ティーポット

急須は緑茶だけでなく紅茶も美味しく淹れられる優れもの

 急須は緑茶だけを淹れるツールか疑問

日本では昔からお茶を美味しく淹れるのに急須が使われてきました。急須には緑茶を淹れるのに最も適していると言われてるのは当たり前な常識ですよね。俗に言う日本茶に使われてる緑茶は、香りも飲み方も紅茶とは随分と違います。そんな緑茶を扱う急須では紅茶は美味しく淹れる事が出来るのだろうか・・と疑問に感じてしまう事でしょう。では、そもそも私たちがティータイムに楽しむ「お茶」とはどういうものなのでしょうか。

あまり知られていない、お茶の種類

お茶は大きく分けると「緑茶」「紅茶」「ウーロン茶」の三種類が有る事は知ってる方も多いかと思います。

1 緑茶

不発酵状態のお茶の事です。茶の葉を蒸たり、炒たり、煮るなどし葉の酸化酵素の働きを止めて加工したものです。仕方としては、蒸し製(日本式)と釜炒り製(中国式)があります。

2 ウーロン茶

半発酵状態にした茶葉の事。 酸化酵素をある程度活用して加工したお茶をウーロン茶。酸化酵素の働きの程度によってウーロン茶(中度)が出来上がります。

3 紅茶

発酵茶。酸化酵素の働きを最大限に活用したお茶の事を紅茶と言います。発酵というよりは酸化させたお茶になります。麹で言うと熟成したものではなく、少し酸素が結びついて酸味が増してしまった麹でも言いましょうか・・上記の二つの茶葉とは少し質が違います。これが紅茶です。

その中でも緑茶は栽培や加工方法により、煎茶やほうじ茶、玉茶などに分けられます。それぞれのテイストを日本人は日本茶として味わっています。本当に日本茶は奥深いものなのです。

実は急須は紅茶を入れるのにも適したツール

緑茶はお湯を入れる時に茶葉を踊らせてはいけない、静かに入れてじわっと茶葉のうまみを出すお茶です。一方紅茶は十分にお湯の中で茶葉自体を踊らせて、茶葉の色と香りを引き出すお茶であります。抽出方法が違う二つの紅茶を急須でどうやって美味しく抽出させればいいのでしょうか。先ず、注意点としては鉄製の急須の使用は避けてください。そして紅茶の茶葉を入れる前と入れた後は必ず緑茶との香りが混ざらないようにきれいに洗ってください。それだけ緑茶はデリケートな茶葉です。それから網状のこし器が付いた急須を必ず使ってください。茶葉がカップに流れ出る事を防ぐためです。それを必ず守りましょう。

急須での美味しい紅茶の淹れ方

いよいよ急須での紅茶の美味しくまろやかに淹れる方法をお伝えいたします。

1 予め温めておいた 急須に紅茶の茶葉を大さじ1杯のお好みの紅茶の茶葉を入れます。

2 グラグラに沸騰したお湯を急須を回しながら茶葉に均等になるように勢いよく入れます。茶葉が踊るようでしたら成功です。もし上手くいかなかったら急須を静かに揺らして混ぜましょう。

3 三分程蒸らすためにタオルなどを急須に掛けて放置します。その間に茶葉は抽出されて褐色の綺麗な紅茶が出来上がっていきます。

4 茶葉に熱湯を注いで蒸らす事は実に紅茶を淹れる上での大切な工程です。急須は厚みのある陶器で出来てるもの程、蒸らすときには熱が逃げにくくなりとても良いです。薄い急須なら、二枚のタオルでしっかりと周りを覆いましょう。

ティーポットと急須の共通点

注ぎ口が急にあふれ出すのを防ぎ、茶葉の漏れを防ぐために細くなっており、茶葉にお湯が均等に行きやすい造りであったり温度の低下を防いだり出来る様に、ふたが付いて居る等共通点が多いです。ですから急須でも上記の淹れ方を守れば美味しくいただく事が出来ます。紅茶を濃く淹れたり薄く淹れたりできる事も急須ならではの便利ツールのおかげでしょう。緑茶と紅茶を楽しまれる方は是非、紅茶の淹れ方も叶うような充実した機能を兼ね備えた急須を使って美味しく紅茶も楽しんでみてください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶のケーキ
    ティーキャディの歴史と由来茶葉を湿気から守るための容器である、ティーキャディ。キャディという言葉…
  2. 紅茶の種類
    香り高い紅茶とパンの朝食朝、香り高い紅茶とおいしい焼きたてパンの朝食。これだけで、さあ一日がんば…
  3. 紅茶のレシピ
    紅茶の出がらしは再利用できる紅茶を淹れた後の出がらしをどうしていますか?そのまま捨てているという…

紅茶の最新記事

PAGE TOP