紅茶の入れ方

初心者でも分かる紅茶の茶葉の等級の種類・製造工程

茶葉の等級(グレード)とは、何を指しているのか知っていますか?決して品質の良し悪しではなく、茶葉の形・大きさのコトを等級と言い、一般的にはOP・BOPなどの表現がされていますね。

紅茶とは基本的に、1芯2葉の思想的な紅茶を作り出す摘み方を用いながら製造工程に入り、異なるサイズのアミを組み合わせたふるい機にて等級分けをしていきます。そしてグレード区分された茶葉を、商品名と一緒に表記することによって、紅茶の入れ方やお好みの味わい・香りが楽しめるようになります。今回はもう少し詳しく、等級について説明していきますね。

茶葉の等級表記名の種類

茶葉の種類をみていきましょう。
オレンジペコ→OP(Orange Pekoe)

茶葉の中で一番大きいサイズで、細くよじれた長い形状の茶葉を「OP」と表現されています。だいたい7~11mmほどの長さで、蒸らし時間を長めにすると、より美味しくいただけますよ。
ペコー→PEKO

茶葉のサイズは3~5mmほどで、香りやコクとトータルバランスのとれた紅茶に適しています。
ブロークンオレンジペコー→BOP
2~3mm程度のサイズで、セイロン島で作られたセイロンティーに使われることが多く、紅茶の風味やコクを味わうのに最適な等級サイズです。
ブロークンオレンジペコーファニングズ→BOPF
1~2mm程度の細かいサイズは、ティーバッグで飲んでも味わい深く、濃い紅茶にピッタリですよ。
ダスト→D
粉末状で0.5~1mmほどの、香りやコクをしっかりと味わえる「ダスト」サイズです。主にティーバッグに加工して、使われることが多いですね。
シーティーシーCTC
CTCとは「CRUSH→つぶす」「TEAR→引き裂く」「CURL→丸める」の頭文字からCTC製法と名づけられました。製法によって葉を細かくし、濃い色合いの味わい深い紅茶が楽しめます。ティーバッグやミルクティーに使われることが多い、アッサムに用いられていますよ。

お茶というのは発酵の違いによって、色に変化をもたらします。例えば紅茶は赤色・ウーロン茶は黄色・緑茶は緑色と、時間によっても変わってきます。

茶葉の製造工程

茶葉の製造工程には様々な段階があります。

伝統的製法のオーソドックス製法
オーソドックス製法をみていきましょう。

①茶摘み(適採てきさい)

新芽と柔らかい若葉2枚を、傷つけないよう手で摘み取っていきます。これを一芯二葉と言い、工場へと運ばれます。

②萎凋(いちょう)

次の工程前に生葉をしおらせて柔かくし、風を当てて水分を飛ばして成分変化がおき、花の香りが加わります。

③揉捻(じゅうねん)

茶葉を機械の圧力によって揉むことで、茶の形状を整えながら細胞を破壊して酸化発酵を促します。

④玉解き(たまどき)

③の工程で塊になった茶葉を、ふるいにかけて解していきます。すると次の作業は均一に、まんべんなく発酵されて進めることができますね。

⑤発酵(はっこう)

温度・湿度と管理して整えられた発酵室で、酸化発酵を促進していきます。そうすることによって、香りやコクが更に強まり、茶葉に変化をもたらしてくれますよ。

⑥乾かす(かわかす)

熱風をあてると、酸化酵素を止めてくれます。そうすることによって茶葉が乾燥して葉が濃くなり、紅茶風味が固定され、美味しい荒茶に仕上がります。

⑦仕上げ

荒茶をふるいにかけて、サイズ・形状・色を統一させて、茶葉が市場へと出ていくというのが一通りの流れですね。

茶葉に関する話題

地球上にある全てのモノが、自然からの恵みによって、さまざまな商品へと生まれ変わります。一枚の葉を育てるには大変な労働力が加わり、さらに製造工程を経て市場へ出ていき、販売されていきますよね。しかし消費者には、それらの過程まで伝わらない現状がほとんどです。もし何か不満に思ったり疑問に思うことがあったら、その時は自然という存在に寄り添ってみてください。何かヒントを、与えてくれるかもしれませんよ。私たちがこれからも生きていけるとしたら、それは自然が生きている証だということを忘れないでくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶ビスケット
    本格派の美味しいアイスティーはこれからが旬!寒い冬も徐々に去って行き、桜が咲いてる今日この頃、段…
  2. 紅茶の入れ方
    茶葉の等級(グレード)とは、何を指しているのか知っていますか?決して品質の良し悪しではなく、茶葉の形…
  3. ティーカップ
    紅茶とアンズのアーモンドクリーム入りの紅茶タルトの作り方タルト生地に紅茶の茶葉を加えた、大人向き…

紅茶の最新記事

PAGE TOP