耐熱性ティーセット

紅茶の注意点って?美味しく紅茶を淹れる時や美味しく飲む為のポイント

毎日の紅茶タイムは人生でも至福の時

ブレイクタイムに飲む紅茶は最高な時間です。ストレスも取りあえず収束する瞬間だと思います。紅茶はコーヒーに並んで手軽に飲む事が出来る大人の飲み物でしょうか。味を楽しむだけではなく、飲む時間を楽しむのも良いですね。では、正確な飲み方って果たしてどのように飲むのだろうか。又、美味しくなる淹れ方って有るのだろうか・・

紅茶を淹れる時の守るべき注意点や重要なポイント

1 紅茶は実は軟水がベターなんです。そして水の沸点100度が一番おいしい温かさなのです。沸騰させ過ぎずに、すぐに茶葉やティーパックを入れて蒸らしましょう。

2 鉄製素材のポットの使用はやめましょう。アルミか陶器のポットにします。鉄製ポットだと紅茶のうまみを消して色自体も黒っぽくなってしまい、見栄えも良くありません。

3 紅茶のカップは浅めのカップが望ましいカップです。香りが広がってフルーティーな美味しい紅茶を楽しめます。

紅茶を淹れる際の注意点やポイントはいかがでしたか?これらを守って入れる紅茶はいつもの紅茶をもっと深く味わえますね。あなたも美味しい紅茶をブレイクタイムに是非味わってみて下さい。

上手に注いだ紅茶を飲むときの重要ポイント

1 水分補給のために紅茶を取ることは大いにいいのですが、取り過ぎには十分注意してください。紅茶にはカフェインや利尿剤が豊富であまり飲まない方が良いと言う方も居ますが、決して神経質になる事は無いのです。100分の一程度の含有率なのですから。しかし飲み過ぎると水分過剰摂取になりがちでむくみの原因になり為に、取り過ぎには注意を。

2 紅茶を散る際には水にこだわってください。特におすすめなのは、カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が少ない、軟水や純水です。

できることなら、余分な成分をほとんど含有しない純水が理想的です。紅茶の雑味が抑えられ、また見た目にも美しい透明感を演出してくれます。

3 貧血気味の方は摂取を控えるようにしてください。緑茶もですが、紅茶にはタンニンが含まれています。それが非ヘム鉄の吸収を妨げます。

4 微量のカフェインでも胃を荒らす作用が有ります。胃腸の調子が良くない方や、胃潰瘍を患ってる方はなるべく濃い紅茶の摂取は控えましょう。しかし、胃の内部に幕を作ってくれるミルクの作用が期待されるミルクティーはセーフと言えます。ストレートティーはそのような点から気を付けて摂取してください。

5 食事中の紅茶の摂取はとても良いとされています。紅茶ポリフェノールが糖の分解を促進する酵素を抑制し、腸管に吸収される糖の量が減って血糖値上昇が抑えられるようです。その様なファクターが心配な方は食事と一緒に取ると効果が出るようです。

6 ノロウイルスや胃腸炎などのウイルスの抗体の役も買ってくれるほど紅茶は殺菌作用が強く有ります。特にノロウイルスには効果が期待されます。脱水症状になりそうな時に紅茶を採ることはとても良いとされています。

最後に。紅茶に於いての淹れる時と飲む時の覚えておく重要なまとめ

1 お湯の温度に注意する。なるべく沸騰した時点の沸点100℃並みのお湯を用意。

2 鉄製のポットは控える事

3 紅茶のカップはなるべく浅く口が広いものを用意。

4 飲む際にはカフェインよりも飲む量に注意する事。飲み過ぎはむくみのもと!

5 胃腸の調子が悪い時はなるべく濃い紅茶を飲む事を控える。

6 血糖値が気になる方は、食事と一緒に採るとベター。

こうしたポイントを抑えて美味しい紅茶をお楽しみください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 耐熱性ティーセット
    自宅のベランダやちょっとした農地で育てた「自家製ハーブ」を、本格的なハーブティとして販売を考えている…
  2. 紅茶の入れ方
    ミルクティーに適した紅茶とはミルクティーを楽しむには、混ぜた牛乳に主役をとられない、しっかりした…
  3. 紅茶の入れ方
    ティーカップや茶葉にこだわる方は多いでしょうが、時には保湿力をキープしてくれる「ティーコージー」で、…

紅茶の最新記事

PAGE TOP