茶葉

あると便利な紅茶道具・アイスティーポット4選

美味しいアイスティー作りに欠かせない紅茶道具とは?

あなたはアイスティーを作るとき、どのようにしていますか?氷でいっぱいにしたコップの中にポットの中の紅茶を直接そそぐという人も中に入るかもしれません。しかしそれでは、しっかり冷えたアイスティーを味わえなかったり、クリームダウンで濁ってしまったり、氷が溶けて紅茶の味が薄くなる場合があります。そこで便利な紅茶道具が、アイスティーポット(アイスティージャグ)です。

アイスティーポットは、ポットで淹れた紅茶をカップに注ぐ前に一度移し替えるための大きな容器のことです。美味しいアイスティーを作るのに便利なほか、アイスティーの作り置きができたり、紅茶を使ったスイーツを作るときに紅茶液の粗熱をとるためのポットとして活用することができます。そんな紅茶好きにおすすめの便利な道具・アイスティーポットのおすすめをご紹介していきます。

ボダムセイロン アイスティージャグ

ボダムセイロン(bodum CEYLON)は、1944年創業のデンマークの家庭用品ブランドです。北欧のブランドらしく、デザイン性と機能性に優れているのが特徴的。アイスティージャグもその例外ではありません。プラスチック製の手軽さと、冷蔵庫のポケットにも収まるスッキリとしたデザインは使えば使うほど愛着がわいてきます。また、取り外し可能なフィルターもついています。ティーバックをジャグに入れて直接お湯を注ぐこともできます。

ZEROJAPAN アイスティーポット(ホワイト)

日本製の陶器によるキッチン雑貨を販売している人気ブランド、ZERO JAPAN(ゼロジャパン)によるアイスティーポットです。ポット部分は白い光沢が美しい岐阜県土岐市で作られた陶器を使用、フタは新潟県燕市で作られたステンレスとなっています。装飾がないシンプルなデザインながら、形状の一部にくびれがあったり、冷蔵庫のポケットにも収まるスリムな造りだったりと工夫が盛りだくさん。どんなキッチンにも馴染むことでしょう。茶こし付きなのも嬉しいポイントです。

ZEROJAPAN アイスティーポットレトロ

先述の日本ブランド、ZERO JAPAN(ゼロジャパン)によるアイスティーポットです。レトロという名前の通り、昭和時代の雑貨に使われていたような優しい色味のカラーリングが施されています。色はバナナ、アーティチョーク、ブルーベリー、キャロット、ホワイトの5種類です。装飾は施されていないものの、個性的な形状のデザインも魅力的。冷蔵庫のポケットへの収納も可能です。茶こしもついています。

ボダム ビストロアイスティージャグ

ボダム(Bodum)は、デンマーク生まれのキッチンウエアブランドです。こちらのアイスティージャグは、北欧のキッチンウェアならではの、長く使い続けられる機能性とデザイン性が凝縮された一品となっています。素材は120度の熱湯も注げる耐熱性ガラスを使用。中には大きなフィルターがついています。ひとつひとつ手作りなので、サイズや形状が微妙に違うというのも魅力のひとつです。直径16cmの円筒型なので冷蔵庫のポケットに収めることは難しいですが、大きな取っ手が持ちやすく大容量なので、たっぷりとアイスティーを作りたい人にはおすすめです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 生のハーブティー
    数ある陶磁器ブランドの中から、ティーセットの定番の柄、花柄のティーセットに絞り込み、どこのブランドの…
  2. 紅茶レシピ
    スパイス香るチャイ風味のロールケーキの作り方紅茶葉をシナモン、カルダモンといっしょに牛乳で煮出し…
  3. 一杯の香り高い紅茶とビスケットがあれば寝ぼけ眼で目覚めた朝の一杯の紅茶、出かける前に息を整えるた…

紅茶の最新記事

PAGE TOP