鍋で紅茶の入れ方

紅茶の茶器が勢ぞろいのブランド!ノリタケのおすすめ5選

日本を代表する茶器ブランドのひとつ ノリタケ

ノリタケは日本を代表する食器メーカーであり、紅茶好きにとっては欠かせない茶器ブランドのひとつです。ノリタケの茶器の特徴となっている乳白色の光沢は、ボーンチャイナによるもの。これは上質な磁器である証です。ここではノリタケの紅茶茶器の中でおすすめのものを代表して5つご紹介します。

イングリッシュハーブズ ティーポット(茶漉し付き)

イングリッシュハーブズ ティーポットは、ノリタケの茶器の中でも特に人気があるシリーズです。白磁にさりげなく描かれているハーブがとてもおしゃれ。飽きの来ないデザインなので長く使い続けることができます。ハーブには健やかに優しい気持ちで暮らせるリラクゼーション効果があることから、茶器のデザインに採用されました。取っ手の部分の曲線が上品でありながら個性的で、こちらも必見です。サイズは容量約600ccの小サイズと約1030ccの大サイズがあります。

シェール ブラン ティーポット(茶漉し付き)

「オールドノリタケ」と呼ばれる、クラシカルで優美な雰囲気が漂うシリーズに、現代的な要素を加えたのが「シェール ブラン」です。究極の白い食器を追求することがこのシリーズのモットーであり、茶器には絵付けが施されていません。網目のような文様が刻まれている以外はシンプルなデザイン。だからこそ生地の良さを味わえる、上質な仕上がりがあります。サイズは容量510ccの小サイズと約1120ccの大サイズがあります。ギフトにもおすすめです。

ブルーソレンティーノ ティーポット

「更紗調」と呼ばれる、インド起源の文様をモチーフとした、アジアンテイスト漂う逸品です。絵付けは青で統一されているため、とてもシック。また、ポットの形も個性的で、通常の丸みを帯びたものより、やや横に長い形状をしています。使えば使うほどに愛着がわいてくる、そんな個性あふれる茶器です。容量は500ccとなっています。

レースウッドゴールド ティーポット

ノリタケの茶器の中でも、デザインが特に可愛らしいと人気の逸品です。ポットの上部とフタの下部に淡い水色で帯状に色が付けられており、その上から白色でレース模様と小さな花が描かれています。取っ手や注ぎ口などにさりげなく金があしらわれているのが、良いアクセントになっています。おとぎ話に出てきそうな茶器なので、楽しいティータイムになりそうです。サイズは容量約520ccの小サイズと約950ccの大サイズがあります。

マークニューソン ティーポット

オーストラリア発の世界的デザイナー、マークニューソンによって手がけられた「ノリタケ・マークニューソン・コレクション」による茶器です。もともとはオーストラリアを含む南半球最大手の航空会社である、カンタス航空のファーストやビジネスクラス向けに作られた茶器となっています。そのため、機能性や収納性が重視されており、装飾は一切施されていません。そのため、ノリタケのボーンチャイナの美しさのみで勝負しています。また、形状面では丸みをなくすことで安定感に配慮。現代的なデザインで日常使いに幅広く活用できるので、ギフトにも最適です。サイズは容量約450ccとなっています。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. ピーチティー
    紅茶を使ったレシピは色々ある中で、今回はバナナと紅茶の香りが楽しめる「バナナミルクティーマフィン」の…
  2. 紅茶のケーキ
    紅茶とドライフルーツがたっぷり入ったビスケットの作り方朝、昼、夜と一杯の紅茶でリラックスする毎日…
  3. 紅茶の入れ方
    レモンティーとはふつうレモンティーといえば、熱い紅茶にレモンの果実のスライスを浮かべたも…

紅茶の最新記事

PAGE TOP