紅茶の入れ方

知っておきたいイギリスと日本の紅茶の歴史や文化

紅茶の樹はツバキ科の常緑樹で、原種は中国の山岳地帯に自生していたとされてます。 日本や中国のお茶文化からヨーロッパに渡り、イギリス貴族から人気が高まって緑茶から紅茶へと発展したと言われています。

日本の紅茶の歴史

日本は明治20年に初めてイギリスから輸入を行い、紅茶の歴史を歩み始めました。ティーバッグや缶入り紅茶と、人気と共に商品開発も進んでいき今では生活に欠かせないモノとなりました。

日本初のブランド紅茶「三井紅茶」は、1927年に誕生しました。誰でもお手軽に飲めるよう試行錯誤しながら、紅茶の歴史を歩み始めました。後に「日東紅茶」と名称を変えて、更なる進化を続けて空間を癒してくれる存在となりました。
デイリークラブ

中国の紅茶の歴史

1500年頃ポルトガル人が、初めて中国のお茶を味わいました。その後にオランダの商船が東方へ向かい、東洋の中国茶に興味を持ったそうです。そして東洋との貿易を行うためオランダに東インド会社を立ち上げ、中国からのお茶の輸入が盛んになりヨーロッパから紅茶文化へと繋がったそうです。
中国茶歴史本

数ある中国茶の本から、4冊をご紹介します。

①中国茶の教科書②茶のチカラ③中国茶の本④はじめての台湾茶
お茶の歴史本

「お茶の世界史」を綴った書籍は、世界のお茶にまつわる楽しい話題がたくさん掲載されています。中国・イギリス・インドの緑茶や紅茶と、中央アジア・ロシア・トルコ・アフリカの各国それぞれの歴史をまとめあげた一冊になってます。

スリランカの紅茶の歴史

紅茶の輸出量が世界第1位のスリランカの紅茶は、一般的に「セイロンティー」と言われています。植民地のインドで成功したイギリスが、生産性を高めるためにセイロン島にも茶葉を作ったそうです。現在もイギリスの紅茶メーカーは、環境に恵まれたスリランカ産の高品質茶葉を使用しています。

イギリスの紅茶の歴史

アジアから始まるお茶文化を経て、1610年頃オランダの東インド会社が、中国茶を初めて持ち帰ったことでヨーロッパの紅茶歴史が始まったと言われています。アジアの不発酵緑茶習慣が西洋人へと伝わっていき、貴族の間で評判になり肉食主体のイギリス人には欠かせないモノとなったそうです。
英国紅茶の歴史本

紅茶を愛した英国王や女王が、掲載された歴史本です。専門店や陶磁器のブランドも、楽しめる一冊になってますね。英国紅茶に興味がある方は、参考になること間違いなしです。

英国ティーカップの歴史本

ウェッジウッド・スポード・エインズレイ・ミントン・トワイニング・フォートナム&メイソン・リプトンと、紅茶文化を支えたブランドの歴史を教えてくれます。貴重な図版と共に、大切に保管しておきたい一冊ですね。

ロシアの紅茶の歴史

フィリップ・マクシミリアン・フォン・Wogauの創設者の名に関連付く、ロシア帝国で最大工業会社の一つが紅茶歴史を歩み始めました。利益を生み出すお茶の消費量が増加した事によって、海外市場でもお茶への商売の期待を感じたそうです。活動を始めて紅茶も進化していき、2011年には他では見ることができない「ロシア茶博物館」が開かれました。

ロシアで最も古いモスクワ茶工場は、常に注目の的となっています。茶葉の生産の高度な技術は、高品質の生産を義務づけられ、今ではEUの基準に沿った製品を生産しています。茶葉の原料は、熟練した職人さんによって厳格な品質管理を行うそうです。

紅茶の歴史を学ぶ

日々のホッとできるティータイムに、お気に入りの紅茶歴史を含んで楽しむのもオススメですよ。世界の文化や茶葉の効能を学びながら、自分に合った紅茶スタイルを味わってみてくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶の等級・グレードとは葉の形状や大きさを表すものです。なぜ葉の形状や大きさを区別するのかという…
  2. スージークーパー
    1972年に設立された日本のキッチンウェア、インテリア雑貨を手掛けるメーカーのKINTO。そのコンセ…
  3. 紅茶の入れ方
    ミルクティーに適した紅茶とはミルクティーを楽しむには、混ぜた牛乳に主役をとられない、しっかりした…

紅茶の最新記事

PAGE TOP