紅茶の入れ方

英国紅茶ブランドアーマッドティーの歴史と通販で人気の茶葉2選

アーマッドティーの高品質・良心価格という基本理念

1953年 アーマッド社は誕生しました。アーマッド社はアジアで創立された会社ですが創立者のアーマッド・アフシャー氏はイギリスで紅茶のブレンド技術について学んだことが始まりです。ブレンド技術だけに限られない幅広い考えで良質の茶葉の選定・最適な発行方法などのプロセスをマスターしました。イギリスに向けてバルク紅茶を輸出する事を始めました。ここでアーマッド・ティーの基盤を作り上げ、またアーマッド社の基本理念といえる高品質、良心価格はここで培われたといえます。

1980年 イギリスで自社の紅茶を販売しお客様に提供するようになりました。サザンプトンでティー・ショップを開くために現在の当主であるラヒーム・アフシャー氏がすべてに責任を持ちました。高品質、良心価格の基本理念を守りながら上流階級だけが飲む事が出来た高級紅茶の品質を維持しながら価格をリーズナブルに提供することをポイントにしました。一般市民に高品質、リーズナブルな価格で提供する事はすぐに有名になり反響が高まっていきました。

人気の茶葉:アーマッドティーのアールグレイ

「お店と同じ紅茶を家でも飲みたい」というお客様のアールグレイに対する熱烈な要望がありました。

1986年 このことがきっかけで缶入りアーマッド・ブランドが立ち上げられました。その後、20年間紅茶を愛する世界の人々に親しまれてきました。

伝統的なイギリスのティータイムの種類

1日に7回のティータイムがあったといわれる古きよき大英帝国時代でした。
アーリーモーニングティー
一杯のモーニングティーで清々しいお目覚めタイム!
ブレックファーストティー
たっぷりのミルクを入れた濃厚なミルクティーを一杯いただきます。伝統的なイングリッシュブレックファーストには欠かせません。
インブンジス
勉強や仕事の合間に楽しむティータイム!午前10時ごろのリラックスタイムですね。
アフタヌーン・ティーブレイク
「午後のおやつ」タイムですね。気軽にお茶とおしゃべりの時間、クッキーやお菓子を用意してゆっくりと楽しみます。
アフタヌーン・ティー
「午後のお茶会」伝統的ティーパーティーで社交の席です。サンドイッチ、スコーンなどたくさんのお菓子が用意されます。
ハイティー
「ミートティー」と呼ばれます。労働者階級の庶民の夕食から生まれた習慣です。現在ではコンサートや劇場へ出かける前にとる簡単なティータイムのことをいいます。
アフターディナーティー
就寝前のくつろぎのひとときを過ごす時間です。薄めのミルクティーやお好みのアルコールを加えていただきます。

イギリスの伝統的ティータイムは様々ですね。くつろぎのティータイムはお茶の文化を生み出しました。朝の目覚める瞬間から気軽に楽しむティータイムや社交的なホームパーティーまで人との交流の場には必ずお茶の交流があるようです。イギリスの王室や上流階級が作りあげたお茶の文化そのままが現在のイギリスのティータイムに生きてます。

人気の茶葉:AHMADイングリッシュティーNO1

アーマッド・ティーのように高品質、良心価格を貫き通してきた紅茶の味はイギリスのお茶の文化にピッタリです。信頼できる品質と価格で50年以上の歴史を誇るアーマッド・ティーです。こちらは、少し渋みがある大人の味で、全体的にすっきりとした味わいです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の通販
    このブランドの始まりは1867年、帝国ロシア時代のサンクトペテルブルグでした。創立者のパヴェル・クス…
  2. ロールストランド社とはロールストランド社は1726年にスウェーデン王室御用達の釜として創業した、…
  3. 紅茶と一緒に過ごすブレイクタイム仕事や家事がひと段落すると、ホッとするために紅茶でブレイクタイム…

紅茶の最新記事

PAGE TOP