紅茶の入れ方

紅茶の道具-コースターとは

紅茶を飲むときに意外と必要になるのが、紅茶の下に敷くコースターです。机でパソコンをしながら紅茶を飲むときも、本を読みながら紅茶を飲むときも、キッチンでちょっと紅茶を飲むときも、コースターを紅茶の下に敷くだけで、紅茶の熱さでテーブルを傷めてしまうことや、水滴がついてしまうのを防ぐことができて、とても便利です。コースターは世界中で色々なものが既に売られています。現在のようなコースターはいつ頃から普及したのでしょうか。日本ではどのようにして普及したのでしょうか。また、コースターの簡単な作り方も合わせてご紹介します。

コースターの歴史

1860年にドイツのメーカーが、商品のロゴの入ったコースター(ビールマット)をダンボール素材で作り始めました。その後、木材のパルプを使ったコースターがドレスデンで発明されました。今では、いろいろな会社が様々な素材でコースターを作り、各国で供給しています。日本では戦後、アメリカの進駐軍のクラブで利用していたコースターが実用的だということで日本にも広まり、普及しました。

コースターの作り方

コースターには色々な素材がありますが、お気に入りの布があれば簡単に作ることができます。ミシンでも手縫いでもできます。

お気に入りの布を用意して四角く裁断します。ご希望のサイズ+縫い代1㎝のサイズに裁断します。(カップなどの下に敷くので、少ししっかりした厚めの布の方が良いかもしれません。もし薄手の布を使いたい時は、接着芯を用意してアイロンで貼りましょう。)
表同士を合わせて、待ち針で止め、四角い布のの裏側の部分を、縁から1cm開き口の部分を残して(開き口部分は縫わない)一周縫います。
返しやすいように、糸の部分を残して角の部分をカットします。
縫わないで残しておいた開き口から、布を表に返して、表側が外に出るようにします。
アイロンをかけて形を整えます。
外側から2mmの縁を一周縫います。

できあがりです。

コースターを縫う前に布に刺繍模様を入れるのも楽しいですね。刺繍をメインにするのなら、記事は刺繍用の生地を買って、刺繍してからミシンや手縫いをして形を作りましょう。

コースターの楽しみ方

お気に入りの美味しい紅茶をお気に入りのコースターに置いて飲んでみてくださいね。おうちがティールームになった気分で素敵な気分で紅茶が飲めるかもしれません。この紅茶にはこのコースターと決めて用意しておくのも良いですね。おうちでティーパーティーする時には、お手製のコースターをお友達にも見せてあげてくださいね。コースターから色々と話の花が咲いたら、いつも飲んでいる紅茶もより美味しく、楽しい気分で飲めますよね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    美味しくてついつい飲みすぎてしまう紅茶。紅茶を飲みすぎたら夜眠れなくなってしまった経験がある方も多い…
  2. 紅茶の入れ方
    東北地区に、行ったことはありますか?青森県のねぶた祭りや会津の若松城など、古き良き時代の歴史を感じれ…
  3. 紅茶のお菓子レシピ
    アメリカの伝統的なお菓子と紅茶アメリカは紅茶というよりコーヒーが主流のようなイメージがありますね…

紅茶の最新記事

PAGE TOP