紅茶の入れ方

インド紅茶の歴史【もっとティータイムが楽しくなる紅茶の知識】

1600年にイギリスに紅茶の始まりとなる東インド会社設立

18世紀初めまで中国との貿易を独占していました。インド経営を重点しておりインド国内では、ボンベイやベンガル、マドラスなどに取引所がありました。また植民地化を推進する存在でもありました。

1763年 フレンチインディアン戦争が起こります。このあたりからイギリス東インド会社はその特権的な地位を徐々に失っていきました。特に会社の内部、財務不正や、汚職、紅茶の密輸などで苦しんでいたといわれています。

1823年にロバート・ブルース少佐が紅茶のアッサム種を発見

インドのアッサムの東北で自生している茶の茂みをロバート・ブルース少佐が発見しました。その後、弟のチャールズ・ブルースは、この自生の茶樹や茶種に関心を持ちカルカッタ植物園長のウォーリック博士にすぐに送りましたが、すぐには認められませんでした。ブルース兄弟の功績がすぐに認められなかった理由として本格的にインドの紅茶生産に力を注ぐ必要性を感じられなかったからです。その理由としては当時、イギリス東インド会社は中国と独占貿易をしていたことがあげられます。

1833年 イギリス東インド会社は中国との貿易独占権を失います。ここから本格的なインド紅茶製造が始まります。これが転換期となり翌年、1834年インド提督のウィリアム・ベンティック卿により、「茶業委員会」が設立されました。当時ロバート・ブルース少佐が発見したアッサムの自生の茶の種はインド固有のものではないと考えられました。茶業委員会のメンバーは中国に送られ、中国種の茶の種を輸入してカルカッタの植物園に植えられて栽培されました。

紅茶に利用するためにアッサム種の栽培を始めたチャールズ・ブルース

これと同時にチャールズ・ブルースは茶園の開発をすすめました。土地を開拓して自生していたアッサム種の茶の茂みから葉をむしって実験も行なっていました。また中国からふたりの紅茶の専門家を呼んで助けをかりながら茶製造について着実学んでいきました。これらすべては難しい過程でした。大自然の中での開拓ですから野性の動物に襲われたり原住民に襲撃されたりしながら命がけの開拓でした。それでも懸命に茶園の開拓はすすめられました。

アッサム種の成功!紅茶の誕生

1838年 アッサム産の茶葉がイギリスに向けて送られました。その翌年にはロンドンのオークションにかけられます。当時のバイヤーたちは高品質、優秀な茶葉であると評価しました。アッサム茶は中国茶とは違う種類であることが分かり、このような立派な成績で成功を収めることができました。

1845年 イギリス人フォーチュンによって、原料が同じ茶樹から緑茶と紅茶は生産されることがわかりました。また中国種よりも大量生産が可能になりその理由としてアッサム種は茶葉が大きいためであるといえます。さらに中国種とアッサム種の交配が進められました。当時のイギリスの植民地であったインドやスリランカでは紅茶の栽培が始められるようになったことから、イギリスの紅茶文化は大流行しました。

1850年代になるとヒマラヤの山のふもとでダージリンの茶栽培が開始されました。インド茶の質の良さはたくさんの人たちから認められていきます。

その後インド茶の輸出量は年々拡大されていきます。

1885年にはインド紅茶の年間輸出量は3万5274トンにまでなりました。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶を飲まない人の中には、「紅茶に含まれる苦味や渋味が嫌い」という理由を挙げる人が多くいます。…
  2. 紅茶の入れ方
    シッキムの歴史元はシッキム王国という独立した国でしたが、1975年にインドに帰属したことによ…
  3. 紅茶の茶葉
    チャイはインドの有名なミルクティーチャイとはスパイスを加えた、ミルクティーです。インドの食卓で日…

紅茶の最新記事

PAGE TOP