティーソーダーの簡単レシピ【ディズニーでも人気!】

暑い夏の日やのどが渇いた時に炭酸のソーダがあると、のどが潤って気持ちいいですよね。今までに紅茶のソーダを飲んだことはありますか?紅茶のすっきりとした感じと、炭酸のシュワっとした爽快感がとても良く合って、のどが渇いた時にぴったりです。アップルティーに炭酸が入ったアップルティーソーダは、おうちで意外と簡単にできます。炭酸水とアップルティーがあれば簡単に作れるので、ぜひご自宅で試してみてくださいね。

アップルティーソーダーの材料

アップルティーの紅茶の茶葉:適量
炭酸水または加糖の炭酸ソーダ:500ml (ペットボトル1本分。余ったらおかわりにどうぞ)
ガムシロップ(炭酸水を甘くしたい場合):適量
お湯:適量(グラス3分の1の量を基本に飲みたい分だけお好みで)

アップルティーソーダの作り方

アップルティーの茶葉をポットに入れます。
沸騰したお湯をポットに入れて、かなり濃いめにアップルティーを淹れます。(炭酸水でかなり薄くなってしまうので、かなり濃いめに入れてください。)
出来上がったアップルティーの紅茶を、氷を入れた大きめのグラスの3分の1ぐらいのところまで注いで入れます。
紅茶を注いだグラスの中に、炭酸水または炭酸ソーダを注ぎ入れます。
良くかき混ぜます。

できあがりです。

炭酸水で作った場合は甘さが欲しい場合はガムシロップをいれて、かき混ぜて召し上がってください。お好みでストローで飲んでも美味しくいただけます。紅茶が冷めてしまっても、このソーダは作ることはできますので、まず紅茶を多めに作っておいて、炭酸水を後で入れて何度か飲めるようにしておいても良いかもしれません。

アップルティーソーダのアレンジ

紅茶の種類はアップルティーではなくても別に大丈夫です。アールグレイやダージリンなど、またお好みによっては他の色々なフレーバーが付いているフレーバーティーなど、種類やフレーバーを変えてたくさん試すことができます。フルーツをグラスに入れてみたり、色々なアレンジができそうです。紅茶は苦くて苦手かもしれないお子さんでも、これなら美味しく飲んでもらえるかもしれませんね。

また、ダイエットでお砂糖が心配な方も、炭酸ソーダではなく炭酸水だけにしてガムシロップを一切いれなければ、普通の紅茶と同じくノンカロリーで美味しくいただけます。暑い夏の休憩時にも、またおうちでティールームの気分を味わいたいときにもぴったりのアップルティーソーダ。ティーソーダのレシピをぜひお気に入りの紅茶の飲み方のひとつに加えてみて、色々なフレーバーの紅茶を試してみてくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    イギリスではデパートなどで「ティータオル」というものをよく見かけます。Tea Towel「ティータオ…
  2. 紅茶の入れ方
    1984年に始まったこのブランドは、最初はほんの小さな会社でした。最高品質のアッサムティーのみを取り…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶専門店 Luculia*Tea (ルクリア*ティー)店舗詳細住所:〒963-8822 福…

紅茶の最新記事

PAGE TOP