紅茶の入れ方

紅茶の歴史-イングリッシュブレックファーストティー

旅先のホテルで朝ごはんを食べる時に紅茶が選べるようになっていることも多いと思います。

紅茶のいくつかの種類がある中で、朝食にぴったりかなと思って「イングリッシュブレックファーストティー」を選ばれる方もいるのではないでしょうか。では「イングリッシュブレックファーストティー」は、どのような紅茶なのでしょうか。フレーバーティー?それともただのブレンドティー?「イングリッシュブレックファーストティー」の詳細を探ってみましょう。

イングリッシュブレックファーストティーとは

イングリッシュブレックファーストティーはイギリス式の朝食に合うようにブレンドされた紅茶です。主にセイロン・ケニアの紅茶が使われます。まれに中国のキーマンを含むこともあります。

イングリッシュブレックファーストティーの特徴

19世紀のイギリスの食事はほぼ1日2回でした。そのためたっぷりの朝ごはんを食べていました。その朝ごはんに合うように、目が覚めるような濃い紅茶のにたっぷりミルクを入れるそんな紅茶習慣に合うようにブレンドした紅茶「イングリッシュブレックファーストティー」の販売が始まったのです。

イングリッシュブレックファーストティーの起源

アメリカ人がまだアメリカが植民地だった頃に「イングリッシュブレックファーストティー」を、イギリス本国の習慣に合わせて飲み始めたのがきっかけと言う説もあれば、スリランカの茶園で働く労働者が毎朝たっぷりの濃いミルクティーを飲んでいたのを見たイギリス人たちが、イギリス本国でも取り入れて飲み始めた、などなど様々な説があります。いったいどれが本当なのでしょうか。それぞれの説にはそれぞれの理由があるのでしょう。現在ではトワイニングを始めとした様々な紅茶ブランドが「イングリッシュブレックファーストティー」のブレンド紅茶を世界中で販売しています。

イングリッシュブレックファーストティーの入れ方

朝目覚めたら、まずリフレッシュとして飲みたい体を目覚めさせる一杯のイングリッシュブレックファーストティー。イングリッシュブレックファーストのブレンドはそれぞれの紅茶ブランドによって少しずつ味や茶葉の種類などが違うので、色々なブランドのイングリッシュブレックファーストティーを試してみる楽しみがありますね。お気に入りのブレンドの紅茶をまずは探して、見つけてみましょう。1日を始める朝のスタートには大事な紅茶一杯ですからパーフェクトなお気に入りの一杯を、あちこちの紅茶店やブランドでぜひ探してみてくださいね。素敵な1日をまずは美味しい紅茶から、ぜひお気に入りの一杯で始めてみてください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶メニュー
    ヨーロッパの紅茶茶器なら専門店のSohbiがおすすめSohbi(創美)はヨーロッパ輸入食器を扱う…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶のおすすめ資格とはインドの「ダージリン」スリランカの「ウバ」中国の「キー…
  3. 紅茶の入れ方
    ルフナとはルフナはセイロン島南部州原産の紅茶です。標高200m~700mで栽培されているロー…

紅茶の最新記事

PAGE TOP