紅茶

イギリスやフランスの紅茶の文化から知るノンカフェインとカフェインレスの違い

ヨーロッパに広がる貴族の紅茶の文化

1610年 オランダ東インド社が中国や日本の平戸で緑茶を買い付けました。それをオランダ・ハーグに運び込みました。その後、10数年後には「東洋の茶」として貴族や裕福な商人の間で大流行しました。たいへん高価な品物として取引されたといいます。ヨーロッパにお茶を伝えたのはオランダ人でした。16世紀半ば以降、東洋に宣教師がやってきました。彼らは中国茶や日本の茶文化を高貴なものとして本国に伝えています。

1630年 オランダからフランスやドイツへと伝わっていきました。イギリスにも同じころに伝わっていると思いますがイギリスで紅茶が販売されるのはもう少したってからです。

1657年 ロンドンにあるコーヒーハウス「ギャラウェイ」で紅茶が薬として売られ始めました。商人や貴族の社交場で薬として販売された紅茶は17世紀半ば過ぎになって飲料とした販売される事となりました。政略結婚でイギリスのチャールズ二世に嫁いだポルトガルのブラガンサ王女キャサリンです。結婚の持参金としてインド・ボンベイの領有権とお茶を用意してきました。健康のためにお茶を用意してきていましたがそれはおしゃれな飲み物として流行ました。王室、貴族、上流階級の間にまたたくまに広がりお茶を飲む習慣が広がりました。また女性がお茶を飲むようになっていきました。

東インド会社とイギリス貴族の紅茶の関係

18世紀 イギリス東インド会社は本格的なお茶の輸入を始めました。おもに緑茶を輸入をしていましたか徐々にボビー茶に変っていきました。料茶よりもコクと渋みのある味が人気となりました。ボヒー茶は武夷山麓で作られた半発酵の青茶ですから完全発酵した紅茶ではありません。イギリス国内でのお茶に対する需要は激増し始めました。その輸入量はわずか60年ほどで200倍近くにも膨れ上がったのです。

1823年 ブルース海軍少佐が中国を祖先とするジュンポー族が茶の木を持ち、茶を飲用していたことを知ったのです。

1840年 アッサム種の紅茶が完成しました。アッサム茶が安い値段でイギリスに輸入されるようになりました。香り深くコクがあって濃厚な味わいのアッサム種ですがその人気は瞬く間に広がりました。タンニンがたくさん含まれている健康茶としても知られていてアフタヌーンティーの習慣化もされて紅茶はイギリスの文化のひとつと定着していきました。

フランスの貴族の紅茶文化とチャイ

1872年 スリランカでの紅茶の栽培がはじまりました。もともとコーヒー豆の農園だったのが、錆病によって苗が全滅、紅茶栽培に切り替えられました。「チャイ」と呼ばれる甘いミルクティーはインドやスリランカで日常的に飲まれている紅茶です。その甘さの強烈さに驚く人もいる事でしょう。小さなカップについでくれますが飲みきれないかもしれません。チャイは香辛料がタップリと入っていて刺激的なカレーを食べた後に飲む事をおススメします。辛い味を緩和させる力がありスッキリ感を感じます。インドの北部では鍋に紅茶の茶葉を入れて煮出し、牛乳や砂糖、ショウガ、スパイスを加えていきます。インドの南部では、布製の袋に茶葉を入れて熱湯をかけて紅茶を作り、温めた牛乳や砂糖、ショウガ、スパイスを入れます。それを頭上高くから別のカップに注ぎ落とします。この作業を何度か繰り返してチャイを作るのです。

紅茶を飲む時に、カフェイン含有量を気にする人が増えています。多く摂りすぎると体に悪いけれど、たくさん飲みたいと思う人におすすめの紅茶が、ノンカフェインやカフェインレス、デカフェと記載された商品です。

どれもカフェインの量を気にすることなく飲める紅茶ですが、それぞれは全く異なる種類で、製法や定義、飲んだ時の体への影響も違ってきます。

ノンカフェイン紅茶とは

ノンカフェインとは、製品に含まれるカフェインの量がゼロの飲み物を指します。最初からカフェインの入った原料を使用していない製品をブレンドして作られたお茶で、麦茶やそば茶などが代表的です。

