紅茶の入れ方

初心者でも簡単!紅茶のブレンド方法

紅茶の製法で、いくつかの茶葉をブレンドすることをブレンディングともいいます。

例えば、コーヒーには、産地銘柄があります。それと同じように、紅茶にも産地銘柄とブレンド銘柄があります。しかし、コーヒーと違うのは紅茶は産地銘柄であっても、数種類の茶葉がブレンドされていることが多いということです。

ブレンドとは、「Blend(ブレンド)=混合する」とありますが、紅茶の場合は、販売される前に必ず行われる重要な工程の一つになります。

紅茶のブレンドとは

紅茶は、同じ産地でも茶葉や葉摘みの時期、その年の天候などにより香味が異なります。香味が異なるということは、その年の紅茶の品質に影響が出てしまいます。

これは、同じダージリン・ファーストフラッシュだとしても、年により香味が異なってくるということです。

これを防ぐために、毎年一定の品質、味わい、安定した価格のために行われるのが、産地銘柄のブレンドです。

一般的には、同じ産地の茶葉をブレンドすることが多いです。商品によっては、他産地の茶葉を何割かブレンドすることもあります。

ダージリンで売られている紅茶は、一つのパッケージの中には、同じ時期に同じ茶園で収穫された紅茶が詰まっていると考えてしまいます。しかし、このような売り方は、商品を限定して売られている場合のみです。

たいていは、販売される前に同じダージリンの茶葉でも色々な時期に、同じ茶園のものをブレンドしています。

紅茶のブレンドを行うティーテイスタとは

同じダージリンの茶葉を色々な時期にブレンドしているとしても、変わらない味を生み出すのは難しいことです。かなり熟練の技と言えます。

その技術や舌を持っている人をティーテイスターといいます。

ティーテイスターによって、変わらない味が生み出されています。様々な産地のあらゆる時期の茶葉の特性を知った上で、味や香りを引き出します。

他にも足りない部分を補ったり、その紅茶の消費地の水に合わせることまで考えます。そして、何十種類もの原料となる茶葉をブレンドしていきます。

紅茶のブレンドの種類

「オレンジ・ペコー」は、アッサムやダージリンのような産地銘柄名ではありません。銘柄としてオレンジ・ペコーの名で売られている紅茶の多くは、セイロン系のブレンドのケースが多いです。

「イングリッシュ・ブレックファスト」は、インド茶とセイロン茶をブレンドしたものです。モーニングティー用に作られたブレンドで、濃い水色と渋みが特徴になります。

紅茶のブレンドを知って、普段の生活で紅茶を購入する際に参考にしましょう。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶
    ヨーロッパに広がる貴族の紅茶の文化1610年 オランダ東インド社が中国や日本の平戸で緑茶を買い付…
  2. おすすめ
    ティーポットの役割本格的に美味しい紅茶を淹れたいと思ったら、ティーポット選びは重要です。ティーポ…
  3. 紅茶キノコ
    日本では1970年代にブームになリ、アメリカでは1990年代から少しずつ人気になった「紅茶キノコ」は…

紅茶の最新記事

PAGE TOP