紅茶の入れ方

通販で人気!丸子紅茶の紅富貴とその歴史

和紅茶「丸子紅茶」の歴史

1829年 旧幕臣 多田元吉翁は千葉で生まれました。

明治2年 40歳の時、徳川家15代将軍より払い下げられ東京から静岡の丸子に移住しました。静岡の土地で 広大な茶園を開きく決意をしました。明治初期から中期 茶が生糸とともに日本の輸出の主力となっていた時代でした。世界的に需要の多い紅茶については茶業振興を図る政府から、多田元吉翁は努力を認められて明治政府の役人に抜擢されました。

明治8年から10年 紅茶製造の技術を学ぶためにインドのダージリン、アッサムなどの土地を命がけで駆け巡りました。茶の種や紅茶製造方法など病虫害に対する研究はもちろん栽培方法、品種改良を通して近代茶業につながった機械の図面や有機農法の持ち込みました。製造技術等多岐にわたる紅茶製造の技術を日本にもたらしました。

1881年 インド式製法で本格的紅茶の生産に成功しました。このように元吉翁は茶の品種改良や有機栽培、製茶器具の発明、害虫発見、日本の茶産業の近代化を図るために技術者の育成などの基礎を築きました。紅茶のみならず緑茶製造にも大きな変化がみられるようになりました。

昭和初期 紅茶の生産は第二次大戦後、日本経済が高度成長するにともない、国産紅茶は価格競争力を失って国内での紅茶の生産は産業化されなくなりました。

昭和28~30年 村松二六は、この丸子の地に紅茶の灯を消してはならない決意をしました。試験場にて紅茶の研修で学び得た知識をもとに本物の紅茶作りに挑戦し始めました。これは日本で初めての紅茶の品種である紅富貴の民間栽培となりました。

1971年 6月 紅茶の輸入自由化が行われます。国産茶の生産量は一部の地場消費用に1~2トンほどとなりました。幼少時代、元吉翁のことを聞かされていた村松二六は、この紅茶発祥地のお茶を絶やしてはならないと心を決めます。

平成元年 本格的に紅茶の復活に打ち込むようになりました。紅茶の輸入自由化はインド産、スリランカ産の紅茶を安く販売するようになりました。元吉翁から続いてきた国産紅茶生産はこれ以上続けることができなくなりました。村松二六は茶園の基礎となる土作り、茶樹栽培、紅茶発酵の仕組みなどの研究を

元吉翁がした方法と同じように実践しました。「紅茶も一般の農産物と同じように、化学肥料や有害な殺虫剤不使用の有機栽培で育てたい。安心安全の美味しいものを作ってみたい。」という考えで努力を続けた結果、「紅富貴(べにふうき)」の生産に日本で初めて成功しました。

2002年全国地紅茶サミットで丸子紅茶は大人気!

始まりは鳥取県現在の大山町でした。その後毎年、開催されています。石川県輪島市、静岡県下田市、福岡県北九州市、福岡県八女郡、高知県、などで開催されてきました。

2010年 静岡市で開催されたサミットでは国産紅茶発祥の地、静岡市の紅茶が全国に発信することができました。全国地紅茶サミットは北は北海道から南は大分県まで、紅茶販売、生産、研究、ファンなど関係者が200名以上が参加する中で紅茶の歴史や今後の可能性などか議論されました。一般の紅茶愛好家の方々との交流を深める事を目的として地紅茶の魅力を高めていきながら更なる市場開拓を目指そうというものです。

丸子紅茶の紅富貴

紅富貴は、紅茶の色がとても美しく、まろやかで深みのある味わいです。また、ホットにもアイスにも向いています。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の茶葉
    紅茶を楽しもうと思っても、市販のペットボトル飲料やティーバッグでしか飲んだことがない、どんな種類があ…
  2. 喫茶店
    鶏手羽先の紅茶燻製の作り方お好みの紅茶葉で、手軽にキッチンでつくる燻製です。燻製された鶏手羽先は…
  3. 紅茶のマナー
    茶葉からアイスティーを作るのは難しい紅茶好きの人にとって難しいとされるのが、茶葉から本格的に作る…

紅茶の最新記事

PAGE TOP