カフェインレス紅茶とは

カフェインレスとは、カフェインが含まれますが、従来の製品よりも少ない量しか含まれていないお茶を指します。ヨーロッパの基準では、カフェイン含有量が0.1%以下の飲み物について、カフェインレス紅茶と呼ぶように定義づけされています。

デカフェ紅茶とは

デカフェとは、特殊な製法を用いて、原料からカフェインを可能な限り取り除いたお茶を指します。100%カフェインを取り除くことは不可能であるため、含有量的にはカフェインレスとほぼ同等になります。

カフェインの除去方法によって味や風味が変わる

カフェインを除去したデカフェ紅茶は、健康に配慮されていて人気の紅茶です。しかし、カフェインは紅茶を美味しく飲むために欠かせない成分の一つでもあるため、除去すると必然的に、本来の紅茶よりも味や風味が落ちます。

材料となる茶葉からカフェインを取り除く方法は現在、主に三種類存在します。

有機薬剤抽出法

化学物質を利用して反応を起こし、カフェインを抜き取る方法です。安価な薬剤を使用するため世界中で多く行われていますが、カフェインと一緒に別の成分まで抽出してしまい、味や香りの質が落ちやすいです。化学物質の完璧な除去も難しく、茶葉に成分が残ってしまう危険もあり、日本では輸入・製造販売が許可されていません。

水抽出法

一度、原料を水に浸けて成分を取り出し、その成分の中からカフェインだけを取り除いて、再び成分を戻すという方法です。コーヒーで主に用いられる方法でもあります。

超臨界二酸化炭素抽出法

物質に真空状態で一定の温度と圧力をかけることで、気体・液体両方の性質を持つ超臨界流体という成分に変化します。この現象を利用して、原料からカフェインだけを抽出する方法です。抽出した後は気温と圧力を正常に戻すだけでデカフェが完了します。

危険な薬品の使用や、他の成分まで抽出してしまう心配がないため、現在では最も安全で、味や風味を損なわない製法として活躍しています。製法に時間と手間がかかるため、コストは高い傾向にあります。

カフェインレスで紅茶の安全や美味しさにこだわりたい場合には、超臨界二酸化炭素抽出法で製造された紅茶を選ぶのがおすすめです。

販売されている紅茶の表記に注意

近年では、ノンカフェイン飲料の人気に便乗して、ノンカフェイン紅茶と呼ばれる商品も販売されています。

しかし、紅茶製品の中でノンカフェインと記載された製品は定義が曖昧になっていることが多く、注意が必要です。

紅茶の原料となる茶葉には必ずカフェインが含まれていて、成分を抽出したとしても完全にゼロにすることはできません。そのため、原則として紅茶にノンカフェインは「ありえない」と考えておいた方が良いです。完全にカフェインが含まれていないお茶は、一部のハーブティーなど、茶葉が使用されていないものだけで、それは紅茶とは別物です。

実際、「ノンカフェイン」として売られている紅茶のパッケージをよく見ると、すぐ後ろに(カフェインレス)(デカフェ)といった補足の文章が書かれている場合がほとんどです。こういった商品には、少なからずカフェインが含まれているため、完全にカフェインを摂取したくないという人は、注意して購入する必要があります。

また、既定の定義以上にカフェインが含有している場合でも、カフェインレスとして販売しているケースもあるので、心配な人はより信頼のおけるブランドの紅茶の中から選ぶほうが賢明です。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の茶葉
    日本でもだいぶ身近になってきたルイボスティー。あちこちで売っているのを見かけます。でも、実際はどんな…
  2. 紅茶の入れ方
    ロンドンで高級百貨店と言えばやはり有名なハロッズですよね。ロンドンにはいくつか百貨店があります。ロン…
  3. 紅茶の入れ方
    夏に飲みたい水出し紅茶は、炭酸を使ったスパークリングティーもおすすめです。これは、普通に水出し紅…

紅茶の最新記事

PAGE TOP