紅茶の入れ方

初心者でも分かる紅茶の主なグレードの種類6選

紅茶のグレード:オレンジペコー

形状:長さが7~11㎜程度で細長くよじれています。

飲み方:蒸らし時間を長くします。よじれている茶葉がまっすぐになるように蒸らしたいですね。

グレートの中では一番大きいサイズです。オレンジペコーといっても無数のオレンジペコーが存在します。

茶葉と大きさの形状を現わす等級名だからです。オレンジの香りがするからこのような名前であると勘違いしないでください。

紅茶のグレード:ペコー

形状:3~5㎜程度の長さです。

飲み方:香りとコクのバランスがいいです。ブロークンで渋みが強すぎてしまう紅茶もペコーサイズで美味しくいただきます。

紅茶のグレード:ブロークン・オレンジペコー

形状:2~3㎜程度です。

飲み方:香り、ボディー、コクのバランスをよく整えて味わえます。

セイロンティーでは良く目にするサイズになります。

紅茶のグレード:ブロークン・op・ファニングス

形状:1~2㎜程度です。

飲み方:ティーバッグや水出しでよく使われるサイズです。

紅茶のグレード:ダスト

形状:0.5~1㎜程度です。

飲み方:早く浸透して水色が濃いタイプです。

香りも強いので高価で名付けされることもあります。一番細かい状態の事を言います。

ダストといっても実際その中の種類は様々です。上質ダストは海外に輸出されますが低級品のダストは庶民の日常生活で飲まれています。

紅茶のグレード:CTC

つぶして、引き裂いて、丸める製法の仕方を現わすものです。ティーバッグでよく使われるタイプです。ミルクティー向きの茶葉です。

紅茶の茶葉のグレードとは

紅茶のグレードが品質の良しあしを決定するわけではありません。グレードの段階は5~6段階に分ける事が出来ます。

グレードのオレンジペコーと茶葉の部位のオレンジペコーとは関係がありません。紅茶は摘み取る時に一芯二葉でします。

部位の区別をしないでまるごと製造過程にかけてからサイズ別に振り分けていくという作業をします。様々なサイズのままで出来上がってきた紅茶を大きさ別に分別作業をしていきます。

大きさの違う紅茶をそのまま使う事は抽出時間だ適当ではないからです。より美味しい紅茶を飲むためにサイズ別に分別します。

また栽培場所や環境、収穫時期、製造過程で味や香り、見た目にも全く違うものになってきます。なぜなら等級が低いとされていても品質の高い紅茶は存在するからです。

紅茶の産地や茶葉の等級などで紅茶の味や香り、水色はだいたい検討はつきますがそれだけで品質や価値を決めかねる事が多々あるからです。すべてにおける農業の基本は産地の気候が大きく影響しています。

毎年の収穫の中でも季節ごとの良しあしは同じではありません。

紅茶のグレードの選び方

自分だけの紅茶の味を記憶するためです。ここに上げたグレードだけでも色々な味わいを知る事ができるけれども

これ以上に無数にあります。お好みの紅茶探しをする材料にしてください。

オーソドックス茶の選び方

S(スペシャル)  特別な

F(ファイン)   素晴らしい

T(ティッピー)  芯芽

G(ゴールデン)  金色

F(フラワリー)  花の香りの

O(オレンジ)   橙色

P(ペコー)    ウブ毛を持った

B(ブロークン)  細かく砕かれた

F(ファニングス) Fで選別された

D(ダスト)    最小の葉

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶とホットケーキミックスのお菓子
    中国の特殊な工芸茶は、お茶&花の香りを融合させた伝統ある工芸スタイルです。多種多様な効能も発揮してく…
  2. 紅茶の茶葉
    手作りパン派に大人気のちぎりパンちぎって食べる、ちぎりパン。パン作りが好きな人たちの間では、定番…
  3. 紅茶のレシピ
    イギリス伝統のお菓子あれこれ伝統的なイギリスのティータイムのお菓子といえば、スコーン、ビスケット…

紅茶の最新記事

PAGE TOP