スージークーパー

KINTOキントーとスージークーパーの人気のティーカップセット8選

1972年に設立された日本のキッチンウェア、インテリア雑貨を手掛けるメーカーのKINTO。そのコンセプトは、愛着が生まれる「使い心地」と、生活空間に美しく自然に溶け込む「佇まい」の調和を大切に企画されています。その中でUNITEAというガラスでできたティーポットのシリーズは、すべてのアイテムの口径サイズが統一されているので、なんと自分の好みにあったティーポットにカスタマイズできるロングセラーのシリーズです。万が一破損しても、パーツを取り外して新たに買い足せるので安心。日本だけでなく、アジアやヨーロッパ、またレストランやカフェなどたくさんの人に愛用されているKINTOのティーアイテムをご紹介します。

三種類の材質から選べる蓋とストレイナー

本体となる、ポットの部分は統一でガラスなのですが、蓋、ストレーナーの材質がそれぞれ、ステンレス、ガラス、高品質プラスチックから好きなのが選べるんです。インテリアの雰囲気、またお茶の種類によって、自分でカスタマイズできるのはうれしいですよね。蓋とストレーナーの材質を変えるだけで、同じポットとは思えないほど雰囲気が変わります。それぞれ材質、サイズによって値段は変わりますが、ガラスだと蓋とストレーナーのセットが1000円以下で手に入るので、新しいものを買うよりもコストが抑えられ、収納の場所もとられないので、気分によって変えてみるのもいいですね。ポットのサイズは500ml、720mlから選べて、さらにポットの蓋とストレーナーを取り外すと見た目すっきりのジャグとしても使えます。同じシリーズのガラス製のカップにも、ストレーナーを取り付けられるので、一人で飲む時も便利です。プレゼントとして贈る人も多いみたいです。

ワンタッチティーポット

ステンレスの蓋とストレーナー(茶こし)が一体となった、手間なく簡単に紅茶が入れられる便利なティーポット。ほどよく丸みのある形が上品なデザインで、茶葉がジャンピングしやすくなっています。ストレーナーで茶葉を漉さないので、ポットの中で茶葉がゆっくりと開いて、ジャンピングする様子を見ることができます。パーツがシンプルなので、お手入れが簡単なのもうれしいですね。また、同じシリーズの耐熱ガラスとステンレスのカップ&ソーサーと組み合わせて使うと統一感がでて、より上質なティータイムになります。

さらに特別なティーセットを

UNITEAのシリーズには、ポットとカップだけでなく、ガラスでできたストレーナーホルダー、ミルクピッチャー、シュガーポットも展開しています。コロンとした形が可愛らしく、ティーポット、カップと一緒にテーブルに置いたらお茶の時間がさらに楽しくなりそうです。そしてメイプル素材の木製コースターと、ガラスを置いても滑らないトレイと合わせればガラスと木の組み合わせで、あたたかみがでて気分も落ち着きます。

ガラスのティーポットでティータイムを豊かに

初心者の方でもおいしい紅茶が飲めるのが、ガラスでできたティーポット。その理由は中の茶葉の様子や色、ジャンピングしているのがわかりやすいからです。ガラスだと割ってしまいそうだと不安になりますが、紅茶の色を楽しむことができるのもガラスならでは。そして、ガラスの持つ繊細な存在感が紅茶をよりおいしく上品に引き立たせてくれます。あなたもぜひ、自分に合ったティーポットをカスタマイズしてみてください。

子どもの頃から自然に触れて絵を描くのが好きだったスージー・クーパーは、第一次世界大戦を経験した後、グレイ社に入り女性陶器デザイナーの道へ歩み始めました。そしてさまざまな苦労や経験を乗り越え、独立してアトリエを立ち上げ、現役デザイナーとして60年間活動を続け1995年にこの世を去ったそうです。今でも人気はおとろえず、イギリスの陶器デザイナーの代表として、数々の作品を残されています。

スージークーパーの茶器の種類

パトリシアローズ(Patricia Rose) グリーン(Green)

ほんのりとした優しさあるピンクカラーのバラ「パトリシア」をモチーフに描かれた、スージー・クーパーの代表作でもある作品です。カラーの種類も豊富で、英国でも人気があるティーカップ&ソーサーですよ。

ウェディングリング(Wedding Ring)

パステルカラーのグラデーションスタイルは「ウェディングリング」をイメージして描かれた、スージー・クーパーファンにはたまらない逸品ですよ。キュートな色彩&デザインで、イギリスでは大人気の「結婚指輪ティーセット」です。

プランタン(Printemps)

スージー・クーパーが独立した1936年の作品で、英国のスワンシー地方の清楚な花々が描かれたティーセットです。優しい春色の風が流れる、季節を感じるデザインに仕上がっていますね。

スージー・クーパー (海に揺れる華)

「Sea Annemone」をイメージして描かれたデザインは、海の華のような別名「海のアネモネ」スタイルで、見るモノを惹きつける不思議な魅力ある作品ですね。

ドレスデンスプレー(青緑)

淡いエメラルドグリーンの色調でデザインされた、スージー・クーパーの女性らしい繊細なタッチあるスタイルですね。使わずにディスプレイで、飾っておきたい逸品です。

「最後のロマンス」セット

ほのかなピンクカラーで、優しさあふれるスタイルに仕上がっていますね。大切なお客様のおもてなしに、お気に入りの紅茶と一緒に出したい陶器セットです。

ブラックフルーツ「チェリー」

スージー・クーパーの大人な雰囲気あるデザインで、甘い果実の「チェリー」をデッサン画風に描かれた作品ですね。自然を愛した彼女だからこそ、絵として完成する技となり、後世に残っていくのでしょう。

ブラックフルーツ「アップル」

熟年の時に描かれたアップルは、何を想ってデッサンされたのでしょうか。シンプルすぎるスタイルは、その空間にこそ意味があるのかと思ってしまいますよね。

スージークーパーを用いたティータイム方法

日本でも人気あるスージー・クーパーは「私には「できない」という言葉はないわ」という発言と共に、自ら人生を切り開き陶芸デザイナーとして一生を添い遂げました。アーティストという形には、さまざまな人間模様も描かれていきます。自然を心から愛した彼女だからこそ、繊細な優しいタッチで人々の心へと響くデザインが生まれ、今現在も人気を保っているのでしょう。お昼のティータイムにスージー・クーパーを取り入れて、笑顔こぼれる癒しのティータイムにしてみるのもオススメですよ。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    水出しアイスハーブティーの特徴ハーブティーというと、ホットのティーを思い浮かべる方が多い…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶には、ダージリンやウバ、アールグレイなど、同じ紅茶でも収穫した産地や茶葉のブレンド具合によって様…
  3. 紅茶の入れ方
    日本生活環境支援協会とは日本生活環境支援協会は生活に関わるあらゆる技術や知識に関して一定以上の能…

紅茶の最新記事

PAGE TOP