紅茶スコーン

紅茶・緑茶のテアニンやアールグレイの健康と美容効果

紅茶・緑茶の旨み成分

主には緑茶の玉露や抹茶に多く含まれています。興奮を鎮めて緊張を和らげます。

さらに、心と体をリラックスさせる働きがあります。また脳に入る事で様々な働きがある事が分かっています。

神経伝達物質のドーパミンやセロトニンの濃度を変化させたり血圧を上昇させないようにする働きや脳神経細胞保護する働きがあります。さらに記憶力や集中力を高めます。

茶葉の種類によりテアニンの含有量は違う

さわやかなうま味と甘味を引き出す役割があります。テアニンはお茶やツバキ、サザンカなどの一部の植物にのみ存在する事が知られています。

緑茶、ウーロン茶、紅茶などのお茶に含まれています。アテニンは若い茶葉にたくさん含まれていますが、日光の当たり具合いでその含有量はかわってきます。

玉露の場合は日光を遮って日かげで育てられるのでカテキンの生成が抑えられます。茶葉中のテアニンは豊富に含んだままの状態になります。テアニンは若い茶葉に含まれているので一番茶のなかでも新芽にたくさん含まれています。

紅茶・緑茶を飲むとリラックス効果あり

お茶を飲むとホッとできませんか?これはテアニン効果です。

お茶に含まれているテアニンを摂取して約40~50分過ぎるとアルファー波が出現します。脳が興奮している状態を和らげてくれます。ストレスを受けている心をリラックスさせます。

テアニンによる素晴らしい癒し効果は科学的にも証明されています。

テアニンとカフェインの関係

お茶を1杯飲むと約10~30mgのカフェインを摂取する事になります。カフェインを飲むと興奮したりしますがテアニン効果によりそれらが抑えられると考えられます。

紅茶・緑茶のテアニンの効果の種類

リラックス効果:50㎎のテアニンを飲んで約40~50分経過すると脳からのアルファー波が増加したと実験結果が報告されています。さらに濃いテアニンを飲むとアルファー波が強く表れることも分かっています。

冷え症改善:末梢血管の血行障害で起きる冷え症ですがテアニンを摂取する事でアルファー波が増加しますから筋肉が弛緩して血管がひろがる働きが期待できます。血行が良くなる事で体の中から健康管理を実現できますね。

ぐっすり眠れる:若い健康な男性を対象に、就寝1時間前にテアニン200mgを6日間摂取させる実験をしました。すると寝つきが良くなったといいます。途中で目が覚める事がなくなったために熟睡できることが分かりました。テアニンにより睡眠効率が改善されています。睡眠中の疲労回復がスムーズになることで起床時の爽快感を得ることができました。

女性の病気の改善:月経前症候群の自覚症状のある24歳~49歳の女性を対象とした試験を実施しました。1日200mgのテアニンを排卵日から月経開始日までの約2週間摂取してもらいました。テアニンを摂取する事で月経前症候群症状の改善がみられたという結果が出ています。

血圧の上昇を抑える:テアニンには過剰なグルタミン酸の働きを抑える作用がある事が分かっています。体内の組織に栄養を送る血液の補給や血流が途絶えるなどの原因で起こる局所の貧血による脳神経細胞の障害を軽減します。さらに神経細胞を保護することがわかっています。

フレーバーティーの先駆けとも言える紅茶・アールグレイは、上質な紅茶の茶葉と、柑橘類であるベルガモットの爽やかな香りがマッチして、飲む人の体に様々な良い効果を与えてくれます。

紅茶は基本的に豊富なミネラルやビタミンなど、体に良い成分が含まれていることで知られていますが、その紅茶にベルガモットの成分が加わることで、更に効果的な効能をもたらす飲料となっているのです。

精神安定・リラックス効果

イタリアで栽培している柑橘類・ベルガモットは、その香りの豊かさから芳香剤や香水、アロマにも使用されています。ベルガモットの香りの主成分であるリモネン、酢酸リナリル、リナロールなどは鎮静効果を持ち、摂取することで気持ちを落ち着かせて、心に安心感を与えます。

紅茶を飲む時に、香りも一緒に吸い込むことで、気分転換やリラックスの効果を得られます。寝る前に飲めば心が穏やかになり、安眠・快眠にも役立ちます。

ホルモンバランスを調整する効果もあるので、精神的な体の不調にも効果的です。不定期に起こるイライラや、プチ鬱症状なども改善できます。

感染症の予防

ベルガモットには殺菌・抗菌作用のある成分が含まれているため、うがい薬の原料としても用いられます。紅茶にも殺菌成分が含まれているため、ダブルの効果を実感することができます。

摂取することで口内の殺菌にも役立ちます。また、ビタミンが豊富なため、体の抵抗力を上げて風邪や感染症の予防に役立ちます。

また、皮膚や泌尿器から感染する病気の予防や治療にも役立つという研究結果が出ています。

抗菌作用

ベルガモットから抽出される精油に限り、大腸菌などの体に有害な菌を死滅させる効果が確認されています。ヨーロッパでは、この精油を医療に用いている国もあります。

ベルガモットの精油を混ぜたアールグレイであれば、この効果が充分に期待できます。

血行促進・冷え性改善・整腸効果

ベルガモットの主成分・リモネンには、血流を良くする効果があると立証されています。その結果、体内に血液が効率よく循環することで体が温まり、冷え性の改善にも繋がります。

さらに、体温の上昇は内臓器官の働きも助けます。体が温まって胃腸が活発に動くようになると、消化の効率がよくなり、胃もたれや便秘の解消にも大きな効果をもたらします。

美肌効果・アンチエイジング

肌を美しく保つには、ビタミンCが必要不可決とされています。ビタミンCは、表皮でコラーゲンを生成し、瑞々しい肌を維持するために欠かせません。抗菌作用を持ち、肌荒れやニキビの予防にも役立ちます。

紅茶には元来、そのビタミンCが豊富に含まれているため、美容効果が期待されていました。その中に、更にベルガモットに含有するビタミンCが加わって、美肌効果が倍増しています。

加えて、紅茶に含まれるハイドロキノンには、シミやくすみを減らして美白を助ける効果があります。老化の原因となる活性酸素を除去する成分であるテラフラビンや、フラボノイドの効能でアンチエイジングも期待できます。

心臓病の治療

ベルガモットが含有する酵素・ヒドロキシメチルグルタリルフラバノンには、心臓の動きを活性化して正常に治す効能があると発見されました。

今後、心臓病の治療薬としても活躍が期待されています。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶と言えばアフタヌーンティーで有名なイギリスのイメージですよね。同じヨーロッパのドイツでも多くの紅…
  2. 喫茶店
    アロマ療法で良く使われているハーブハーブは今、色々な種類が出回っています。香りだけを楽しむのでは…
  3. 紅茶のティーセット
    ティーカップとおそろいのポット、クリーマー、シュガーポット、ティーストレーナー、ケーキ皿、ケーキスタ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP