紅茶の入れ方

紅茶の効能で知っておきたい3種類の効果

世界中から愛される紅茶なのですが、なんと世界中で消費されるお茶の約8割を紅茶が占めています。

実は昔、紅茶は万能の薬として価値があり、中国では、‘不老長寿の霊薬‘とされ、イギリスでは、‘万能に効く東洋の秘薬‘とされてきました。そんな紅茶の効能をご紹介します!

紅茶の効能・健康促進

紅茶の茶葉には新陳代謝を整え、体の成長をサポートするために必要な栄養素をたくさん含んでいます。栄養素とは、ビタミンB1、B2、ナイアシン、カルシウムやカリウム、があります。

紅茶カテキンや紅茶手テラフラビンには、抗菌作用があるため、風邪のウイルスの活性を抑え、感染を防ぐ働きがあります。また、インフルエンザ予防にも最適です。インフルエンザウイルスの活動や増殖を抑えます。紅茶うがいをして、一年中健康な体を目指してみてはどうですか。

紅茶カテキンや紅茶フラボノイドが含まれており、抗酸化作用、血中コレステロールの抑制作用、血糖上昇抑制作用動脈硬化抑制作用と、さまざまな働きがあります。現代社会で引き起こされる高血圧、糖尿病、成人病などの予防になります。また、ガンになりにくい体を作るともいわれ、胃がんの原因菌といわれているピロリ菌に対する殺菌性も認められました。

歯垢防止や虫歯予防の効果があり、美しい歯を手に入れることもできます。さらに紅茶に含まれるタンニンにはフッ素が含まれています。歯のエナメル質の強化にもなります。

紅茶の効能・美白&ダイエット効果

紅茶に含まれるハイドロキノンは世界中から認められた美白成分で美白効果が期待できます。化粧品の原料としても広く使われています。

カフェインは胃酸の働きを活性化する役目があるため、消化不良などに効果があります。そのため、余分な水分が排出され、痛風予防や原料に効果があります。

カフェインには脂肪分解作用・脂肪燃焼作用があり、紅茶を飲むだけでも、無理のないダイエットが出来ます。ただし、ミルクや砂糖を大量に入れてしまわないよう、注意しましょう。

紅茶カテキンの持つ糖分分解酵素の阻害作用にダイエットの効果があります。また、紅茶ポリフェノールでも同様の効果を期待できます。

紅茶の効能・リラックス効果

紅茶に含まれるテアニンがリラックス効果を生み出します。テアニンは、紅茶のうまみと甘みを醸し出すアミノ酸の一種となっています。テアニンのリラックス効果の特徴は、眠気を引き起こさないということです。

ストレス解消や疲労回復にも効果大です。

紅茶にはこんなにもたくさんの効能があったのですね!

紅茶を飲んで心身ともに健康に過ごしましょう 😀

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶の大衆化イギリスで最初にお茶が売られた1657年当時、それはまだ“万病に効く東洋の秘薬”とし…
  2. 紅茶キノコ
    紅茶キノコとは紅茶キノコとは、紅茶の中に酢酸菌を漬けて発酵させた飲料です。漬けた菌床がキノコの傘…
  3. 紅茶の入れ方
    ティーコージーとは「ティーコージー」という言葉を聞いたことありますか?日本ではまだあまりなじみが…

紅茶の最新記事

PAGE TOP