紅茶の入れ方

紅茶の抗酸化作用効果「ポリフェノール」

ポリフェノールとは

植物が育つには日光は必須です。光合成の成長のためには日光がとても大切です。

光合成の働きによって生成される植物の色素や苦み、渋みの成分となる化合物がポリフェノールです。植物の茎や葉、実などに含まれています。色合いがより濃いものや渋みがより強いものにポリフェノールは豊富です。

このように植物には抗酸化作用が生成されますから寿命が長いといえます。これが動物よりも寿命が長い理由です。

活性酸素のバランスを整える抗酸化作用とは

ポリフェノールは水に溶ける性質があります。

毎日持続して飲む事が効果的だという理由はポリフェノールを摂取してから比較的早い時間に抗酸素作用を発揮するといわれていますがその効果を長時間持続できないためでです。

抗酸化作用は体内にある活性酸素のバランスと整えてくれる働きをします。

活性酸素は体内に必要なものであり外から侵入してくるウイルスや細菌を撃退するという大切な役目を果たしてくれます。ただその量が増えてしまうと問題になります。

忙しい社会生活の中で強い紫外線や喫煙、ストレスなどの原因により必要以上に増えてしまった活性酸素は悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

ポリフェノールの抗酸化作用は増えてしまった活性酸素を取り除く働きをします。生活習慣病の予防やアイチェンジ効果が期待できます。

多様なポリフェノール成分が含まれている紅茶

アントシアン、レスベラトロール、イソフラボン、リグナン、ヘスペリジン、クルクミンなどの種類がありますが、

ここでは紅茶に含まれるカテキンとタンニンについて説明します。
カテキン「生活習慣病の予防と改善」
お茶に含まれる渋みの成分のことをいいます。抗菌、殺菌作用の働きがあります。

脂肪の吸収をおさえてダイエットに良い働きをします。血糖値を下げる効果があるなど生活習慣病の予防に役立ちます。

血中のコレステロールや中性脂肪が増加する事が原因となって生活習慣病が発生するといいます。血中のコレステロールが増えるのを抑える働きをしてくれるので生活習慣病の原因を根元から取り除き健康管理をすることができます。
タンニン「強力な抗酸化作用」
収れん作用で毛穴を引き締める効果があるといわれています。肌の毛穴を目立たなくしたり皮脂線や開いた毛穴などを縮ませることで肌を綺麗に保つ働きをします。

実際スキンケア化粧品にも使われています。

ワインや紅茶に含まれている抗酸化作用

1992年フランスの科学者セルジュ・ルノー博士はフランス人は日常的に赤ワインを飲んでいる事に注目しました。

博士の赤ワインに対する研究は赤ワインにはポリフェニールのが豊富に含まれているという事実を明らかにすることが出来ました。

セルジュ・ルノー博士はフランス人が日常生活で肉、チーズ、バターなどを好んで食べているのにも関わらず他の欧州諸国に比べると心臓病による死亡率が低いという矛盾を疑問に思っていました。

この矛盾を解明するために毎日赤ワインを飲んでいる習慣を研究する事となりました。赤ワインのポリフェニール効果は心臓病はもちろん循環器疾患を予防する働きを助けてくれます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶とホットケーキミックスのお菓子
    外はカリッ、中はムチッとした紅茶風味のファーブルトンの作り方フランス・ブルターニュ地方の伝統的な…
  2. 紅茶の入れ方
    美味しい紅茶を飲むためにはお湯を入れた後に「ジャンピング」がしっかり行われているかが大きなポイントで…
  3. 紅茶のマナー
     市販のアイスと紅茶を使って自分だけのデザート作りませんか?これから汗ばむ暑い季節がやってきます…

紅茶の最新記事

PAGE TOP