紅茶の入れ方

初心者でも分かる紅茶の茶葉の種類【産地別】

ほとんどの紅茶は、産地の名前がそのままつけられます。商品として販売されている紅茶の産出国は、インド、中国、スリランカの3国になります。他にも、インドネシア、ジャワ、ケニア、などが紅茶の産地として有名です。

インドの紅茶の種類

ダージリン
とても有名な紅茶です。インド北東部のヒマラヤ山岳地帯の標高200〜2000mの高地にあります。そのため険しい斜面で栽培されます。マスカットフレーバーとされる爽やかでスッキリとした香りが特徴です。
アッサム
アッサム地方は、インドの東部に位置する地方です。標高が低い地域で栽培されています。クセが無く、濃厚な味とコクが特徴です。水色は赤褐色をしています。ミルクティーに合います。
ニルギリ
南インドのなだらかな岳陵地帯です。地理的・気候的にスリランカに近いためセイロン茶のような味わいがあります。
ドアーズ
アッサムの西に位置しています。口当たりが良く、コクのある味わいです。ブレンドティーやティーバッグに使用されます。
シッキム
ヒマラヤの東に位置しています。インドの小さな王国になります。上質な紅茶を生産しています。

中国の紅茶の種類

キーマン
世界最古の紅茶産地で作られています。スモーキーフレーバーと言われる東洋風の香りのお茶は、ヨーロッパでは、中国茶のブルゴーニュ酒と呼ばれており大切にされています。
ラプサンスーチョン
福建省で摘まれたスーチョンの葉を発酵後に木で燻し着香した燻製茶です。このオリエンタルな香りは、好き嫌いが分かれます。
アールグレイ
これは、グレイ伯爵が由来しています。キームン系の中国茶にベルガモットの香油で着香したフレーバードティーが本来のアールグレイということになります。

セイロンの紅茶の種類

ウヴァ
スリランカ中央山脈の東側、標高1300m以上の高地で産出されます。水色は、澄んだ赤色です。セイロン茶の中では、渋みと酸味が強く、ウヴァフレーバーとされる独特の香りを持っています。
ディンプラ
スリランカ中央山脈の西側、ウヴァの反対側にある高地で栽培されています。マイルドでクセがなく、アレンジして楽しむことができます。
ヌワラエリヤ
ディンブラと同じく中央山脈の西側に位置しています。スリランカで最も標高の高い紅茶産地になります。
キャンディ
中央山脈の裾野に広がる標高600mの高原地域です。透明感のある赤い水色をしており、コクがあります。
ルフナ
スリランカ南部の低地の熱帯雨林に点在する茶園です。水色が濃く、燻したような独特のスモーキーフレーバーが特徴です。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. チャイティー
    紅茶専用リネン類の代表であるティータオル紅茶好きの人の中には紅茶専用のリネン類(ティーリネン)を…
  2. 紅茶の入れ方
    ゴールデンチップ・ゴールデンチップスとはゴールデンチップだけを栽培する茶木があります。茶…
  3. 紅茶のブランド
    ティーカップとポットをテーブルにセットしたけれど、何か物足りなさを感じたことはありませんか?このほか…

紅茶の最新記事

PAGE TOP