紅茶の効能

紅茶の効能とは【むくみ対策や脂肪の吸収を抑えるダイエット効果あり!】

紅茶で始めるダイエットとは

誰でもダイエットに関心があるでしょう。健康ダイエットであれば一度は試してみたいと思うはずです。多くの方が紅茶ダイエットにチャレンジしています。実際にダイエット効果を実感している方や健康になった方もいらっしゃいます。

紅茶ダイエットの効果は

むくみ解消
女性の方の中にはむくみを気にしている方もいらっしゃるでしょう。むくみによって太って見えてしまったり、体が重く感じられたりする場合があります。紅茶にはカフェインが入っていますから利尿効果があります。利尿効果により体内の老廃物を排出します。むくみ解消が期待できるといえます。
脂肪吸収を抑制
ティータイムにお菓子と紅茶やケーキと紅茶を一緒にいただく事が多いのですがなぜなのでしょうか?それは紅茶のポリフェノール成分には脂肪吸収を抑制する作用があるからです。さらに脂肪を優先的に消費するといいますから甘いお菓子をいただく時にはストレートティで飲みたいものです。
ビタミン・ミネラル補給
日常生活の中でビタミンを多く摂る事は大切な事です。ミネラルも同じで体内の新陳代謝を活発にしてく働きがあります。食事で補いにくい場合は紅茶を飲む事で補給していきます。
リバウンド防止
毎日紅茶を飲む習慣によってどんな効果が得られるというと紅茶カフェインと紅茶カテキンのダブル効果で脂肪がつきにくい体質になっていきます。紅茶カフェインには利尿効果、紅茶カテキンには中性脂肪の減少やコレステロールの低下があります。
抗酸化作用
活性酸素は体内で必要なものですが多く摂りすぎてしまうと問題になります。このバランスをとってくれるのが紅茶ポリフェノールのフラボノイド成分です。生活習慣病予防・改善に役立ちます。

紅茶ダイエットの方法とは

一日に飲む量は?
紅茶にはカフェインがありますからいくらでも飲んでいいものではないですね。だいたい4杯くらいが目安といえます。食後に1杯づつ、ティタイムに1杯くらいがちょうどいいでしょう。お腹の調子が良くない時には控え目にします。
温かくして飲みたい!
紅茶には体を温かくしてくれる効果がありからホットで飲みたいですね。脂肪を燃えやすくしながら、新陳代謝を活発にしていくので体の中から綺麗になりそうです。
食事をする時には紅茶を!
食後にお茶をする時には紅茶をどうぞ!脂肪吸収を抑えてくれますよ。
運動の前に紅茶を飲む?
運動する30分前に紅茶を飲む事で脂肪の燃焼アップさせることが出来ます。脂肪分解の助けになり効率よく有酸素運動をすることでダイエット効果アップです。

しょうが紅茶でダイエット効果アップ!

しょうがは体を温めてくれる効果があります。紅茶のダイエット効果にプラスすることでさらに良い効果が期待できます。しょうがの辛さと紅茶の渋さがあるのでクセのある味が苦手な方はハチミツや黒砂糖など利用して飲んでみてください。しょうがと紅茶の体を温めてくれる効果で冷え症の女性にも強い味方になってくれそうです。ほっと一息、ティータイムに飲んでみてはいかかですか?

紅茶に含まれるカフェイン

紅茶の茶葉の中には、様々なビタミンやミネラルなどの成分が含まれています。

中でも有名な含有成分の一つに、カフェインが挙げられます。カフェインとは、生物の心身に様々な影響を与える有機物質・アルカノイドの一種です。コーヒーには多く含まれていることが知られていますが、紅茶や緑茶の原料となるチャノキの茶葉にも、豊富に含まれています。

種類別・100ml中に含まれるカフェインの量

コーヒー(エスプレッソ):280㎎

コーヒー(インスタント):45㎎

紅茶          :30㎎

緑茶          :20㎎

玉露茶         :120㎎

抹茶          :30㎎

ほうじ茶        :20㎎

カフェインは、コーヒーや紅茶の原料に多く含まれていて、飲み物として加工するにしたがって分量も少なくなっていきます。一度に100㎎以上を摂取すると、人体に効果をもたらすと言われているので、カフェインの摂り過ぎが気になる人は、飲料に応じて飲む量を調節することが大切です。

カフェインが体にもたらすメリット

・眠気を抑制する

カフェインの効能として、もっともよく知られているのが、眠気の抑制です。摂取すると頭がすっきりするので、勉強や仕事で集中したい時に紅茶を飲むと効果抜群です。

・リラックスできる

適度な分量のカフェインを摂取することで、イライラした気持を抑えてリラックスした気分になることができます。気分がすぐれない時には軽く一杯、紅茶を飲むことで気持ちを落ち着けることができます。

・むくみをとる

体のむくみは、体内に水分が溜まって、老廃物がうまく排出できないために起こる症状です。放っておくと血行不良になったり、セルライトがついて肥満の原因にもなります。カフェインを摂ることで老廃物をうまく流せるようになり、血流が良くなってむくみを解消することができます。

・内臓の正常化

カフェインを摂取すると、消化酵素が活発に動くため、胃腸の調子が良くなり便秘の解消に繋がります。アルコールを分解する能力も高まるため、飲酒時に肝臓にかかる負担を軽減してくれます。肝臓がんの予防にも効果があるという研究結果も出ています。

