紅茶の入れ方

毎日続けて飲みたい!紅茶の健康によい効果2選

紅茶の健康によい効果

紅茶は実はかなりの健康食品って知ってましたか??

市販の午後の紅茶や紅茶花伝といったようなものにはもちろん多くの砂糖や乳脂肪分などが

含まれてはいますので、一概に健康食品!と胸を張っていうことはできませんが、

家でティーバッグを使って作る紅茶などに関しては混じり気が一切ないので、

紅茶本来のもつ健康的成分が身体に良い効果をもたらしてくれます。

紅茶の酸化防止効果

紅茶はその製造工程からして発酵茶に分類されます。通常ならば抗酸化作用のある茶カテキンがない紅茶は、茶カテキンが酸化され、抗酸化能が無くなっているかのように誤解がありますが、紅茶のテアフラビンは未酸化のカテキンよりも強いとされています。 最近の医学の研究では呼吸による酸素の働きが体内エネルギーの基とされています。しかし同時に不可避的に微量生ずる活性酸素が細胞組織の劣化、血液中の脂質の過酸化を起こすとされているのも事実です。このとき活性酸素を消去する酵素類が生体防御機構として働きますが、過剰な活性酸素の生成に対しては、飲食品中の抗酸化性物質が対応しなけらば活性酸素の防止が出来ません。抗酸化ビタミンといわれるビタミンA,C,Eなど、ひいては果実や緑黄色野菜の摂取が勧められるのはその活性酸素防止を抑えられるからです。 しかし緑茶カテキンや紅茶ポリフェノールもわれわれにとって重要な生体内抗酸化物質であり、茶の飲用により生体内の活性酸素、フリーラジカルを消しされば、それらによって引き起こされる生活習慣病(以前は成人病といわれたがん、高血圧,脳卒中,心臓病,糖尿病など)の予防,老化の抑制(例えば老人性シミの発生防止,血管等体の組織がもろくなるのを防ぐ)、メラニン色素生成を防ぐ美容等には充分効果があるのです!

紅茶のダイエット効果

最近ひそかに話題になっているのが「お茶を飲んでむくみを取る」「紅茶でダイエット」!

など茶によって美容効果を期待する、というもの。

特に「紅茶ダイエット」は雑誌にも取り上げられるほどなんです!

茶カテキンのもつ糖分分解酵素の阻害作用がダイエット効果を示すことから通常のお茶を飲むよりも紅茶を飲んだほうがダイエット効果が期待できるんです!紅茶内のポリフェノールに関しても同様なことがいえますので2重効果!! ただし紅茶を飲むのに砂糖やミルクを大量に加えたり、同時にケーキなどを大量に食べてはダイエットはできないと考えてください。基本的にはそこまで強い作用ではないですし、強制力もありません。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. おすすめ
    午後のひと時を優雅に過ごす・・・そんなイメージがある紅茶ですが、最近はいろいろな効果があることで人気…
  2. 紅茶の入れ方
    ティータイムを華やかにしてくれる安心・安全の日本製ティーカップを探してみました。手作りの温かさが、ほ…
  3. 紅茶の茶葉
    紅茶とバナナのショートケーキの作り方紅茶入りのしっとりしたスポンジケーキをスライスして、クリーム…

紅茶の最新記事

PAGE TOP