紅茶の入れ方

知っておきたい紅茶の大航海時代の始まりの歴史

大航海時代、いよいよアジアから西洋諸国へ紅茶が伝わります。西洋諸国のお茶の歴史を見ていきます。

大航海時代の始まり

17世紀、大航海時代。この時代、西洋諸国には東洋の文物が多くもたらされました。

そのひとつがお茶です。西欧に初めてお茶を伝えたのは、オランダの東インド会社です。ただ、この時点では紅茶ではなく緑茶でした。

当時、中国やインドネシアなどの東洋との貿易を独占していたのが、オランダの東インド会社でした。そのため、イギリスも東インド会社を持っていたものの、インドとの貿易に重点を置いており、この時点ではまだイギリスには喫茶文化はありませんでした。

インドのアッサム種があるのではと思いますが、アッサム種が発見されたのは19世紀に入ってからで、この時はまだインド茶はありませんでした。

中国より独占的に入手した茶葉を持つオランダでは、1630年代から喫茶の文化が広がっていました。イギリスでお茶が飲まれるようになったのは1650年代から。ただ、お茶の文化が広がっても、茶葉はオランダから購入しなければいけませんでした。

イギリスは1669年、オランダ本国からお茶の輸入を禁止する法律を制定、同時にイギリス・オランダ戦争(1652〜1674年)へ突入します。

この戦争に勝利を収めた15年後、中国から直接輸入したお茶が初めてイギリスに流通しました。この年を境に、福建省アモイで集められたお茶がイギリス国内に持ち込まれ、紅茶の文化が発達しました。

イギリスで緑茶よりも紅茶が親しまれているのは、アモイに集められたお茶が関係しているといわれています。そのお茶は「武夷茶」と呼ばれる紅茶に似た半発酵茶で、また色が黒かったことからブラックティと呼ばれていました。このお茶が西欧の茶の主流となったわけです。

イギリスへインドの紅茶が伝わる

紅茶の歴史はまだまだ続きます。

19世紀、イギリスの冒険家ブルースがインドのアッサム地方で自生している茶の木を発見。これが中国茶のものと違うことがわかりました。

1845年、さらに新たな発見がありました。イギリス人のフォーチュンという人により、緑茶と紅茶の原料は同じ茶の木のものであり、ただ製法が違うだけだと。

これらの発見から、中国種とアッサム種との交配、品種改良を進め、各地で茶の栽培がおこなわれるようになりました。

イギリス最古の紅茶商

中国から西洋へお茶の文化がもたらされ、新たな文化へと歩みを進めていきました。さらに、英国最古の紅茶商をご紹介します。

現在はたくさんの紅茶ブランドがありますが、どの会社が最古のものかは意外と知られていません。それは「トワイニング」です。

創設者はトーマス・トワイニング。織物業者の生まれですが、当時の毛織物業不況のため、東インド会社の富裕商人の下で働いていました。そこでトーマスはお茶の将来性を見出し、1706年「トム」というコーヒーハウスを開きます。そして小売業を開始。当初は様々な商品を売っていましたが、お茶の需要が伸びたため、お茶の卸・小売業を行うようになりました。

今では紅茶の専門店ですが、創業当時はコーヒーハウスだったんですね!歴史とは面白いものです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    「紅茶花伝」はコカ・コーラの中でも有名なブランドです。レモンティーやアップルティー、ミルクティー…
  2. 紅茶の入れ方
    イタリアから誕生した「ティープレス」は、日本では紅茶用器具として有名ですが、本当はコーヒー用の器具だ…
  3. 耐熱性ティーセット
    ドイツ国内で最高級の食器を作っている会社のひとつとしてご存知の方も多い「マイセン」ですが、マイセンは…

紅茶の最新記事

PAGE TOP