紅茶のティーセット

ティーパーティーが開きたくなるティーセット五選

ティーカップとおそろいのポット、クリーマー、シュガーポット、ティーストレーナー、ケーキ皿、ケーキスタンド、これらがあればいつでも友人を招いてティーパーティーができます。そして同じ柄のアイテムがあるとついつい集めたくなるものです。でも、どんなデザインを選ぶか迷いませんか?今回各ブランドの人気のあるコレクションの中から、厳選してさまざまな柄のタイプのティーセットをご紹介します。

ウェッジウッドのティーセットの特徴

誰もが知っていると言っても過言ではない、250年以上の長い歴史を持つウェッジウッド。そのコレクションの中でも有名なのが、“ワイルドストロベリー”です。このコレクションは、最初にデザインされ、世界中の人々に愛用されています。ティーカップやポットだけでなく、サンドウィッチやケーキなどをのせるトレイやケーキスタンド、シュガーポットなどもあり、一緒にテーブルの上に置くとテンションが上がること間違いなしです。ワイルドストロベリーは、少しアレンジされた野いちごと草花が描かれたシリーズも展開しているので、そちらと組み合わせてみるのも見る人を楽しませてくれそうです。

ロイヤルコペンハーゲンのティーセットの特徴

こちらもウェッジウッドと並んで、240年と長い歴史を持つデンマークの陶磁器メーカー。王冠と3本の波のシンボルマークは見たことがある人も多いかもしれません。“ブルーフルーテッド”は一番有名なシリーズで、ブルーフルーテッドのデザインをベースにほかにも複数のシリーズが展開されています。シンプルで繊細に描かれた草花は、優雅で高貴ある雰囲気を演出してくれます。他のシリーズと組み合わせてセッティングするのも人気みたいなのいろいろ想像しながらコーディネートするのが楽しくなるシリーズです。

ノリタケのティーセットの特徴

日本を代表する明治時代から続く高級陶磁器メーカー。レースウッドゴールドというシリーズは、ペールトーンのブルーとピンクの2色で展開し、その淡い色の上に白色に描かれた花がエレガントで世界中の人々を魅了するロングセラーのシリーズです。女性と男性で色を分けて使ったり、ポットやケーキ皿などもそろえて、色鮮やかなケーキなどのスィーツと一緒に食べたくなるティーセットです。派手すぎないデザインなので、飽きずに長く愛用できそうです。

エインズレイのティーセットの特徴

エインズレイはイギリス王室や貴族などに愛用され、気品あるティーセットを扱い、王女の名がついているようにエリザベスローズというシリーズは、鮮やかなピンクに彩られたローズがエレガントに演出してくれます。同じローズ柄のティースプーンとケーキフォークもあるので、上品なローズに囲まれながら幸せなひとときを過ごすことができ、貴族の仲間入りになった気分が味わえます。

ナルミのティーセットの特徴

こちらも戦後から続き世界にも広く知られている日本を代表する陶磁器メーカーです。代表作のミラノは、透き通ったブルーの色で草花が描かれた和とモダンな雰囲気があるシリーズです。飲み口の縁や持ち手部分にさりげなくゴールドで色付けされていて、高級感も漂います。同じ柄のフラワーベースをテーブルに飾れば、さらにゴージャスなパーティーの演出ができます。

ティーカップやポット以外のアイテムもそろえよう

同じ柄のケーキ皿や、トレイ、カトラリーなどアイテムを増やすと洋服と同じようにさらにゴージャスでまとまりのあるテーブルコーディネートができます。紅茶と一緒にケーキなど軽食を盛りつけたり、お花を飾ってみたりお客様も自分も楽しめるティーパーティーを過ごすために、お気に入りの柄でティーアイテムなどをそろえてみてはいかがでしょうか。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶ビスケット
    お菓子に生姜をたくさん使う方法とは?体を温める食材ナンバーワンの生姜。でもお菓子につかうとなると…
  2. 紅茶の入れ方
    産地で見る紅茶の歴史618年 唐代、陸羽が著した世界最初の茶書『茶経』にはこのように記さ…
  3. 紅茶の入れ方
    パリのおしゃれな喫茶店でカフェや紅茶を楽しもう!カフェ・オ・レやエスプレッソを楽しみなが…

紅茶の最新記事

PAGE TOP