おすすめ

ティーポットの選び方とおすすめ

ティーポットの役割

本格的に美味しい紅茶を淹れたいと思ったら、ティーポット選びは重要です。ティーポットは、ただ単に茶葉とお湯を混ぜる場所ではありません。ティーポットの中で行われる「ジャンピング」が上手くいくかどうかで、紅茶の美味しさが変わってきます。

ジャンピングとは、空気をたっぷり含んだ熱湯と茶葉が一緒になることで、お湯の中で茶葉が上下に激しく動き回る現象のことです。このジャンピングによって、茶葉からまんべんなく香りやうま味を引き出すことができます。また、ジャンピングはティーポットの形の影響を受けやすいので、ティーポット選びは大切になってくるのです。

形状から見たティーポットの選び方

美味しい紅茶を淹れるなら、ティーポットは丸型のものがおすすめです。丸いティーポットを使うと、四方八方へ茶葉が移動しやすいため、ジャンピングが起こりやすくなります。

なお、紅茶を淹れる際にメリオールというポットを使う人がいます。メリオールとは円筒型でガラスでできたポットです。フタに茶葉の流出を防ぐフィルターがついているため、紅茶用のポットと思って愛用している人もみられます。

しかし、これは本来コーヒーを淹れるために作られたポットなので、ティーポットとしてはおすすめできません。美味しい紅茶を淹れるためには、茶葉を動かし、ジャンピングを起こさなけばいけないというメカニズムが分かると理解していただけることでしょう。

素材から見たティーポットの選び方

ガラス製に陶器製など、ティーポットにはいろんな素材のものがあります。見た目にも愛着がわくものがいいという場合は、お好きなものを選びましょう。しかし、機能面を重視する場合は陶磁器製のティーポットがおすすめです。

陶磁器製のティーポットにはふたつのメリットがあります。ひとつは保温性に優れていること。金属製やガラス製のティーポットは、熱伝導率が高いため、冷めやすい傾向にあるのです。陶磁器製のものは全般的に保温性に優れていますが、中でも牛の骨を入れて作った「ボーンチャイナ」と呼ばれる上質な磁器は、特に保温性に優れているといわれています。

陶磁器製のティーポットがおすすめであるもうひとつの理由は、紅茶の質に影響を与えないことです。鉄製のティーポットを使った場合、紅茶に含まれるタンニンに反応して香りが損なわれたり、水の色が変色してしまうことがあります。

おすすめのティーポット

ボーンチャイナの陶磁器製で丸形のティーポットとしておすすめなのが、ノリタケ食器によるシリーズです。ノリタケ食器は、日本発で世界に愛用者がいるブランド。ボーンチャイナによる白磁の美しさを引き立てるデザインが評判となっています。100年以上の歴史があり、製造工程はすべて自社で管理。職人技が光る逸品ばかりです。

シンプルなデザインで人気なのは、「アンサンブルホワイト ティーポット」。装飾は一切なく、白磁の光沢が映えます。また、流れるようなレリーフのデザインが、気品を漂わせているのも特徴的です。普段使いから来客時まで、あらゆるシチュエーションに適しています。

プレゼント用には「ノリタケボーンチャイナ ジュヌ・フレール ティーポット」がおすすめ。自社の絵付師による装飾が施されており、華やかさがあります。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. チャイティー
    紅茶専用リネン類の代表であるティータオル紅茶好きの人の中には紅茶専用のリネン類(ティーリネン)を…
  2. インドの紅茶
    ミルキーな練乳入りのミルクティー牛乳を濃縮させた乳製品の練乳は、加糖のものは「コンデンスミルク」…
  3. 紅茶王子
    「紅茶王子」は、1997年8に単行本が発売され、2004年10月までに25巻も発売されている人気漫画…

紅茶の最新記事

PAGE TOP