紅茶の入れ方

インド・トルコ・中国の紅茶チャイの歴史と効果

中国がチャイの発祥の地

中国はその昔、お茶にネギやしょうがをいれて煎じて飲んでいたという説があります。現在はお茶に何も加えずに飲みますが、このような煎じて飲むスタイルがチベットを経てインドに伝わりチャイの原型となったともと考えられます。

イギリス貿易発がチャイの始まり

イギリスはインドで紅茶を栽培します。それをヨーロッパなどで高く売り利益をあげていました。良質の紅茶はヨーロッパへ販売しそれ以外のものがインドで売られていました。低品質のお茶はあまりにも苦く、ミルクを入れないと飲めるものではなかったそうです。衛生的に水分や栄養を摂るために香辛料・砂糖を入れる事を考えました。味と旨みを引き出す方法がが生み出されたといいます。

チャイの名前の由来

チャイの名前の由来は茶(チャ)の発音がなまったもので、そのルーツは中国・雲南省あたりに辿ることができます。中国で生まれた茶がチベットを経由してインドにたどり着いたときチャイという名前になったわけです。またチャイは煮出したミルクティーのことをさしていますが国によってはミルクをいれないチャイというのもあります。地域ごとに様々なお茶の味や多様な飲み方があります。一味違った風味やさまざまな効能が得られるということでさまざまなスパイスを入れたりします。「マサラティー」マサラとはヒンズー語で(スパイスの混合物・香辛料の総称)の意味です。インド・ネパールでは茶葉を水とミルクで煮込むのが一般的な飲み方です。 インド式ミルクティーはチャイと呼ばれて親しまれています。

インド・ネパール・スリランカ・トルコのチャイ

東南アジア地域から中東、アフリカはモロッコ、トルコまで広く飲まれています。なかでもインド・ネパール・スリランカの西アジアでは習慣になっています。インドでは長距離列車に乗るとチャイを売りにきます。その姿は片手に大きなヤカン、片手に素焼きの茶碗を入れたバケツを持って歩きます。町中いたるところでチャイを飲むことができるほどです。いろいろな香辛料を混ぜて粉末にしてあることが特徴です。ミルクに砂糖とお茶を入れて煮込めばすぐに飲めるように準備されています。インド・ネパール人は1日に6~7杯ほど楽しんで飲む習慣があるようです。

チャイは健康的な飲み物

紅茶には抗酸化物質(紅茶フラボノイド)が含まれています。活性酸素から身体を守る抗酸化物質ですが最近では赤ワインや緑茶に含まれていることが分かってきています。健やかな生活を送るためには体内の抗酸化作用を一定のレベルに保つことが大切ですね。食後のティータイムや仕事や勉強の合間に飲む一杯の紅茶は手軽なヘルシータイムになります。カルダモンは食欲増進や消化促進作用効果があり夏バテ予防に効果が期待できます。クローブは口の中をさっぱりさせたり消化効果や健胃効果が期待できるので油もののあとに飲みたいですね。シナモンは胃腸を健康にし、利尿作用で体内の毒素を排出してくれるので二日酔いの朝に効果抜群です。ジンジャーは身体を温める効果あったり食欲増進作用も期待できます。チャイは辛いカレーと一緒に飲むと口の中の辛さを上手く和らげることができます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶の代表格ともいえる「紅茶花伝 ロイヤルミルクティー」から、この度、コラボ商品第2弾として「ももい…
  2. 紅茶のギフト
    「いつもお世話になっているあの方へ、日頃の感謝の気持ちを込めて紅茶のギフトを贈りたい」という方に、今…
  3. 紅茶のブランド
    中国の特殊な工芸茶は、お茶&花の香りを融合させた伝統ある工芸スタイルです。多種多様な効能も発揮してく…

紅茶の最新記事

PAGE TOP