ピーチティー

クリッパー紅茶の歴史とフェアトレードの意味やショートブレッドとクッキーの違い

クリッパー紅茶の歴史

1984年 マイク&ロレーヌ・ブレームは熟練のティーマスターとして活躍しながらも大きな夢がありました。優れた商品と信頼のある茶葉を調達してお茶とインフュージョンを形にすることです。これらをたくさんの人々と共有したい想いから始まりました。アッサム茶の2箱から最高級品を誇る商品を作るために自らのキッチンからクリッパーを始めたといいます。世界旅行からドーセットにもどったことを機会にすぐに始めたそうです。

1994年 イギリスで初めてフェアトレードを取り扱う企業になりました。

1996年 自家製品の緑茶を販売しました。

1999年 美味しい各種、インフュージョン製品がスーパーマーケットでヒット商品となりました。

2009年 新パーッケージでお目見えです。同時に日本でも紹介されました。

2010年 初めてコマーシャㇽに登場する事で有名になりました。

FAIRTRADE FOUNDATION(フェアトレード)とは

Fairtrade Foundationは、イギリスのフェアトレード全体に奉仕する独立の非営利団体です。4000を超える製品に関してビジネス界、農民、消費団体と共に活動していて生産者が自ら製品についての取り扱いを確実に受けられるように熱心に活動しています。どのようなシステムになっているかというとフェアトレード製品の生産者に対してはまず最初に生産コストをカバーする最低価格が支払われます。フェアトレード協同組合の生産者は意思決定に際して女性を含めて常に民主的な発言権を持っています。生産者は加えてフェアトレードプレミアムを受け取ることが出来きたり彼らが自らのビジネスやコミュニティーに投資するための割増金などもあります。企業が製品を調達している生産者とパートナーシップコミットメントを築く事ができるようにフェアトレド・トレーディング・パートナーシップ・プランが用意されていて生産者の保護しています。

なぜフェアトレードを選ぶのか

世界の貿易は公平ではありません。途上国の小規模農民や労働者は食料や燃料コストの上昇のためやだんだん予測不能となる気候によって彼らの製品の価格変動という難題を解決するには難しくなっています。消費者がフェアトレードマークのついた製品を選ぶことにより生産者が自らの製品に対して公平かつ安定した価格を支払われます。それらを消費者が消費する事により彼らを成長させるビジネスを成功させることができます。さらに貧困から抜け出す手段をつくることが出来ます。フェアトレード製品であることを誇りに思っているクリッパーですから自社製品、販売をしているお茶やコーヒー、ホットチョコレートのすべてを途上国の労働者に対する公平な貿易条件を改善に役立てています。労働者とその家族の福祉水準の向上が目標です。

紅茶の高品質・環境保護・労働者の福祉改善

最上級の紅茶を提供するためにアフリカ・スリランカ・インドより茶葉を輸入しています。それらと同時に労働者の福祉や改善・増進に努めています。信頼できる生産者から調達する事で茶葉のインフュージョンを愛情をこめてブレンドします。オーガニックティーやインフュージョンの商品に対してイギリスのオーガニック認証機関の認証と日本の有機JASの認証を得ています。自然環境を重要視する事で尊重・保持をしていきながら風味と信頼性を築いていきます。これらは土壌を汚染しないように殺虫剤や化学肥料を使かいません。遺伝子組み換えを含まない殺虫剤を使用します。環境保護を一番に考えながら環境維持を持続できるように温室効果ガスの排出を少なくしています。

スコットランドのお菓子ショートブレッドを食べたことがありますか?ショートブレッドShort Breadは英語を直訳すると「短いパン」という意味にもなりますが、実際は英国スコットランドのバターを豊富に使って焼き上げたビスケットのような焼き菓子です。なぜ、ショートブレッドという名前になったのでしょうか。ショートブレッドを食べたこともある人もない人も気になるショートブレッドに関する知識を詳しく知っていきましょう。

ショートブレッドとは

ショートブレッドは12世紀ごろから食べられていました。最初の頃はBiscuit Bread「ビスケットブレッド」と呼ばれていました。元々はパンを作る時に残った余り生地を甘くしてオーブンなどに置いたままにして乾燥させ、ラスクのように食したものが始まりだと言われています。その後、パンの残り生地に含まれる酵母の代わりに、バターを生地に混ぜて作るようになり、現在のショートブレッドのような味と形になりました。

ショートブレッドとクッキーの違い

ここでいう「ショート」はパンやビスケット(クッキー)などを作る時に使う用語で、バターを加えることによりさっくりした粉状の生地にするという意味です。同じ意味でつかわれる言葉に「ショートニング」があります。ショートニングはお菓子を作る時に、お菓子の生地や衣をサクサクやパリパリの食感にするためのものです。

つまり、ショートブレッドは甘い菓子パンであり、クッキーではありません。

イギリスのショートブレッドのお店「ウォーカー」

スコットランドには赤いパッケージのショートブレッドで有名なお店Walkers「ウォーカー」があります。ウォーカーは1898年にたった50ポンドという出資金だけで、創業者ジョセフ・ウォーカーズにより創業されました。

ジョセフには世界で一番美味しいショートブレッド店を作るという夢がありました。ジョセフが研究を重ねた味は村で評判になり、それが口コミで広がり、遠方からも客が買いに来るようになりました。ジョセフは遠方の客の注文にも答えられるようにトラックを買い、配達サービスを始めます。

これにより、遠くにいる客にもウォーカーズのショートブレッドは広がっていきました。今ではイギリス国内だけではなく世界中でウォーカーズのショートブレッドは売られています。

スコットランドと結びつきが深いショートブレッドは、ウォーカーズの赤いパッケージの印象が強いせいももしかしたらあるかもしれません。紅茶と相性ぴったりのショートブレッド、ぜひゆったりと味わってみてくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶
    ウーロン茶とは緑茶と紅茶とウーロン茶は味が違いますね。でも、緑茶も紅茶もウーロン茶も同じ種類の木…
  2. ロールストランド社とはロールストランド社は1726年にスウェーデン王室御用達の釜として創業した、…
  3. 紅茶
    紅茶の香りのする燻製がもし自宅で手軽に作れるとしたら、お酒のおつまみやパーティ料理のレパートリーが増…

紅茶の最新記事

PAGE TOP