紅茶の入れ方

場所はボストン!有名なボストン茶会事件の原因とは

1773年12月16日 マサチューセッツ植民地のボストンの港で停泊中の貨物輸送船に侵入してイギリス東インド会社の船荷である紅茶箱を海に投棄したという事件です。

当年、イギリスは新たな茶法を制定しました。税金を逃れるために植民地側から密輸入をしていたオレンダ商人を禁ずるためであり、また大量の茶の在庫を抱えて財政的に行き詰まったイギリス東インド会社に植民地での茶の販売独占権を与えるものでありました。イギリス東インド会社は市場の半額の値段で紅茶を販売する事を決定したところ「植民地の貿易全体の独占を狙う第一歩ではないか」「本国の課税権そのものが焦点であるにも拘らず、密輸品に比して茶税の課税後でも安価な東インド会社の茶が販売された場合、課税権を容認することになるのではないか」などの懸念が産まれてしまいました。

反対運動に展開される

ボストンの「自由の息子たち」は、イギリス東インド会社の茶の販売員を襲撃するなどの過激な運動を展開していきます。イギリス本国から独立ではない立場で彼らの主な要求は「代表なくして課税なし」という内容でした。

1773年12月、茶を積んだ東インド会社の貿易船がアメリカの4つの港に到着するが、陸揚げされませんでした。倉庫に実質的に封印されてしまったりして実際には販売されませんでした。この港のうちボストンでは東インド会社の貿易船に、荷揚げせずにボストンからイギリスに退去するよう求めました。しかし現地のイギリス総督はこれを拒否します。貿易船は荷揚げの機会を待つことにしました。船長はボストン港での停泊を継続していました。こうした中でボストンティーパーティー事件は起こりました。

「ボストン港をティー・ポットにする」と叫びながら

毛布やフェイスペイントなどでモホーク族風の簡易な扮装をした3グループとその地域の50人ほどの住人がボストン港に停泊していた東インド会社の船を襲撃しました。342箱の茶箱を海に投げ捨てました。この騒ぎを聞いて駆けつけた多くのボストン市民たちですが加勢も制止もせずこの様子をただ見つめていました。これが「ボストンティーパーティー事件」と呼ばれる事件です。行動を起こしたのはボストンの急進派市民(自由の息子たち)です。この時投棄された茶の損害額は1,000,000ドルに上るといわれます。この事件には植民地人の間においても賛否がわかれていました。

1774年イギリス政府はボストンの港の閉鎖と「抑圧的諸法」を出してマサチューセッツの自治の剥奪・兵士宿営のための民家の徴発などの強硬な軍政下にボストンを置き始めました。

同年9月、植民地側の12代表を集めて第1回大陸大会を開きました。本国議会の植民地に対する立法権を否認することと、イギリスとの経済的断交を決議しました。これらが原因となり翌年、1775年4月にイギリス軍と植民地民兵が衝突して、ついに独立戦争が勃発しました。茶法に反対する一連の運動によってこれまで愛飲していた紅茶を飲まなくなる植民地人が多くなりました。そこで代わりにコーヒーを飲むようになりました。現在でもイギリス人に紅茶党が多い一方、アメリカ人にはコーヒー党が多いのは不買運動に由来するものです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    このブランドは、イギリスのヨークシャー州で1886年にチャールズ・エドワード・テイラーによって創立さ…
  2. 紅茶の種類
    フレーバーティのキャラメルクリスマスの季節になると登場するこのフレーバーは、フランスで生まれたも…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶と言えばインド・スリランカ・中国原産がほとんどですよね。世界三大紅茶と言えば、インドのダージリン…

紅茶の最新記事

PAGE TOP