紅茶の入れ方

紅茶の道具・ケトル【ジャンピングが起きやすい熱伝導がいい銅製】

美味しい紅茶を飲むためにはお湯を入れた後に「ジャンピング」がしっかり行われているかが大きなポイントです。水中に酸素が多く残っているとジャンピングが起きやすくなります。酸素を多く残すためには短時間でお湯を沸かすことが必要です。銅は熱伝導が優れているので紅茶を入れるのに、銅製のケトルはぴったりです。

銅製のケトルでお湯を沸かすと水道水に含まれる塩素が分解除去されるのでより美味しい紅茶を飲むことが出来ます。銅製のケトルで沸かしたお湯はステンレスのケトルで沸かしたお湯とは違ってとてもまろやかで、1杯目の紅茶だけではなく、2煎目や3煎目も美味しい紅茶を楽しむことが出来ます。

また、胴は除菌抗菌作用に優れているので、安心して使用できるのも嬉しい限りです。

銅製はシンプルなデザインのケトルが多いのですが、安心・安全の日本製を探してみました。

純銅 コスミックケトル

メーカー:新光金属株式会社
サイズ:202φ×H85mm
容量:2L
素材:本体・蓋 銅 ハンドル ステンレス 籐蔓巻き
仕上げ:クリアラッカー塗装

1990年に通商産業大臣賞を受賞したロングセラーのケトルです。半円球の形が愛らしく、口が広いのでケトル内の掃除も楽々です。使うごとに味が増してキッチンの必需品になること間違いなしです。多くの銅製品を製作している新光金属株式会社だからこそ、胴の美しさを最大限にいかしています。

タケコシ 銅クラッシーケトル

メーカー:タケコシ
サイズ:本体 約230×195×172mm (除ハンドル部分)
容量:2.5L
重量:約720g
素材:本体・蓋 銅 ツマミ・ハンドル 木製 (IH電磁調理器不可)

槌目タイプのお洒落なデザインで、ケトルの下部がぽてっとしている所もかわいらしく愛着がわくケトルです。ハンドルとツマミに木を使っているので、温かみも伝わってきます。熱伝導がいい銅製ですが、ハンドル部分が木なのでお湯を注ぐ時にも安全です。

燕三 純銅ケトル

メーカー:和平フレイズ株式会社
サイズ:約233mm×188mm×221mm
容量:2.4L
重量:約705g
素材:本体 純銅
仕上げ:内面 ニッケルメッキ 外面 研磨仕上げ

Simple is the bestと言わんばかりのすっきりとした昔ながらのスタイルのケトルです。「新潟から日本を元気に!」を合言葉に立ち上げられた越後屋プロジェクトの一環として和平フレイズ株式会社がMade in Japanにこだわって作った燕三シリーズの銅製ケトルは、クラシカルな雰囲気が昭和を思い出させるぬくもりのある表情です。使い込むたびに変わっていく銅の魅力が最高のティータイムをプレゼントしてくれます。

食楽工房 銅製ケトル

メーカー:株式会社アサヒ
サイズ:約径18×21×H16.5cm 深さ 約10.5cm
容量:2.4L
重量:約700g
素材:本体 銅
仕上げ:内面 メッキ仕上げ

株式会社アサヒが自信を持って生産している「食楽工房」シリーズのおしゃれでかわいいケトルです。奇抜で派手なデザインではなく、使う人がいかに使いやすいかに最大のポイントを置いて作られたケトルは、シンプルな外観とは違って、熟練の技が本当の使いやすさを教えてくれます。

銅製品使用時の注意

銅製品だけではありませんが、空炊きは厳禁です。溶接部が溶けて破損したり、火災・火傷の原因となりますのでご注意下さい。

初めて使用する時は家庭用の中性洗剤で洗ってから水を入れて沸騰させて下さい。

使用し続けている間白い付着物が発生する場合があります。これは塩素が分解除去されるときに発生するものです。塩とお酢を1:1で混ぜ合わせたものを布等につけて磨くと取り除くことが出来ます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    「時間」という、貴重な存在を知っていますか?砂時計の砂が落ちている状況を眺めていると、不思議な感覚に…
  2. 紅茶ビスケット
    お菓子に生姜をたくさん使う方法とは?体を温める食材ナンバーワンの生姜。でもお菓子につかうとなると…
  3. 紅茶の入れ方
    水出し紅茶とは紅茶に限らずお茶というのは普通お湯で抽出します。アイスティーなど冷たい飲み物を…

紅茶の最新記事

PAGE TOP