紅茶の入れ方

アイリッシュモルトが人気!ドイツのロンネフェルト紅茶の歴史

アラブの7つ星ホテルでも採用されている最高級紅茶ロンネフェルト

ロンネフェルト紅茶は、ロンネフェルト社が独自の製法で優れた品質と時間と手間を充分にかけて作り出した紅茶です。

1823年 ロンネフェルトはJohann Tobias Ronnefeldt氏によって設立されました。180年の歴史のある伝統的ドイツの紅茶メーカーです。ドイツのフランクフルトに本社はあります。生産と倉庫及び出荷の拠点はウォスプスウェーデ(グリム童話「ブレーメンの音楽隊」のふるさと ブレーメンの近く)にあります。全て自社のオリジナルレシピによりドイツ国内でブレンドしています。現在、ロンネフェルト社は扱う紅茶製品の範囲が広い事で有名です。 優れた品質を維持していることでも知られていてヨーロッパ市場でその地位を確立しました。ドイツ国内の4つ・5つ星以上のホテルの92%以上、アラブでは4つ星・5つ星の40余のホテルのうち、3つを除くすべてのホテルでロンネフェルト社の紅茶が採用されています。品質の良さはアラブ・ドバイにある世界で唯一の7つ星ホテルバージュアル・アラブで使われている事でも証明されます。

ロンネフェルトシルバーマスターとは

ロンネフェルトの専門知識を学ぶための4日間のトレーニングプログラムです。紅茶の知識を学ぶことはもちろん、ティスティングやマナー、サービスについて詳しく学ぶことが出来ます。4日目の最後には筆記テストとブラインドティスティングがあります。簡単ではなさそうですがそれだけにしっかりとした教育をしている証拠です。12人定員のトレーニングプログラムだけに4日間は集中的に勉強をします。全てのトレーニングプログラムを終了しテストに合格すると素晴らしい特典が与えられます。ドイツ・ロンネフェルト本社より認定証とシルバーマスターバッチが与えられます。シルバーマスターが在籍している店舗は限られていますしティーブティックの認定を受けた店舗だけでロンネフェルトの全商品を販売することができます。

ドイツでの紅茶の需要

ドイツではフルーツティーが有名ですが豊富な種類が自慢です。特に北ドイツは紅茶の名産地です。スーパーマーケットをのぞけば有名ブランドの紅茶とともにドイツ産の紅茶が並んでいます。一般的にビールやワインも並んでいますが紅茶に種類も豊富で紅茶を楽しめる国ともいえますね。北ドイツとオランダに差し掛かっている北海沿岸の地域、フリージア地方では独特の紅茶の文化があります。歴史が古く旧デンマーク領でもあったことから北欧やイギリスにも深いつながりがあります。特に東フリージア地方は紅茶を愛飲する人々が多く紅茶の消費量が多い事でも知られています。1日のティータイムが多い地域で美しく綺麗な茶器やオリジナルな紅茶の文化があります。東フリージア地方に合わせてブレンドされた紅茶の味と香りは濃厚です。氷砂糖と濃厚クリームで美味しくいただくティーセレモニースタイルで東フリージア地方に伝わる伝統ともいえます。地方のオリジㇽな紅茶の文化は風土や歴史を感じさせる飲み方で好奇心をわきたたせますね。日本では、アイリッシュモルトが人気ですよ。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶のブランド
    ミルクティージャムは手作りすることで、手作りならではの温かみのある味を楽しめるだけでなく、つくる喜び…
  2. 紅茶の入れ方
    「紅茶花伝」はコカ・コーラの中でも有名なブランドです。レモンティーやアップルティー、ミルクティー…
  3. ウエッジウッド
    ヘルシーでもちもち、紅茶アイシングの豆乳ドーナツの作り方ちょっと小腹がすいたティータイムに、紅茶…

紅茶の最新記事

PAGE TOP