紅茶の入れ方

ハロッズ紅茶の歴史と人気の茶葉3選

イギリス老舗高級百貨店ハロッズは紅茶店からの始まりだった

1834年 紅茶を主に扱う食品卸業を始めます。場所はロンドンのイースト・エンドです。

1849年 ロンドンの西部に位置するナイツブリッジで小さな店をかまえます。紅茶をメインに食品雑貨を扱って開店しました。ここは現在のハロッズの店舗がある場所です。

1861年 息子に店を継がせることになります。息子のチャールズ・ディグビー・ハロット氏は自分がやり遂げられない仕事は使用人にはさせない性格だったようです。小さな食品店を世界を代表する百貨店に成長させた性格がここにみられるのではないでしょうか?

1883年 この年のクリスマスは最高のクリスマスにする意気込みですべての買い付けを済ませていました。ところが12月6日に店が火事になってしましました。すべてを失い呆然とするなか彼はあきらめませんでした。この火災にもかかわらずストアの向かいに側の土地を借りてその年のクリスマスの注文をすべて調達し販売しました。いままでにないクリスマス商品販売、史上最高の記録となったといいます。

1893年 事業拡大をすすめていくこととなります。レディースファッション、メンズファッション、レストランなどがどんどん介入することで大きく発展していきました。

1898年 この時代は近代化がすすんでいく時代でした。店内に初めてエスカレターを設置する事でさらに有名になります。イギリスで初めての出来事でした。

1902年 ハロッズのフードホールにあるミートホールが誕生しました。ニートビーが手掛けました。

1909年 「グリーンマン」が登場しました。出入り口のドアマンですがハロッズグリーンの服を着た彼らを人々はそう呼びました。

1911年 自慢のジョージアンレストランをオープンさせたのはこの年です。現在もその規模はヨーロッパナンバー1です。

1914年 第1次大戦中には女性たちが「グリーンウーマン」としてドアマンの役割をはたしました。

ハロッズ紅茶の特徴

アッサムとダージリンをブレンドする最高品質の紅茶です。ミルクティーに良く合うイギリス人が好む仕上がりです。200年の間、王室ご用達であったことから王室の結婚式や式典の贈り物としてオリジナルブレンドもあります。ハロッズは「フォートナム&メイソン」などのイギリスの伝統を受け継ぎながら王室の愛した香りを残していくことをコンセプトとしています。「ロイヤル~」「クイーン~」などの王室に関係する名前を冠したブレンドが多い事も特徴です。アッサムとダージリンをブレンドしたクラッシックな正統派の紅茶といえます。昔ながらの伝統的な紅茶を好む方であればハロッズ紅茶は美味しさの感銘を受けることでしょう。

ハロッズ紅茶のブランド

例えばフランスの「マリアージュフレール」や「フォション」などは、ハロッズとは対称的なコンセプトで、紅茶の中でもアバンギャルドと言えます。 ブレンドベースの茶葉を白茶や緑茶にして革新的な新しいブレンドティーを作ったり、ミントやその他独特な香りのハーブを多様してフランス人好みの、エキゾチックな異国風紅茶を次々と発表しています。新しい刺激ある香りを求める人にはたまらない刺激かもしれませんね。

ハロッズ紅茶の人気の茶葉

ロンドンベアブレンド…パッケージの缶に熊が載っていて可愛く、人気です。

ヘリテージ No.14 ブレンド…4種類の茶葉をブレンドした香り豊かな紅茶です。

ティーバッグNo.42 アールグレイ…香りのバランスがよい紅茶です。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の商品
    1979年、名古屋の覚王山で荒川博之氏が創業した企業です。紅茶とインド料理の専門店としてのスタートで…
  2. 紅茶の種類
    紅茶好きが愛用する棒つきシュガー来客時、いつもと違ったティータイムを演出したいという人におすすめ…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶は鍋で入れても構わない「紅茶はティーポットの中にお湯と茶葉を入れて作るもの」というのが、昔か…

紅茶の最新記事

PAGE TOP