・脂肪燃焼効果

人は食事をすると、最初に摂取した糖分から吸収して消費していくため、脂肪を燃焼させるためにはかなりのエネルギーを使わなくてはいけません。カフェインには、脂肪分を効率よく燃焼させる補助の役割を果たす背成分が含まれています。食後や運動前などに飲むことで、ダイエットに効果が期待できます。

カフェインが体にもたらすデメリット

・不眠

カフェインは眠気を抑制する効果があるため、多く摂取しすぎると、眠りたい時に眠れないという状況に陥る場合があります。寝る前に大量に飲むのは控えたほうが良いです。

・下痢、嘔吐

カフェインを摂取すると胃腸の消化能力が向上して、便秘の改善につながりますが、胃腸の働きが正常の人が多く体内に取り込むと、消化酵素が働きすぎて、下痢や嘔吐の症状を引き起こす危険があります。

また、空腹時に飲むと刺激が強すぎて腹痛や胃炎の原因にもなるため、注意が必要です。

・貧血、カルシウム不足

カフェインに含まれる利尿作用を起こす成分は、体内に取り込んだ鉄分やカルシウムを溶かして、尿と一緒に排出してしまうことがあります。そのため、紅茶を飲みすぎると貧血になったり、骨が弱くなるなどの問題が起こる場合があります。

カフェインは程よくとるのが理想

体に良いからといって、大量にカフェインを摂取すると、大きな弊害を起こす危険があります。

紅茶なら、一日3杯程度を上限に、あまり飲み過ぎないように調整することが必要です。

紅茶に含まれるカフェイン

紅茶の茶葉の中には、様々なビタミンやミネラルなどの成分が含まれています。

中でも有名な含有成分の一つに、カフェインが挙げられます。カフェインとは、生物の心身に様々な影響を与える有機物質・アルカノイドの一種です。コーヒーには多く含まれていることが知られていますが、紅茶や緑茶の原料となるチャノキの茶葉にも、豊富に含まれています。

種類別・100ml中に含まれるカフェインの量

コーヒー(エスプレッソ):280㎎

コーヒー(インスタント):45㎎

紅茶          :30㎎

緑茶          :20㎎

玉露茶         :120㎎

抹茶          :30㎎

ほうじ茶        :20㎎

カフェインは、コーヒーや紅茶の原料に多く含まれていて、飲み物として加工するにしたがって分量も少なくなっていきます。一度に100㎎以上を摂取すると、人体に効果をもたらすと言われているので、カフェインの摂り過ぎが気になる人は、飲料に応じて飲む量を調節することが大切です。

カフェインが体にもたらすメリット

・眠気を抑制する

カフェインの効能として、もっともよく知られているのが、眠気の抑制です。摂取すると頭がすっきりするので、勉強や仕事で集中したい時に紅茶を飲むと効果抜群です。

・リラックスできる

適度な分量のカフェインを摂取することで、イライラした気持を抑えてリラックスした気分になることができます。気分がすぐれない時には軽く一杯、紅茶を飲むことで気持ちを落ち着けることができます。

・むくみをとる

体のむくみは、体内に水分が溜まって、老廃物がうまく排出できないために起こる症状です。放っておくと血行不良になったり、セルライトがついて肥満の原因にもなります。カフェインを摂ることで老廃物をうまく流せるようになり、血流が良くなってむくみを解消することができます。

・内臓の正常化

カフェインを摂取すると、消化酵素が活発に動くため、胃腸の調子が良くなり便秘の解消に繋がります。アルコールを分解する能力も高まるため、飲酒時に肝臓にかかる負担を軽減してくれます。肝臓がんの予防にも効果があるという研究結果も出ています。

・脂肪燃焼効果

人は食事をすると、最初に摂取した糖分から吸収して消費していくため、脂肪を燃焼させるためにはかなりのエネルギーを使わなくてはいけません。カフェインには、脂肪分を効率よく燃焼させる補助の役割を果たす背成分が含まれています。食後や運動前などに飲むことで、ダイエットに効果が期待できます。

カフェインが体にもたらすデメリット

・不眠

カフェインは眠気を抑制する効果があるため、多く摂取しすぎると、眠りたい時に眠れないという状況に陥る場合があります。寝る前に大量に飲むのは控えたほうが良いです。

・下痢、嘔吐

カフェインを摂取すると胃腸の消化能力が向上して、便秘の改善につながりますが、胃腸の働きが正常の人が多く体内に取り込むと、消化酵素が働きすぎて、下痢や嘔吐の症状を引き起こす危険があります。

また、空腹時に飲むと刺激が強すぎて腹痛や胃炎の原因にもなるため、注意が必要です。

・貧血、カルシウム不足

カフェインに含まれる利尿作用を起こす成分は、体内に取り込んだ鉄分やカルシウムを溶かして、尿と一緒に排出してしまうことがあります。そのため、紅茶を飲みすぎると貧血になったり、骨が弱くなるなどの問題が起こる場合があります。

カフェインは程よくとるのが理想

体に良いからといって、大量にカフェインを摂取すると、大きな弊害を起こす危険があります。

紅茶なら、一日3杯程度を上限に、あまり飲み過ぎないように調整することが必要です。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. おすすめ
    ティーポットの役割本格的に美味しい紅茶を淹れたいと思ったら、ティーポット選びは重要です。ティーポ…
  2. 喫茶店
    イギリスに旅行したらティールームへ行ってみたいですよね。イギリスのロンドンのティールーム2つをご紹介…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶の製造過程を分かりやすく解説します。紅茶の葉紅茶の茶葉は木に生えたものを採取します。…

紅茶の最新記事

PAGE TOP